WildFlyのデフォルトポートを変更する

1.概要

このクイックチュートリアルでは、WildFlyのデフォルトポートを変更する方法を見ていきます。通常、このポートは8080です。

もちろん、http://wildfly.org/[WildFly]はJBossコミュニティによって維持されている人気のあるオープンソースのアプリケーションサーバーです。

2.設定XMLを使う

スタンドアロンモードでは、デフォルトのポートを変更するために設定XMLファイルを更新することができます。

WildFlyインストールホームディレクトリの standalone.xml は、 standalone/configuration フォルダにあります。このファイルを任意のテキストエディタで開き、次の行でデフォルトのポート8080を任意のポートに置き換えることができます。

<socket-binding name="http" port="${jboss.http.port:8080}"/>

XMLを調整してデフォルトのポートを変更する別の方法があります。同じ standalone.xml で、ポートのオフセット値を設定できます。

<socket-binding-group name="standard-sockets" default-interface="public" port-offset="${jboss.socket.binding.port-offset:0}">

デフォルト値は0で、HTTPポートは8080になります。オフセット値を10に変更すると、HTTPポートは8090(8080 10)になります。

ただし、オフセットは他のポートにも影響することに注意してください。

たとえば、httpsポートは8453(8443 + 10)に変更されます。

3.システムプロパティを使う

デフォルトのWildFlyポートは、サーバーの起動中にシステムプロパティ __jboss.http.port - __を設定することで変更できます。

  • Windowsの場合:**

standalone.bat -Djboss.http.port=<Desired__Port__Number>
  • Unix/Linuxの場合:**

standalone.sh -Djboss.http.port=<Desired__Port__Number>

4.まとめ

このクイック記事では、WildFlyのデフォルトポートを簡単に変更する方法を見つけました。

あなたは私たちのhttps://www.baeldung.com/java-servers[以前の記事]でJava開発のために利用可能なさまざまな人気のあるサーバーを探索することができます。

前の投稿:Spring Data MongoDBトランザクション
次の投稿:Kotlinの遅延初期化