Eclipse IDEでSOAPメッセージをトレースする方法

SOAP Webサービスでは、各HTTPリクエストまたはレスポンスがSOAPエンベロープをカプセル化します。これらのメッセージはEclipse IDEを使用してトレースすることが簡単です。ビルドイン「 TCP/IP monitor 」ツール。このアイデアは、HTTPトラフィックを傍受するポート転送機能を実行するために、クライアントとサーバーの間に別のサーバーをホストしています。

1.通常のSOAPエンベロープフロー

通常のSOAPサービスでは、クライアントはHTTPリクエストをサーバに送信し、サーバはHTTPレスポンスを直接クライアントに返します。

1. Client ----> SOAP envelope ----> Server:9999

2. Server:9999 ----> SOAP envelope ---> Client

2.インターセプトされたSOAPエンベロープフロー

SOAPエンベロープをインターセプトするには、クライアントとサーバーの間に別のサーバー(「TcpMonitorServer」)をホストすることができます。新しいフローを参照してください。

1. Client ----> SOAP envelope ----> TcpMonitorServer:8888

2. TcpMonitorServer:8888 --> SOAP envelope ---> Server:9999

3. Server:9999 ----> SOAP envelope ---> TcpMonitorServer:8888

4. TcpMonitorServer:8888 ----> SOAP envelope ---> Client

Eclipse IDE TCP/IPモニター

Eclipse IDEには、「 TCP/IP Monitor 」と呼ばれる使いやすいトラフィックインターセプタツールが付属しています。このチュートリアルでは、Eclipse IDEでこの「TCP/IPモニタ」を有効にする方法と、Webサービスによって生成されたSOAPメッセージを傍受する方法について説明します。

ここでは、Eclispe IDEで「TCP/IP Monitor」を有効にする手順を示します。

{空} 1。 IDEでは、 Windows - > Preferences - > Run/Debug - > TCP/IP Monitor にアクセスします。

eclipse-trace-soap-example1、title = "eclipse-trace-soap-example1"、width = 640、height = 455

{空} 2。サーバー情報を入力し、type = " TCP/IP "を選択します

eclipse-trace-soap-example2、title = "eclipse-trace-soap-example2"、width = 627、height = 480

{空} 3。 「開始」ボタンをクリックして、Webサービストラフィックのトレースを開始します。

eclipse-trace-soap-example3、title = "eclipse-trace-soap-example3"、width = 627、height = 480

{空} 4。トレースされたメッセージを「TCP/IP Monitor」ビューに表示します。

例:eclipse-trace-soap-example4、width = 639、height = 400]

  • 注意** このリンクは//webservices/jax-ws/jax-ws-hello-world-example/[JAX-WS Webサービスの例]をコピーして、自分でテストしてください。

  • Netbeanユーザーの場合** Netbean IDEでは、https://tcpmon.dev.java.net/[TCPモニター]を使用してSOAPメッセージをトレースできます。

Related