Eclipseでプロキシ設定を行う方法

しばしば、プラグインのインストールと更新のためにEclipse IDEがインターネットにアクセスする必要があります。あなたのコンピュータがプロキシサーバの背後にある場合、ほとんどの企業は、Eclipseは掛かり続け、処理に非常に時間がかかり、最後に失敗します。 Eclipseを通過するためには、プロキシ設定をEclipseで設定する必要があります。

Eclipseでプロキシ設定を行う方法

1)Eclipse IDEで、 "Window - > Preferences"を選択します。

{空} 2)設定ダイアログボックスが表示されたら、「ネットワーク接続」を選択します。

3)アクションプロバイダのドロップダウンリストから "Manual"を選択します

How-to-configure-proxy-settings-in-Eclipse-1、title = 「プロキシ設定 -  Eclipse-1の設定方法」

{空} 4)リストでHttpを選択し、 "編集"ボタンをクリックします

{空} 5)プロキシサーバーのホストとポート番号を入力します(ユーザー名とパスワードがあれば入力します)

How-to-configure-Proxy-Settings-in-Eclipse-2、title = 「プロキシ設定 -  Eclipse-2の設定方法」

{空} 6)OK、完了。

今、Eclipseはインターネットに接続し、プロキシサーバーを通過できます。