jConsole - Tomcat上のJMXリモートアクセス

jconsole-example、width = 511、height = 480

このチュートリアルでは、jConsoleを使用してJVM監視用のTomcatインスタンスにリモートアクセスする方法を説明します。

使用されるツールと環境:

  1. Ubuntu 13 Tomcat 7 192.168.1.142

  2. Windows 8 jConsole 192.168.1.200

1. Tomcat JMX

jConsoleに接続するには、JMXオプションを有効にする必要があります。これを解決するには、 {tomcat-folder} \ bin \ setenv.sh (存在しない場合)を作成し、次の値を入力します。

-Dcom.sun.management.jmxremote
-Dcom.sun.management.jmxremote.port={port to access}
-Dcom.sun.management.jmxremote.authenticate=false
-Dcom.sun.management.jmxremote.ssl=false
-Djava.rmi.server.hostname={optional, allow what ip to access this Tomcat}

例えば、

\ {tomcat-folder} \ bin \ setenv.sh

export JAVA__OPTS="-Dcom.sun.management.jmxremote -Dcom.sun.management.jmxremote.port=9999 -Dcom.sun.management.jmxremote.authenticate=false -Dcom.sun.management.jmxremote.ssl=false"

Tomcatを再起動します。これで、jConsole経由でこのTomcatにポート9999で接続できます。

2. jConsoleの例

2.1 jConsoleを起動します。

c:\>jconsole

2.2「リモートプロセス」を選択し、接続するTomcatのIPとポートを入力します。

192.169.1.142:9999。

jconsole-tomcat-jmx-example、width = 578、height = 620

2.3「安全でない接続」ボタンをクリックします。接続に成功すると、Tomcatの詳細が表示されます。

jconsole-tomcat-jmx-memory、width = 545、height = 620

前の投稿:Java SHAハッシングの例
次の投稿:SpringデータMongoDB:クエリ文書