Tomcat HTTPポートを80に変更

1概要

デフォルトでは、Apache Tomcatはポート 8080 で動作します。場合によっては、このポートはすでに別のプロセスによって使用されているか、または要件によって、別のポートを使用する必要があることが示されることがあります。

この簡単な記事では、Apache TomcatサーバーのHTTPポートを変更する方法を説明します。この例ではポート 80 を使用しますが、プロセスはどのポートでも同じです。

2 Apache Tomcatの設定

このプロセスの最初のステップは、Apache Tomcat構成を変更することです。

まず、サーバーの <TOMCAT HOME>/conf/server.xml__ファイルを見つけます。次に、HTTPコネクタポートを設定する行を見つけます。

<Connector connectionTimeout="20000" port="8080" protocol="HTTP/1.1" redirectPort="8443"/>

そして、ポートを 80 に変更します。

<Connector connectionTimeout="20000" port="80" protocol="HTTP/1.1" redirectPort="8443"/>

** 3 LinuxおよびUnixシステムの変更点

LinuxおよびUnixシステムでは、 1024 以下の ポート番号はhttps://www.w3.org/Daemon/User/Installation/PrivilegedPorts.html[特権ポート]であり、 root として実行されているプログラム用に予約されています。ポート 1024 以上で実行している場合は、このセクションの残りの部分をスキップして、セクション4で説明しているように直接サーバーの起動/再起動に進むことができます。

  • root または sudo アクセス** がある場合は、次のコマンドを使ってrootとしてTomcatプロセスを起動するだけです。

sudo startup.sh
  • しかし、私たちが root sudo アクセス** を持っていない場合は、下記のように authbind をインストールして設定する必要があります。

  • 注:特権のないポート( 1024 以上)を使用する場合は、このセクションの残りの部分を飛ばして直接サーバーの起動/再起動に進むことができます。

3.1. authbind パッケージをインストール

  • Linuxベースのシステムの場合:** authbind パッケージをダウンロードしてインストールします。

sudo apt-get install authbind
  • MacOSシステムの場合:** まず、MacOS用の authbind をhttps://github.com/Castaglia/MacOSX-authbind[here]からダウンロードし、パッケージを展開します。次に、展開したディレクトリに移動してビルドしてインストールします。

$ cd MacOSX-authbind
$ make
$ sudo make install

3.2. Apache Tomcat authbind を有効にする

次の行をコメント解除して <TOMCAT HOME>/conf/server.xml__ファイルを開きます。

AUTHBIND=yes

3.3. ポート の読み取りと実行を有効にする

それでは、ポートに対する読み取り権限と実行権限を有効にするためにいくつかのコマンドを実行する必要があります。

これがTomcatバージョン8.xを使った例です。

sudo touch <AUTHBIND__HOME>/byport/80
sudo chmod 500 <AUTHBIND__HOME>/byport/80
sudo chown tomcat8 <AUTHBIND__HOME>/byport/80

注:Tomcatバージョン6または7を使用している場合は、最後のコマンドで tomcat8 の代わりにそれぞれ tomcat6 または tomcat7 を使用します。

3.4. 古いバージョンの authbind を使用する

IPv6をサポートしていない古い authbind (https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=596921[バージョン2.0.0以下])を使用している場合は、IPv4をIPv4にする必要があります。デフォルト。

  • すでに <TOMCAT HOME>/bin/setenv.sh__ファイルがある場合は、次のように置き換えます。**

exec“ $ PRGDIR”/“ $ EXECUTABLE”“ [email protected ]”を起動します。

  • この行で**

exec authbind --deep "$PRGDIR"/"$EXECUTABLE" start "[email protected]"
  • その後、次の行を追加します。**

export CATALINA__OPTS="$CATALINA__OPTS -Djava.net.preferIPv4Stack=true"
  • <TOMCAT HOME>/bin/setenv.sh__ファイルがまだない場合は、次のコマンドを使用して作成します。**

exec authbind --deep "$PRGDIR"/"$EXECUTABLE" start "[email protected]"
export CATALINA__OPTS="$CATALINA__OPTS -Djava.net.preferIPv4Stack=true"

4サーバーを再起動

設定に必要な変更を加えたら、Tomcatサーバーを起動または再起動してポート 80 でアクセスできます。

5結論

この記事では、Apache Tomcatのポートをデフォルトの 8080 からポート 80 に変更する方法を説明しました。プロセスがTomcatのバージョンhttps://tomcat.apache.org/tomcat-6.0-doc/config/http.html[6.x]、https://tomcat.apache.org/tomcatで同じであることは注目に値する-7.0-doc/config/http.html[7.x]、およびhttps://tomcat.apache.org/tomcat-7.0-doc/config/http.html[8.x]。

前の投稿:Mockitoベリファイクックブック
次の投稿:Java 9モジュール性の手引き