Struts 2 Hello Worldの例

この例では、Struts 2でhello worldの例を作成する方法を示します。

次のライブラリまたはツールが使用されます。

1.最終プロジェクトの構成

このチュートリアルの最終的なプロジェクト構造を見直しましょう。後の手順で迷う場合があります。

struts2フォルダー構造体、title = "struts2-hello-world-example1"、width = 543、height = 456

2. Struts2の依存関係

Mavenを使用して、Struts2の依存関係全体をダウンロードしてください。 pom.xml`に struts2-core` "を追加してください。

File:pom.xml

<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0"
        xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0
        http://maven.apache.org/maven-v4__0__0.xsd">
    <modelVersion>4.0.0</modelVersion>
    <groupId>com.mkyong.common</groupId>
    <artifactId>Struts2Example</artifactId>
    <packaging>war</packaging>
    <version>com.mkyong.common</version>
    <name>Struts2Example Maven Webapp</name>
    <url>http://maven.apache.org</url>
    <dependencies>
        <dependency>
            <groupId>junit</groupId>
            <artifactId>junit</artifactId>
            <version>3.8.1</version>
            <scope>test</scope>
        </dependency>
        <dependency>
            <groupId>org.apache.struts</groupId>
            <artifactId>struts2-core</artifactId>
            <version>2.3.1.2</version>
        </dependency>
    </dependencies>
    <build>
        <finalName>Struts2Example</finalName>
        <plugins>
            <plugin>
                <artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId>
                <version>2.3.2</version>
                <configuration>
                    <source>1.6</source>
                    <target>1.6</target>
                </configuration>
            </plugin>
        </plugins>
    </build>
</project>

3. Eclipseプロジェクトに変換する

コマンドプロンプトでEclipse Webプロジェクトにコンパイルして変換:

mvn eclipse:eclipse -Dwtpversion=2.0

Eclipseの.classpathファイルを確認すると、次のStruts2の依存関係がダウンロードされます。

File:.classpath

<classpath>
  <classpathentry kind="src" path="src/main/java" including="** ** /** .java"/>
  <classpathentry kind="src" path="src/main/resources" excluding="** ** /** .java"/>
  <classpathentry kind="output" path="target/classes"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/asm/asm/3.3/asm-3.3.jar"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/asm/asm-commons/3.3/asm-commons-3.3.jar"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/asm/asm-tree/3.3/asm-tree-3.3.jar"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/commons-fileupload/commons-fileupload/1.2.2/commons-fileupload-1.2.2.jar"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/commons-io/commons-io/2.0.1/commons-io-2.0.1.jar"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/commons-lang/commons-lang/2.5/commons-lang-2.5.jar"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/org/freemarker/freemarker/2.3.18/freemarker-2.3.18.jar"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/javassist/javassist/3.11.0.GA/javassist-3.11.0.GA.jar"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/junit/junit/3.8.1/junit-3.8.1.jar"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/ognl/ognl/3.0.4/ognl-3.0.4.jar"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/org/apache/struts/struts2-core/2.3.1.2/struts2-core-2.3.1.2.jar"/>
  <classpathentry kind="lib" path="C:/Program Files/Java/jdk1.6.0__13/lib/tools.jar"/>
  <classpathentry kind="var" path="M2__REPO/org/apache/struts/xwork/xwork-core/2.3.1.2/xwork-core-2.3.1.2.jar"/>
  <classpathentry kind="con" path="org.eclipse.jdt.launching.JRE__CONTAINER"/>
</classpath>

4. JSPビューのページ

Struts 2タグを使用してユーザー名とパスワードの入力フィールドと送信ボタンを表示するJSPログインページ。

Fie:login.jsp

<%@ page contentType="text/html; charset=UTF-8"%>
<%@ taglib prefix="s" uri="/struts-tags"%>
<html>
<head></head>
<body>
    <h1>Struts 2 Hello World Example</h1>

    <s:form action="Welcome">
        <s:textfield name="username" label="Username"/>
        <s:password name="password" label="Password"/>
        <s:submit/>
    </s:form>

</body>
</html>

File:welcome user.jsp__ - ユーザーへのウェルカム・メッセージを表示するJSPビュー・ページ。

<%@ page contentType="text/html; charset=UTF-8"%>
<%@ taglib prefix="s" uri="/struts-tags"%>
<html>
<head></head>
<body>
    <h1>Struts 2 Hello World Example</h1>

    <h2>
        Hello
        <s:property value="username"/>
    </h2>

</body>
</html>

Struts 1とStruts 2の両方には、非常に似たUIタグ構文があります。たとえば、HTML要素に名前を付けるという点で少し異なります。

  • Struts 1 **

<%@taglib uri="http://struts.apache.org/tags-html" prefix="html"%>
<html:form action="Welcome">
   <html:text property="username"/>
</html:form>
  • Struts 2 **

<%@ taglib prefix="s" uri="/struts-tags" %>
<s:form action="Welcome">
    <s:textfield name="username" label="Username"/>
</s:form>

5.アクション、ここにすべてのビジネスロジックを置く

単純なStruts2 Actionクラスは、内部のすべてのビジネスロジックを宣言するために使用されます。

File:WelcomeUserAction.java

package com.mkyong.user.action;

public class WelcomeUserAction{

    private String username;

    public String getUsername() {
        return username;
    }

    public void setUsername(String username) {
        this.username = username;
    }

   //all struts logic here
    public String execute() {

        return "SUCCESS";

    }
}

Struts2では、Actionクラスはインターフェイスを実装したりクラスを拡張したりする必要はありませんが、すべてのビジネスロジックを内部に配置し、リダイレクト先をユーザーに通知するために `execute()`メソッドを作成する必要があります。

  • 注意** com.opensymphony.xwork2.Action`クラスを実装しているユーザもいるかもしれませんが、 com.opensymphony.xwork2.Action`は便利な定数値を提供するだけなので、完全にオプションです。

  • 注意** Struts1のActionクラスは、 org.apache.struts.action.Action`を拡張する必要があります。しかし、Struts 2 Actionクラスはオプションですが、いくつかの便利な定数に対しては `com.opensymphony.xwork2.Action`を実装することができます。また、いくつかの共通のデフォルトAction実装関数のために com.opensymphony.xwork2.ActionSupport`を拡張しています。

5. Struts設定ファイル

すべてのものをリンクするためのStrut設定ファイル。 xmlファイル名は "struts.xml" でなければなりません。

ファイル:struts.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE struts PUBLIC
"-//Apache Software Foundation//DTD Struts Configuration 2.0//EN"
"http://struts.apache.org/dtds/struts-2.0.dtd">

<struts>

    <package name="user" namespace="/User" extends="struts-default">
        <action name="Login">
            <result>pages/login.jsp</result>
        </action>
        <action name="Welcome" class="com.mkyong.user.action.WelcomeUserAction">
            <result name="SUCCESS">pages/welcome__user.jsp</result>
        </action>
    </package>

</struts>

パッケージを宣言し、アクションクラスを内側にワープします。アクションクラスは自明ですが、次の新しいタグに興味があります:

  • 1。 package name = "user" ** パッケージ名だけですが、本当に気にしないでください。

  • 2。 namespace = "/User" ** "/User" URLパターンに一致するために使用されます。 Link://struts2/struts-2-namespace-configuration-example-and-explanation/[Struts 2名前空間の例と解説]を参照してください。

  • Note ** 実際には、Struts2ネームスペースは Struts 1 multiple modules に相当します。

  • 3。 struts-default.xml ファイルで宣言されているstruts-defaultパッケージコンポーネントとインターセプタをパッケージが拡張していることを意味します struts2-core.jarのルートにあります ファイル。

6. web.xml

Webアプリケーションデプロイメント記述子(web.xml)ファイルを設定して、WebプロジェクトにStruts2を統合します。

File web.xml

<!DOCTYPE web-app PUBLIC
 "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
 "http://java.sun.com/dtd/web-app__2__3.dtd" >

<web-app>
    <display-name>Struts 2 Web Application</display-name>

    <filter>
        <filter-name>struts2</filter-name>
        <filter-class>
                org.apache.struts2.dispatcher.ng.filter.StrutsPrepareAndExecuteFilter
                </filter-class>
    </filter>

    <filter-mapping>
        <filter-name>struts2</filter-name>
        <url-pattern>/** </url-pattern>
    </filter-mapping>

</web-app>

7.それを実行する

Struts2では、 actionクラスの接尾辞.action に直接アクセスできます。

struts2 hello world example1、title = "struts2-hello-world-example2"、width = 572、height = 294

struts2 hello world example2、title = "struts2-hello-world-example3"、width = 572、height = 294

ダウンロードする

ダウンロードする - Struts2-Hello-World-Example.zip (7 KB)