Struts 2のアクション接尾辞拡張を削除する方法

ダウンロードする - リンク://wp-content/uploads/2010/06/Struts2-Custom-Extension-Example.zip[Struts2-Custom-Extension-Example.zip]

Struts 2では、すべてのアクションクラスにデフォルトの 接尾辞.action拡張子 が付きます。

例えば、

<struts>
  <package name="default" namespace="/" extends="struts-default">
    <action name="SayStruts2">
        <result>pages/printStruts2.jsp</result>
    </action>
  </package>
</struts>

「SayStruts2」アクションクラスにアクセスするには、次のURLを使用します。

Action URL : http://localhost:8080/Struts2Example/SayStruts2.action

アクション拡張を設定する

Struts 2では、アクション拡張を簡単に構成することができます。変更するには、定数 " struts.action.extension "の値を宣言するだけです。

1. htmlの拡張子

アクションクラスを.html拡張子に変更します。

<struts>

  <constant name="struts.action.extension" value="html"/>

  <package name="default" namespace="/" extends="struts-default">
    <action name="SayStruts2">
        <result>pages/printStruts2.jsp</result>
    </action>
  </package>

</struts>

これで、 "SayStruts2"アクションクラスにアクセスできます。

Action URL : http://localhost:8080/Struts2Example/SayStruts2.html

2.拡張子なし

アクションクラスを空の拡張に変更します。

<struts>

  <constant name="struts.action.extension" value=""/>

  <package name="default" namespace="/" extends="struts-default">
    <action name="SayStruts2">
        <result>pages/printStruts2.jsp</result>
    </action>
  </package>

</struts>

これで「SayStruts2」アクションクラスにアクセスできます

Action URL : http://localhost:8080/Struts2Example/SayStruts2