Maven Springのhello worldの例

この簡単なガイドの例では、Mavenを使用して簡単なJavaプロジェクト構造を生成し、Spring Beanを取得する方法を示し、 "hello world"文字列を出力します。

この記事で使用されているテクノロジ:

  1. Spring 2.5.6

  2. Maven 3.0.3

  3. Eclipse 3.6

  4. JDK 1.6.0.13

1. Mavenを使ってプロジェクト構造を生成する

コマンドプロンプトで、次のMavenコマンドを発行します。

mvn archetype:generate -DgroupId=com.mkyong.common -DartifactId=SpringExamples
    -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-quickstart -DinteractiveMode=false

MavenはあなたのためにすべてのJavaの標準フォルダ構造を生成します(リソースフォルダのほかに、手動で作成する必要があります)

2. Eclipseプロジェクトに変換する

新しく生成されたMavenスタイルのプロジェクトをEclipseのスタイルプロジェクトに変換するには、 " mvn eclipse:eclipse "とタイプします。

mvn eclipse:eclipse

その後、変換したプロジェクトをEclipse IDEにインポートします。

  • リソースフォルダを作成する +リソース " /src/main/resources ** "フォルダを作成すると、Springのbean xml設定ファイルが後でここに置かれます。 Mavenはこの "resources"フォルダの下のすべてのファイルをリソースファイルとして扱い、自動的に出力クラスにコピーします。

3.春の依存関係を追加する

Mavenの pom.xml ファイルにSpring依存関係を追加する。

File:pom.xml

<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0
    http://maven.apache.org/maven-v4__0__0.xsd">
    <modelVersion>4.0.0</modelVersion>
    <groupId>com.mkyong.common</groupId>
    <artifactId>SpringExamples</artifactId>
    <packaging>jar</packaging>
    <version>1.0-SNAPSHOT</version>
    <name>SpringExamples</name>
    <url>http://maven.apache.org</url>
    <dependencies>

        <!-- Spring framework -->
        <dependency>
            <groupId>org.springframework</groupId>
            <artifactId>spring</artifactId>
            <version>2.5.6</version>
        </dependency>

    </dependencies>
</project>

" mvn eclipse:eclipse "を発行すると、Mavenは自動的にSpring依存関係ライブラリをダウンロードしてMavenのローカルリポジトリに格納します。同時に、Mavenは依存関係のために、ダウンロードしたライブラリをEclipse " .classpath "に追加します。

4. Spring bean(Javaクラス)

「src/main/java/com/mkyong/common/HelloWorld.java」に通常のJavaクラス(HelloWorld.java)を作成します。 SpringのBeanは普通のJavaクラスであり、後でSpring Beanの設定ファイルで宣言します。

package com.mkyong.common;
/** **
 **  Spring bean
 **
 ** /public class HelloWorld {
    private String name;

    public void setName(String name) {
        this.name = name;
    }

    public void printHello() {
        System.out.println("Hello ! " + name);
    }
}

5. Spring Beanの設定ファイル

" src/main/resources/Spring-Module.xml "にxmlファイル(Spring-Module.xml)を作成します。これは、SpringのBean構成ファイルで、使用可能なすべてのSpring Beanを宣言します。

File:Spring-Module.xml

<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://www.springframework.org/schema/beans
    http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans-2.5.xsd">

    <bean id="helloBean" class="com.mkyong.common.HelloWorld">
        <property name="name" value="Mkyong"/>
    </bean>

</beans>

6.プロジェクトの構造を見直す

それを確認し、次のようにフォルダ構造を確認してください

spring hello world example、title = "spring-hello-world-example"、width = 454、height = 302

7.それを実行する

App.java`を実行すると、Spring Bean設定ファイル( Spring-Module.xml )がロードされ、 getBean() `メソッドを介してSpring Beanが取得されます。

File:App.java

package com.mkyong.common;

import org.springframework.context.ApplicationContext;
import org.springframework.context.support.ClassPathXmlApplicationContext;

public class App {
    public static void main(String[]args) {
        ApplicationContext context = new ClassPathXmlApplicationContext(
                "Spring-Module.xml");

        HelloWorld obj = (HelloWorld) context.getBean("helloBean");
        obj.printHello();
    }
}

8.出力

Hello ! Mkyong

ソースコードをダウンロードする

ダウンロードする - Spring-hello-world-example.zip (7KB)

hello world リンク://tag/maven/[maven] spring