NameCheapドメイン名とAmazon EC2

このチュートリアルでは、NameCheapドメイン名をAmazon EC2インスタンスに関連付ける方法を説明します。

IP。

  1. ルート53では、Amazon NS(ネームサーバ)のURLをコピーします.

    • NameCheapで**

  2. Amazon NS URLをNameCheap DNS設定に貼り付けます.

    • 要約** リクエスト⇐⇒ NameCheap ⇐⇒ Amazon NS ⇐⇒ルート53 ⇐⇒弾性IP ⇐⇒ EC2インスタンス。

    • 注意** このDNS変更は、伝播するまでに24時間かかることがあります。

1. AWS:EC2とElastic IP

1.1 Amazon EC2インスタンスの起動後、パブリックIPとパブリックDNSの両方が自動的に割り当てられます。

aws-ec2-example、width = 800、height = 454

  • 注意** このEC2インスタンスが "stop"と "start"の場合、パブリックIPとパブリックDNSの両方が変更されます。これは、エラスティックIPが "stop"と "start"であっても変更されないため、エラスティックIPを作成してEC2インスタンスを指す理由です。

1.2弾性IPを作成する:

  • 「Allocate New Address」ボタンをクリックすると、新しいエラスティックIPが表示されます

自動的に作成されます。

  • [Associate Address]ボタンをクリックし、EC2インスタンスを選択します。

aws-ec2-elastic-ip-create、width = 800、height = 421

終了すると、Elastic IPはEC2インスタンスに関連付けられます。

aws-ec2-elastic-ip-example、width = 800、height = 425

次に、DNS設定を構成します(Route 53)。

2. AWS:ルート53(DNS)

2.1サービス「ルート53」に移動し、ホストゾーンを作成すると、2つのレコードセット(NSとSOA)が自動的に作成されます。 「NS」タイプをクリックし、Amazon NSのURLをコピーし、後でこれらのURLをNameCheapに入れる必要があります。

aws-route53-example1、width = 800、height = 388

Amazon NSのURL

ns-396.awsdns-49.com.
ns-1143.awsdns-14.org.
ns-1676.awsdns-17.co.uk.
ns-879.awsdns-45.net.

2.2 2つの新しい "A"または "A - IPv4アドレス"レコード(ルートドメインとwww.domain)を作成し、それをElastic IPに向けます。

aws-route53-example2、width = 800、height = 389

3. NameCheap:DNS

3.1 AmazonネームサーバーのURLをコピーし、NameCheap DNS設定に入れます。

Amazon NSのURL

ns-396.awsdns-49.com.
ns-1143.awsdns-14.org.
ns-1676.awsdns-17.co.uk.
ns-879.awsdns-45.net.

3.2 NameCheapで、ドメイン名を選択し、 " DNSをWebhostに転送する"または " ドメインネームサーバセットアップ** "をクリックして、Amazon NSのURLをコピーして貼り付けます:

namecheap-aws-ec2-example、width = 882、height = 487

完了しました。

参考文献

Amazon Webサービス上のWebアプリケーション]。 http://serverfault.com/questions/202109/ip-changed-when-ec2-instance-stopped-and-started [ServerFault

: IP changed when EC2 instance stopped and started]

aws dns ec2 リンク://タグ/namecheap/[namecheap]