Reskink Flask – FlaskとRethinkDBを使用したシンプルなTodoリスト

Reskink Flask – FlaskとRethinkDBを使用したシンプルなTodoリスト

基本的なhttp://flask.pocoo.org/[Flask]およびhttp://www.rethinkdb.com/[RethinkDB]テンプレートに対する多くのリクエストの後、先に進んでブログ投稿を書くことにしました。 これがその投稿です。

_ ところで:私たちは常にリクエストを歓迎します。 あなたが私たちに何か書いてもらいたい、または作りたいものがあれば、私たちにメールを送ってください。 _

今日は、簡単なToDoリストを作成します。このリストは、自分のニーズに合わせて変更できます。 始める前に、http://www.rethinkdb.com/docs/rethinkdb-vs-mongodb/[この]記事を読むことを強くお勧めします。この記事では、RethinkDBが他のNoSQLデータベースとどのように異なるかについて詳しく説明しています。

RethinkDBをセットアップする

RethinkDBをインストールする

hereに移動し、システムに適切なパッケージをダウンロードします。 Homebrewを使用しました-+ $ brew install rethinkdb +-ビルドをダウンロードしてインストールするのに20分近くかかりました:

==> Installing rethinkdb
==> Downloading http://download.rethinkdb.com/dist/rethinkdb-     1.11.2.tgz
######################################################################## 100.0%
==> ./configure --prefix=/usr/local/Cellar/rethinkdb/1.11.2 --  fetch v8 --fetch protobuf
==> make
==> make install-osx
==> Caveats
To have launchd start rethinkdb at login:
  ln -sfv/usr/local/opt/rethinkdb/*.plist   ~/Library/LaunchAgents
Then to load rethinkdb now:
  launchctl load   ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.rethinkdb.plist
==> Summary
???? /usr/local/Cellar/rethinkdb/1.11.2: 174 files, 29M, built in   19.7 minutes

Pythonドライバーをグローバルにインストールする

$ sudo pip install rethinkdb

_ 注意: Rethinkをグローバル(virtualenvの外部)にインストールしたのは、おそらく同じバージョンを多くのプロジェクトで、多くの異なる言語で使用するからです。 このチュートリアルの後半で、virtualenv内にインストールします。 _

セットアップをテストする

まず、次のコマンドでサーバーを起動しましょう。

$ rethinkdb

すべてが正しくインストールされると、次のようなものが表示されます。

info: Creating directory/Users/michaelherman/rethinkdb_data
info: Creating a default database for your convenience. (This is because you ran 'rethinkdb' without 'create', 'serve', or '--join', and the directory '/Users/michaelherman/rethinkdb_data' did not already exist.)
info: Running rethinkdb 1.11.2 (CLANG 4.2 (clang-425.0.28))...
info: Running on Darwin 12.4.0 x86_64
info: Loading data from directory   /Users/michaelherman/rethinkdb_data
info: Listening for intracluster connections on port 29015
info: Listening for client driver connections on port 28015
info: Listening for administrative HTTP connections on port 8080
info: Listening on addresses: 127.0.0.1, ::1
info: To fully expose RethinkDB on the network, bind to all addresses
info: by running rethinkdb with the `--bind all` command line option.
info: Server ready

次に接続をテストします。 ターミナルで新しいウィンドウを開き、次のコマンドを入力します。

>>>

$ python
>>> import rethinkdb
>>> rethinkdb.connect('localhost', 28015).repl()

君は見るべきだ:

>>>

<rethinkdb.net.Connection object at 0x101122410>

Pythonシェルを終了しますが、他のターミナルウィンドウでRethinkDBサーバーを実行したままにします。

基本的なFlaskプロジェクトをセットアップする

プロジェクトを保存するディレクトリを作成します

$ mkdir flask-rethink
$ cd flask-rethink

設定してhttps://realpython.com/python-virtual-environments-a-primer/[virtualenvをアクティブ化]

$ virtualenv --no-site-packages env
$ source env/bin/activate

FlaskとFlask-WTFをインストールする

$ pip install flask
$ pip install flask-wtf

Pip要件ファイルを作成する

$ pip freeze > requirements.txt

Flaskボイラープレートをダウンロードする

thisリポジトリのテンプレートディレクトリにあります。 プロジェクト構造は次のようになります。

├── app
│   ├── __init__.py
│   ├── forms.py
│   ├── models.py
│   ├── templates
│   │   ├── base.html
│   │   └── index.html
│   └── views.py
├── readme.md
├── requirements.txt
└── run.py

アプリを実行する

$ python run.py

http://localhost:5000/に移動すると、次が表示されます。

Flask todo list appスクリーンショット、幅= 328、高さ= 216

最初にデータベースをセットアップする必要があるため、まだ何も送信しないでください。 RethinkDBを始めましょう。

RethinkDB構成

RethinkDBをインストールする

$ pip install rethinkdb

「views.py」に次のコードを追加します

# rethink imports
import rethinkdb as r
from rethinkdb.errors import RqlRuntimeError

# rethink config
RDB_HOST =  'localhost'
RDB_PORT = 28015
TODO_DB = 'todo'

# db setup; only run once
def dbSetup():
    connection = r.connect(host=RDB_HOST, port=RDB_PORT)
    try:
        r.db_create(TODO_DB).run(connection)
        r.db(TODO_DB).table_create('todos').run(connection)
        print 'Database setup completed'
    except RqlRuntimeError:
        print 'Database already exists.'
    finally:
        connection.close()
dbSetup()

# open connection before each request
@app.before_request
def before_request():
    try:
        g.rdb_conn = r.connect(host=RDB_HOST, port=RDB_PORT, db=TODO_DB)
    except RqlDriverError:
        abort(503, "Database connection could be established.")

# close the connection after each request
@app.teardown_request
def teardown_request(exception):
    try:
        g.rdb_conn.close()
    except AttributeError:
        pass

各機能の機能の簡単な説明については、コメントを確認してください。

サーバーを再起動します

端末に次のアラートが表示されるはずです。

Database setup completed

_ このエラーが表示された場合は、「+ rethinkdb.errors.RqlDriverError:localhost:28015. + `に接続できませんでした」RethinkDBサーバーが実行されていません。 新しいターミナルウィンドウを開き、 `+ $ rethinkdb +`を実行します。 _

そこで、「todo」という名前のテーブルを持つ「todo」という名前の新しいデータベースを作成しました。

これはRethinkDB Adminで確認できます。 http://localhost:8080/に移動します。 管理者がロードする必要があります。 [テーブル]をクリックすると、作成したデータベースとテーブルが表示されます。

RethinkDB管理パネルのスクリーンショット、width = 973、height = 501

Todoを表示する

データベースのセットアップで、todoを表示するコードを追加しましょう。 「views.py」の `+ index()+`関数を更新します。

@app.route("/")
def index():
    form = TaskForm()
    selection = list(r.table('todos').run(g.rdb_conn))
    return render_template('index.html', form=form, tasks=selection)

ここでは、「todos」テーブルを選択し、JSON形式のすべてのデータを取得して、テーブル全体をテンプレートに渡します。

データを手動で追加する

Todoを表示する前に、最初にTodoを追加する必要があります。 シェルを調べて、手動で追加してみましょう。

>>>

$ python
>>> import rethinkdb
>>> conn = rethinkdb.connect(db='todo')
>>> rethinkdb.table('todos').insert({'name':'sail to the moon'}).run(conn)
{u'errors': 0, u'deleted': 0, u'generated_keys': [u'c5562325-c5a1-4a78-8232-c0de4f500aff'], u'unchanged': 0, u'skipped': 0, u'replaced': 0, u'inserted': 1}
>>> rethinkdb.table('todos').insert({'name':'jump in the ocean'}).run(conn)
{u'errors': 0, u'deleted': 0, u'generated_keys': [u'0a3e3658-4513-48cb-bc68-5af247269ee4'], u'unchanged': 0, u'skipped': 0, u'replaced': 0, u'inserted': 1}
>>> rethinkdb.table('todos').insert({'name':'think of another todo'}).run(conn)
{u'errors': 0, u'deleted': 0, u'generated_keys': [u'b154a036-3c3b-47f4-89ec-cb9f4eff5f5a'], u'unchanged': 0, u'skipped': 0, u'replaced': 0, u'inserted': 1}
>>>

そこで、データベースに接続し、データベース内のテーブルに3つの新しいオブジェクトを入力しました。 _詳細については、API docsを確認してください。

サーバーを起動します。 次の3つのタスクが表示されます。

Flask todo list appタスクリストdemo、width = 299、height = 270

フォームを完成させる

`+ index()+`関数を再度更新して、フォームからデータを取得し、データベースに追加します:

@app.route('/', methods = ['GET', 'POST'])
def index():
    form = TaskForm()
      if form.validate_on_submit():
          r.table('todos').insert({"name":form.label.data}).run(g.rdb_conn)
          return redirect(url_for('index'))
      selection = list(r.table('todos').run(g.rdb_conn))
      return render_template('index.html', form = form, tasks = selection)

これをテストしてください。 いくつかの仕事を追加します。 夢中になる。

結論と課題

現在のアプリは機能していますが、できることは他にもたくさんあります。 このアプリを次のレベルに進めてください。

ここにいくつかのアイデアがあります:

  1. ユーザーログインを追加します。

  2. より堅牢なフォームを作成します。各フォームに期日を追加し、DOMにレンダリングする前にその日付でToDoを並べ替えることができます。

  3. 機能的およびhttps://realpython.com/python-testing/[ユニットテスト]を追加します。

  4. 各タスクのサブタスクを作成する機能を追加します。

  5. APIリファレンスhttp://www.rethinkdb.com/api/python/[docs]をお読みください。 さまざまな方法で遊んでください。

  6. アプリをモジュール化します。

  7. コードをリファクタリングします。 RethinkDBに新しいコードを見せてください。

他に何を見たいですか? パート2をご覧になりたいですか? MongoDBと比較してRethinkDBが好きですか? 以下にあなたの考えを共有してください。

repoからすべてのコードを取得できます。 乾杯!