Java MongoDB:画像の保存例

このチュートリアルでは、 GridFS API を使用して画像** ファイルをMongoDBに保存する方法を示します。 GridFS APIは、ビデオや音楽ファイルなどの他のバイナリファイルも提供できます。

1.画像を保存する

コードスニペットを使用して、画像ファイルをMongoDBに保存し、「写真」名前空間で保存し、保存した画像に新しい「ファイル名」を割り当てます。

    String newFileName = "mkyong-java-image";
    File imageFile = new File("c:\\JavaWebHosting.png");
    GridFS gfsPhoto = new GridFS(db, "photo");
    GridFSInputFile gfsFile = gfsPhoto.createFile(imageFile);
    gfsFile.setFilename(newFileName);
    gfsFile.save();

2.画像を取得する

コードスニペットを使用して、保存したイメージを「ファイル名」で取得します。

    String newFileName = "mkyong-java-image";
    GridFS gfsPhoto = new GridFS(db, "photo");
    GridFSDBFile imageForOutput = gfsPhoto.findOne(newFileName);
    System.out.println(imageForOutput);

出力すると、画像はJSON形式で保存されます。

{
    "__id" :
    {
        "$oid" : "4dc9511a14a7d017fee35746"
    } ,
    "chunkSize" : 262144 ,
    "length" : 22672 ,
    "md5" : "1462a6cfa27669af1d8d21c2d7dd1f8b" ,
    "filename" : "mkyong-java-image" ,
    "contentType" :  null  ,
    "uploadDate" :
    {
        "$date" : "2011-05-10T14:52:10Z"
    } ,
    "aliases" :  null
}

3.すべての保存画像を印刷する

コードスニペットを使用して、MongoDBから保存されたすべてのファイルを取得し、DBCursorで繰り返し処理します。

    GridFS gfsPhoto = new GridFS(db, "photo");
    DBCursor cursor = gfsPhoto.getFileList();
    while (cursor.hasNext()) {
        System.out.println(cursor.next());
    }

4.別の画像に保存する

コードスニペットを使ってMongoDBからイメージファイルを取得し、それを別のイメージファイルに出力します。

    String newFileName = "mkyong-java-image";
    GridFS gfsPhoto = new GridFS(db, "photo");
    GridFSDBFile imageForOutput = gfsPhoto.findOne(newFileName);
    imageForOutput.writeTo("c:\\JavaWebHostingNew.png");//output to new file

5.画像を削除する

画像ファイルを削除するためのコードスニペット。

    String newFileName = "mkyong-java-image";
    GridFS gfsPhoto = new GridFS(db, "photo");
    gfsPhoto.remove(gfsPhoto.findOne(newFileName));

完全な例

  • Java MongoDB GridFS API ** を使用して、画像を操作する完全な例。説明はコメントを参照してください。

package com.mkyong.core;

import java.io.File;
import java.io.IOException;
import java.net.UnknownHostException;
import com.mongodb.DB;
import com.mongodb.DBCollection;
import com.mongodb.DBCursor;
import com.mongodb.Mongo;
import com.mongodb.MongoException;
import com.mongodb.gridfs.GridFS;
import com.mongodb.gridfs.GridFSDBFile;
import com.mongodb.gridfs.GridFSInputFile;
/** **
 **  Java MongoDB : Save image example
 **
 ** /
public class SaveImageApp {
    public static void main(String[]args) {

        try {

            Mongo mongo = new Mongo("localhost", 27017);
            DB db = mongo.getDB("imagedb");
            DBCollection collection = db.getCollection("dummyColl");

            String newFileName = "mkyong-java-image";

            File imageFile = new File("c:\\JavaWebHosting.png");

           //create a "photo" namespace
            GridFS gfsPhoto = new GridFS(db, "photo");

           //get image file from local drive
            GridFSInputFile gfsFile = gfsPhoto.createFile(imageFile);

           //set a new filename for identify purpose
            gfsFile.setFilename(newFileName);

           //save the image file into mongoDB
            gfsFile.save();

           //print the result
            DBCursor cursor = gfsPhoto.getFileList();
            while (cursor.hasNext()) {
                System.out.println(cursor.next());
            }

           //get image file by it's filename
            GridFSDBFile imageForOutput = gfsPhoto.findOne(newFileName);

           //save it into a new image file
            imageForOutput.writeTo("c:\\JavaWebHostingNew.png");

           //remove the image file from mongoDB
            gfsPhoto.remove(gfsPhoto.findOne(newFileName));

            System.out.println("Done");

        } catch (UnknownHostException e) {
            e.printStackTrace();
        } catch (MongoException e) {
            e.printStackTrace();
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
        }

    }
}

プログラムの最後に、新しい画像ファイルが " c:\\ JavaWebHostingNew.png "に作成されます。