Mavenラッパーのクイックガイド

1概要

Maven Wrapper は、特定のバージョンのMavenを必要とするプロジェクト(またはMavenをまったくインストールしたくないユーザー)に最適です。 ** 多くのバージョンのオペレーティングシステムをインストールする代わりに、プロジェクト固有のラッパースクリプトを使用することができます。

この簡単な記事では、既存のMavenプロジェクト用にMaven Wrapperを設定する方法を説明します。

2 Mavenラッパーの設定

プロジェクト内で設定する方法は2つあります。最も簡単な方法は、適切なプラグインを使用してそれを自動化するか、手動インストールを適用することです。

2.1. プラグイン

このhttps://github.com/takari/takari-maven-plugin[Maven Wrapper plugin]を使って、簡単なSpring Bootプロジェクトで自動インストールをしましょう。

まず、プロジェクトのメインフォルダに移動して次のコマンドを実行する必要があります。

mvn -N io.takari:maven:wrapper

Mavenのバージョンも指定できます。

mvn -N io.takari:maven:wrapper -Dmaven=3.5.2

オプション -N - 非再帰的 を意味するので、ラッパーは現在のディレクトリのメインプロジェクトにのみ適用され、どのサブモジュールにも適用されません。

目標を達成すると、プロジェクトにはさらに多くのファイルとディレクトリが作成されます。

  • mvnw :完全版の代わりに使用される実行可能なUnixシェルスクリプトです。

インストールされているMaven ** mvnw.cmd :上記のスクリプトのバッチ版です

  • mvn :Maven Wrapper Javaライブラリーを保持する隠しフォルダー

そのプロパティファイル

2.2. マニュアル

手動のアプローチでは、上で見たファイルとフォルダーを他のプロジェクトから現在のプロジェクトのメインフォルダーにコピーすることができます。

その後、 .mvn/wrapper/maven-wrapper.properties ファイルにあるラッパープロパティファイルで使用するMavenのバージョンを指定する必要があります。

たとえば、私たちのプロパティファイルには次の行があります。

distributionUrl=https://repo1.maven.org/maven2/org/apache/maven/apache-maven/3.5.2/apache-maven-3.5.2-bin.zip

その結果、バージョン3.5.2がダウンロードされ使用されます。

3ユースケース

ラッパーは、次のようなさまざまなオペレーティングシステムで動作するはずです。

  • Linux

  • OSX

  • ウィンドウズ

  • Solaris

その後は、Unixシステムに対して次のような目標を達成することができます。

./mvnw clean install

そして、バッチ用の次のコマンド:

./mvnw.cmd clean install
  • 指定したMavenがラッパープロパティにない場合は、ダウンロードしてシステムの $ USER HOME/.m2/wrapper/dists__フォルダにインストールします。

Spring-Bootプロジェクトを実行しましょう。

./mvnw spring-boot:run

出力は完全にインストールされたMavenの場合と同じです。

リンク:/uploads/mvn-wrapper-springboot-1024x263.png%201024w[]

注: mvnの代わりに実行可能ファイル mvnw__を使用しています。これは現在、Mavenコマンドラインプログラムです。

4結論

このチュートリアルでは、MavenプロジェクトでMaven Wrapperを設定して使用する方法を見ました。

いつものように、この記事のソースコードはhttps://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/spring-boot-ops[over on GitHub]にあります。