Eclipse IDEでJSF 2.0をサポートする方法

Eclipse Ganymede(v3.4)またはGalileo(v3.5)では、JSF 1.2までしかサポートしていません。 JSF 2.0 の場合、Eclipseをバージョン Helios(v3.6) にアップグレードしてから、JSF 2.0を含むJava EE 6のサポートを完全にサポートしています。

Eclipse IDEでコードアシストやビジュアルなJSFコンポーネントエディタなどのJSF 2.0機能を有効にする方法を簡単に説明します。

使用されるツール

  1. Eclipse 3.6

  2. JSF 2.0.x

1. Eclipseプロジェクトのファセット

JSF 2.0をサポートするには、 Web Tools Platform(WTP) をサポートするようにEclipseプロジェクトを設定する必要があります。

Web Tools Platform(WTP)を有効にする手順は次のとおりです。

  1. プロジェクトを右クリックし、 " プロパティ " - > ** "プロジェクトを選択

ファセット** "。

  1. Dynamic Web Module 」にチェックを入れ、バージョン2.5を選択してください.

  2. Java 」にチェックを入れ、バージョン1.6を選択します.

  3. JavaServer Faces 」にチェックを入れ、バージョン2.0を選択します.

image =//wp-content/uploads/2010/09/eclipse-jsf-support-1.png[eclipse-jsf-support、title = "eclipse-jsf-support-1"、width = 485、height = 480]。下の " さらなる設定…​ "リンクをクリックして、JSFを実行してください

構成。

  1. ユーザーライブラリを作成し、JSF 2.0 APIと実装を組み込む

ライブラリ、 jsf-api-xxx.jar および jsf-impl-xxx.jar P.S JSF jarを入手できます。http://javaserverfaces.java.net/[公式JSF Webサイト]. image://wp-content/uploads/2010/09/eclipse-jsf-support-2.png[2012年8月8日更新** JSF 2.1.11では、jarファイルjavax.faces-2.1.11のみがサポートされています。必要とされている。

  1. 完了しました.

デモ

今、Eclipse IDEはJSF 2.0の機能をサポートしています。 `.xhtml`ファイルで" Ctrl Space "をクリックすると、利用可能なすべてのJSF 2.0タグ(コードアシスト)が自動的に表示されます。

さらに、JSF 2.0ビジュアルコンポーネントをWebページエディタに追加します(下の図を参照)。

eclipse-jsf-support、title = "eclipse-jsf-support-3"、width = 640、height = 458