JAXB hello worldの例

JAXB Hello Worldの例

JAXBは、Java Architecture for XML Bindingを表し、JAXBアノテーションを使用してJavaオブジェクトをXMLファイルとの間で変換します。 このチュートリアルでは、JAXBを使用して次のことを行う方法を示します。

  1. マーシャリング– JavaオブジェクトをXMLファイルに変換します。

  2. 非整列化-XMLコンテンツをJavaオブジェクトに変換します。

この記事で使用されている技術

  1. JDK 1.6

  2. JAXB 2.0

JAXBの操作は簡単です。オブジェクトにJAXB注釈を付け、後でjaxbMarshaller.marshal()またはjaxbMarshaller.unmarshal()を使用してオブジェクト/ XML変換を実行します。

1. JAXBの依存関係

JDK1.6以降を使用している場合は、JAXB is bundled in JDK 1.6であるため、追加のjaxbライブラリは必要ありません。


JDK <1.6の場合、hereからJAXBをダウンロードし、プロジェクトのクラスパスに「jaxb-api.jar」と「jaxb-impl.jar」を配置します。

2. JAXBアノテーション

XMLファイルとの間で変換する必要があるオブジェクトの場合、JAXBアノテーションを付ける必要があります。 注釈はかなり自明です。詳細な説明については、このJAXB guideを参照できます。

package com.example.core;

import javax.xml.bind.annotation.XmlAttribute;
import javax.xml.bind.annotation.XmlElement;
import javax.xml.bind.annotation.XmlRootElement;

@XmlRootElement
public class Customer {

    String name;
    int age;
    int id;

    public String getName() {
        return name;
    }

    @XmlElement
    public void setName(String name) {
        this.name = name;
    }

    public int getAge() {
        return age;
    }

    @XmlElement
    public void setAge(int age) {
        this.age = age;
    }

    public int getId() {
        return id;
    }

    @XmlAttribute
    public void setId(int id) {
        this.id = id;
    }

}

3. オブジェクトをXMLに変換

JAXBマーシャリングの例では、顧客オブジェクトをXMLファイルに変換します。 jaxbMarshaller.marshal()には、オーバーロードされたメソッドが多数含まれています。出力に適したメソッドを見つけてください。

package com.example.core;

import java.io.File;
import javax.xml.bind.JAXBContext;
import javax.xml.bind.JAXBException;
import javax.xml.bind.Marshaller;

public class JAXBExample {
    public static void main(String[] args) {

      Customer customer = new Customer();
      customer.setId(100);
      customer.setName("example");
      customer.setAge(29);

      try {

        File file = new File("C:\\file.xml");
        JAXBContext jaxbContext = JAXBContext.newInstance(Customer.class);
        Marshaller jaxbMarshaller = jaxbContext.createMarshaller();

        // output pretty printed
        jaxbMarshaller.setProperty(Marshaller.JAXB_FORMATTED_OUTPUT, true);

        jaxbMarshaller.marshal(customer, file);
        jaxbMarshaller.marshal(customer, System.out);

          } catch (JAXBException e) {
        e.printStackTrace();
          }

    }
}

出力


    29
    example

4. XMLをオブジェクトに変換

JAXBアンマーシャリングの例では、XMLファイルのコンテンツを顧客オブジェクトに変換します。 jaxbMarshaller.unmarshal()には、オーバーロードされたメソッドがたくさん含まれています。自分に合ったメソッドを見つけてください。

package com.example.core;

import java.io.File;
import javax.xml.bind.JAXBContext;
import javax.xml.bind.JAXBException;
import javax.xml.bind.Unmarshaller;

public class JAXBExample {
    public static void main(String[] args) {

     try {

        File file = new File("C:\\file.xml");
        JAXBContext jaxbContext = JAXBContext.newInstance(Customer.class);

        Unmarshaller jaxbUnmarshaller = jaxbContext.createUnmarshaller();
        Customer customer = (Customer) jaxbUnmarshaller.unmarshal(file);
        System.out.println(customer);

      } catch (JAXBException e) {
        e.printStackTrace();
      }

    }
}

出力

Customer [name=example, age=29, id=100]