Javaの一時ファイルにデータを書き込む方法

次に、Javaの一時ファイルにデータを書き込む例を示します。実際には、通常ファイルと一時ファイルの違いはなく、通常のテキストファイルに適用されるものは、一時ファイルにも適用されます。

この例では、 " tempfile.tmp "という名前の一時ファイルが作成され、 "This is the temporary file content"というテキストが書き込まれます。

package com.mkyong.file;

import java.io.BufferedWriter;
import java.io.File;
import java.io.FileWriter;
import java.io.IOException;

public class WriteTempFileExample
{
    public static void main(String[]args)
    {

        try{

           //create a temp file
            File temp = File.createTempFile("tempfile", ".tmp");

       //write it
            BufferedWriter bw = new BufferedWriter(new FileWriter(temp));
            bw.write("This is the temporary file content");
            bw.close();

            System.out.println("Done");

        }catch(IOException e){

            e.printStackTrace();

        }

    }
}