CentOSにOracle JDK 8をインストールする方法

java8-centos-example、width = 502、height = 244

このチュートリアルでは、Oracle JDK 8 On CentOSのインストール方法を説明します。

環境:

  1. CentOS 6.8

  2. Oracle JDK 8u102

1. Oracle JDK 8を入手する

1.1 Oracle JDKダウンロードページ を開き、 `RPM`バージョンを探します。

1.2 jdk-8u102-linux-x64.rpm`と wget` itのダウンロードリンクをコピーします。

$ pwd/home/mkyong

$ wget --header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u102-b14/jdk-8u102-linux-x64.rpm

2. Oracle JDK 8をインストールする

2.1 `yum localinstall`でインストールしてください。

$ sudo yum localinstall jdk-8u102-linux-x64.rpm
//...//...//...
Installed:
  jdk1.8.0__102.x86__64 2000:1.8.0__102-fcs

Complete!

2.2 JDKは `/usr/java/jdk1.8.0__102`にインストールする必要があります。

$ cd/usr/java
$ ls -lsah
total 12K
4.0K drwxr-xr-x   3 root root 4.0K Jul 21 09:58 ./4.0K drwxr-xr-x. 15 root root 4.0K Jun 22 22:00 ../   0 lrwxrwxrwx   1 root root   16 Jul 21 09:58 default ->/usr/java/latest/4.0K drwxr-xr-x   9 root root 4.0K Jul 21 09:58 jdk1.8.0__102/   0 lrwxrwxrwx   1 root root   22 Jul 21 09:58 latest ->/usr/java/jdk1.8.0__102/....

2.3検証

$ java -version java version "1.8.0 102" Java™ SE Runtime Environment (build 1.8.0 102-b14) Java HotSpot™ 64-Bit Server VM (build 25.102-b14, mixed mode)

2.4 RPMファイルを削除する

$ rm ~/jdk-8u102-linux-x64.rpm

完了しました。 Oracle JDK 8はCentOSに正常にインストールされます。

===  3. JAVA__HOME環境変数

これは `JAVA__HOME`環境変数を設定することをお勧めします。

3.1 `.bash__profile`を編集し、ファイルの最後に` export JAVA__HOME`を追加します。例:

.bash__profile