Java 9の新しいストリームコレクタ

1概要

Java 8ではhttps://docs.oracle.com/javase/8/docs/api/java/util/stream/Collectors.html[ Collectors ]が追加され、入力要素を Map List セット

この記事では、Java 9で追加された2つの新しいコレクター、つまり Collectors.filtering および Collectors.flatMapping ** を、 Collectors.groupingBy と組み合わせて使用​​して、インテリジェントな要素のコレクションを提供する方法を説明します。

2 フィルターコレクター

Collectors.filtering Stream filter() に似ています。これはinput要素のフィルタリングに使用されていますが、さまざまなシナリオに使用されています。

Stream’ filter はストリームチェーンで使用されますが、 filtering groupingBy と共に使用するように設計された Collector です。

Stream’s filter では、値が最初にフィルタ処理され、次にグループ化されます。このようにして、除外された値はなくなり、その痕跡はありません。トレースが必要な場合は、最初にグループ化してから Collectors.filtering が実際に行うフィルタリングを適用する必要があります。

Collectors.filtering は、入力要素をフィルタ処理するための関数と、フィルタ処理された要素を収集するためのコレクタを取ります。

@Test
public void givenList__whenSatifyPredicate__thenMapValueWithOccurences() {
    List<Integer> numbers = List.of(1, 2, 3, 5, 5);

    Map<Integer, Long> result = numbers.stream()
      .filter(val -> val > 3)
      .collect(Collectors.groupingBy(i -> i, Collectors.counting()));

    assertEquals(1, result.size());

    result = numbers.stream()
      .collect(Collectors.groupingBy(i -> i,
        Collectors.filtering(val -> val > 3, Collectors.counting())));

    assertEquals(4, result.size());
}

3 FlatMappingコレクター

Collectors.flatMapping Collectors.mapping に似ていますが、よりきめ細かい目的を持っています。両方のコレクターは、要素が収集される関数とコレクターを取りますが、 flatMapping 関数は、要素の Stream を受け入れ、それらはその後コレクターによって累積されます。

次のモデルクラスを見てみましょう。

class Blog {
    private String authorName;
    private List<String> comments;

   //constructor and getters
}

Collectors.flatMapping を使用すると、中間コレクションをスキップして、 Collectors.groupingBy で定義されたそのグループにマッピングされている単一のコンテナーに直接書き込むことができます。

@Test
public void givenListOfBlogs__whenAuthorName__thenMapAuthorWithComments() {
    Blog blog1 = new Blog("1", "Nice", "Very Nice");
    Blog blog2 = new Blog("2", "Disappointing", "Ok", "Could be better");
    List<Blog> blogs = List.of(blog1, blog2);

    Map<String,  List<List<String>>> authorComments1 = blogs.stream()
     .collect(Collectors.groupingBy(Blog::getAuthorName,
       Collectors.mapping(Blog::getComments, Collectors.toList())));

    assertEquals(2, authorComments1.size());
    assertEquals(2, authorComments1.get("1").get(0).size());
    assertEquals(3, authorComments1.get("2").get(0).size());

    Map<String, List<String>> authorComments2 = blogs.stream()
      .collect(Collectors.groupingBy(Blog::getAuthorName,
        Collectors.flatMapping(blog -> blog.getComments().stream(),
        Collectors.toList())));

    assertEquals(2, authorComments2.size());
    assertEquals(2, authorComments2.get("1").size());
    assertEquals(3, authorComments2.get("2").size());
}

Collectors.mapping は、グループ化されたすべての作者のコメントをコレクターのコンテナー(つまりList)にマップしますが、この中間コレクションは、コレクターのコンテナーにマップされるコメントリストの直接ストリームを提供するので flatMapping によって削除されます。

4結論

この記事では、 Java9 で導入された新しい Collectors 、つまり Collectors.filtering() および Collectors.flatMapping() Collectors.groupingBy() と組み合わせて使用​​する方法について説明します。

これらのコレクターは Collectors.partitioningBy() と一緒に使用することもできますが、条件に基づいて2つのパーティションを作成するだけで、コレクターの本当の力は活用されません。そのため、このチュートリアルは省略しました。

このチュートリアルのコードスニペットの完全なソースコードはhttps://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/core-java-9[GitHubで利用可能]です。