Java Weekly、Issue 212

1 SpringとJava

>>検証用のKotlin DSLの作成 []
  • DSLはKotlin ** で強力になる可能性があります。

>> Dropwizard Metricsを使ったリアクティブアプリケーションの監視と測定 []

Dropwizardを使用した 反応型アプリケーションの監視 のいくつかの興味深い例。

https://spring.io/blog/2018/01/12/building-richer-hypermedia-with-spring-hateoas [ >> Spring HATEOAS を使ったよりリッチなハイパーメディアの構築

Affordanceは、REST APIによって生成された応答にドメイン固有のメタデータを含めることによって、Hypermediaからさらに絞り込むことを可能にするもう1つの興味深い概念です。

>> Java EE 用のJCPはありません []

Java EEは標準のJava Community Processを利用しないようです** 。

>> Java EE対Springテスト []

統合テストは管理された環境では重要です。保守が少し難しい場合でも、できるだけ簡単に記述できるようにする必要があります。 Java EEでは、必ずしも統合テストを設定するのが難しく、非常に重い場合があります。

>> Reactor-Coreでのぞき見3.2とマイルストーン1 []

Reactor-Core 3.2はついに例外フォールバックを定義する便利な方法を特徴とするように見えます。

https://aboullaite.me/spring-boot-monitoring-prometheus-grafana/ [** >> Prometheusを使用したSpring Bootのメトリック監視

PrometheusとGrafanaを使ってSpring Bootアプリケーションを監視する最小の例。良いもの。

前の投稿:java.lang.Process APIガイド
次の投稿:リソースタイプと特性を使用してRAMLの冗長性を排除