JavaでMath.powを使う

1概要

数の累乗は、その数を乗算に使用する回数を意味します。これはJavaで簡単に計算できます。

2 Math.pow

例を見る前に、メソッドのシグネチャを見てみましょう。

public double pow(double a, double b)

このメソッドは、 a b のべき乗で引き上げ、その結果を double として返します。言い換えれば、 a はそれ自身 b 回乗算されます。

簡単な例を見てみましょう。

int intResult = (int) Math.pow(2, 3);

出力は8になります。 Integer 結果を得たい場合は、上記の例の int キャストが必要であることに注意してください。

引数として double を渡して、結果を見てみましょう。

double dblResult = Math.pow(4.2, 3);

出力は74.08800000000001になります。

ここでは double の値に興味があるので、結果を int にキャストしていません。 double 値があるので、簡単に設定して DecimalFormat を使用して値を小数点以下2桁に丸めることができ、その結果74.09になります。

DecimalFormat df = new DecimalFormat(".00");
double dblResult = Math.pow(4.2, 3);

3結論

この簡単な記事では、Javaのhttps://docs.oracle.com/javase/8/docs/api/java/lang/Math.html#pow-double-double-[Math.pow( )]任意の基数のべき乗を計算する方法。

いつものように、完全なソースコードはhttps://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/java-numbers[GitHubで利用可能]です。