Javaの無限ループ

1.概要

このクイックチュートリアルでは、Javaで無限ループを作成する方法を探ります。

簡単に言うと、無限ループとは、終了条件が満たされないときに無限ループする命令シーケンスです。無限ループを作成するとプログラミングエラーになることがありますが、アプリケーションの動作に基づいて意図的に行うこともできます。

2. while を使う

while ループから始めましょう。ここでは、 while ループ条件を書くためにブールリテラル __true __を使います。

public void infiniteLoopUsingWhile() {
    while (true) {
       //do something
    }
}

3. for を使う

それでは、無限ループを作成するために for ループを使用しましょう。

public void infiniteLoopUsingFor() {
    for (;;) {
       //do something
    }
}

4. do-while を使う

無限ループは、Javaであまり一般的でないdo-while__ループを使用して作成することもできます。ここで、ループ条件は最初の実行後に評価されます。

public void infiniteLoopUsingDoWhile() {
    do {
       //do something
    } while (true);
}

5.まとめ

ほとんどの場合、無限ループの作成は避けますが、作成する必要がある場合もあります。このようなシナリオでは、アプリケーションが終了するとループは終了します。

上記のコードサンプルはhttps://github.com/eugenp/tutorials/tree/master/core-java-lang-syntax[GitHub repository]にあります。