Ubuntu 16.04でRoundcubeを使用して独自のWebメールクライアントをインストールする方法

前書き

最近では、多くの人がGmailのようなブラウザベースのメールクライアントを使用してメールにアクセスしています。 ただし、メールをチェックするときに広告の表示を停止したい場合、またはパブリックメールサービスから独自のドメインに移動した場合は、独自のWebメールクライアント(mail user agentまたはMUAとも呼ばれます)を実行できます。 )。

Roundcubeは、PHPで記述された最新のカスタマイズ可能なIMAPベースのWebメールクライアントです。 電子メールを表示、整理、および作成するための多数の機能があり、連絡先とカレンダー管理のサポートもあります。 プラグインリポジトリを使用すると、最も一般的なブラウザベースのクライアントに匹敵する機能を追加できます。

Roundcubeがメールインフラストラクチャのどこに収まるかを理解するために、舞台裏でメールを構成するコンポーネントを見ていきましょう。

  • mail user agent(MUA)は、ユーザーが電子メールを表示および送信するために対話するインターフェースです。

  • mail transfer agent(MTA)は、送信者から受信者に電子メールを転送します。

  • Simple Mail Transfer Protocol(SMTP)は、MUAがMTAにメールを送信するために使用するプロトコルです。

  • mail delivery agent(MDA)は、MTAから電子メールを受信し、それらを保存します。

  • Internet Message Access Protocol(IMAP)は、MDAがMUAにメールを配信するために使用するプロトコルです。

メールを送信すると、MUAはSMTPを使用してメールサーバーのMTAに転送します。 数ホップ後、受信者のMTAはメールを受信し、IMAPを使用してMDAに転送します。 その後、受信者は、選択したMUAを使用して電子メールを表示できます。

[。注意]##

Note:つまり、RoundcubeはMUAであり、MTAではありません。 これは、それを使用する場合でも、メールを管理するサービスが必要であることを意味します。 your own mail serverを使用できますが、don’t want to run your own mail serverを使用すると、RoundcubeはGmailやISPからのホストされた電子メールなどの公開電子メールサービスでも同様に機能します。

このチュートリアルでは、Gmailを使用したRoundcubeをセットアップします。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

  • sudo非rootユーザーとファイアウォールを含むthis Ubuntu 16.04 initial server setup tutorialをフォローしてセットアップされた1つのUbuntu16.04サーバー。

  • 次のthis LAMP on Ubuntu 16.04 tutorialによってインストールされたLAMPスタック。

  • IMAPベースの電子メールサーバー。 簡単にするために、この記事ではGmailを使用しますが、IMAPベースの電子メールサーバーであればどれでも機能します。 電子メールサーバーのIMAPおよびSMTP設定を確認してください。

[[step-1 -—- installing-dependencies]] ==ステップ1—依存関係のインストール

Roundcubeを設定する最初のステップは、依存関係のインストールとPHPの構成です。 Roundcubeをインストールしたら、便利な依存関係チェックページを使用して、すべてが正しくセットアップされていることを確認できます。

これらは、すぐに含まれないRoundcubeの依存関係です。

  • いくつかのPHPライブラリ(XMLおよびマルチバイト文字列のサポートを含む、以下のphp-*パッケージ)

  • サポートツール(圧縮ファイルを処理するためのzipおよびunzip

  • バージョン管理用のGit

  • PHPプラグイン管理システム(composer

パッケージインデックスを更新し、これらの依存関係をすべて一度にインストールします。

sudo apt-get update
sudo apt-get install php-xml php-mbstring php-intl php-zip php-pear zip unzip git composer

次に、いくつかのPHPライブラリは、/etc/php/7.0/apache2/php.iniにあるサーバーのphp.iniファイルで有効にする必要があります。 このファイルをnanoまたはお気に入りのテキストエディタで開きます。

sudo nano /etc/php/7.0/apache2/php.ini

必要な変更の多くは、コメント化されたオプションを有効にするだけです。 php.iniファイルでは、コメント行は(より一般的な#ハッシュ記号の代わりに);セミコロンで始まります。 行のコメントを解除するには、この先頭のセミコロンを削除します。行をコメントするには、先頭にセミコロンを追加します。

extension=で始まるコメント行が多数含まれているセクションを検索します。 php_mbstring.dllおよびphp_xmlrpc.dll拡張子の行のコメントを解除します。

/etc/php/7.0/apache2/php.ini

. . .
;extension=php_interbase.dll
;extension=php_ldap.dll
extension=php_mbstring.dll
;extension=php_exif.dll      ; Must be after mbstring as it depends on it
;extension=php_mysqli.dll
. . .
;extension=php_sqlite3.dll
;extension=php_tidy.dll
extension=php_xmlrpc.dll
;extension=php_xsl.dll
  . . .

次に、拡張ブロックの下部にextension=dom.soを追加します。

/etc/php/7.0/apache2/php.ini

. . .
extension=php_xmlrpc.dll
;extension=php_xsl.dll
extension=dom.so

. . .

このファイルには、他にいくつかの変更が必要です。

まず、date.timezone設定を検索します。 行のコメントを解除し、タイムゾーンを引用符で囲んで追加します。 php.iniファイルでタイムゾーンをフォーマットする方法を確認するには、PHP’s timezone pageを参照してください。 たとえば、東部標準時間に住んでいる場合、ファイルは次のようになります。

/etc/php/7.0/apache2/php.ini

. . .
[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone
date.timezone = "America/New_York"
. . .

次に、upload_max_filesize設定を検索します。 この設定は、主に添付ファイルのアップロードに影響します。 デフォルトでは、2MBに設定されています。 任意の量に設定できますが、ほとんどのメールサーバーでは、添付ファイルの合計サイズが10 MBに制限されています。 複数のユーザーが同時に添付ファイルを追加する場合に備えて、ここで12MBに設定します。

/etc/php/7.0/apache2/php.ini

. . .
; Maximum allowed size for uploaded files.
; http://php.net/upload-max-filesize
upload_max_filesize = 12M
. . .

次に、post_max_sizeを検索します。 upload_max_filesize設定は添付ファイルにのみ適用されますが、この設定は電子メール全体(添付ファイルを含む)のサイズに適用されます。 デッドロックを防ぐために、これを少し高い値に設定します。

/etc/php/7.0/apache2/php.ini

. . .
; Maximum size of POST data that PHP will accept.
; Its value may be 0 to disable the limit. It is ignored if POST data reading
; is disabled through enable_post_data_reading.
; http://php.net/post-max-size
post_max_size = 18M
. . .

最後に、mbstring.func_overloadを検索してコメントを解除し、その値が0に設定されていることを確認します。 これにより、マルチバイト文字列関数のサポートが有効になります。

/etc/php/7.0/apache2/php.ini

. . .
mbstring.func_overload = 0
. . .

ファイルを保存して閉じます。

サーバーは、LAMPスタック、Roundcubeの依存関係、および必要なPHP構成でセットアップされました。 次のステップは、Roundcubeソフトウェアのダウンロード、インストール、および構成です。

[[step-2 -—- downloading-roundcube]] ==ステップ2—Roundcubeのダウンロード

Linuxの世界の多くのプロジェクトと同様に、Roundcubeをインストールする方法は2つあります:パッケージから、またはソースから。 RoundcubeにはPPAがありますが、プロジェクトは活発に開発中であるため、多くの場合PPAは古くなっています。 (執筆時点では、PPAはバージョン1.2.3ですが、プロジェクト自体は1.3です)。 最新バージョンを確実に入手するために、ソースからインストールします。

Roundcube download pageに移動します。 Stable versionセクションの下を見て、Completeパッケージを見つけます。 Downloadボタンを右クリックし、Copy Link Addressを選択します。

このアドレスをwgetとともに使用して、サーバーにRoundcubetarballをダウンロードします。

wget https://github.com/roundcube/roundcubemail/releases/download/1.3.0/roundcubemail-1.3.0-complete.tar.gz

Roundcubeアーカイブを解凍します。

tar -xvzf roundcubemail-1.3.0-complete.tar.gz

tarの引数はビットintimidatingになる可能性があるため、各フラグの機能は次のとおりです。

  • xフラグは抽出を表します。

  • vフラグはverboseを表し、抽出されたすべてのファイルのパスと名前を出力するようにtarに指示します。

  • zフラグは、tarにtarラッパーを削除するだけでなく、gzipを使用してアーカイブを解凍するように指示します。 ファイル拡張子の末尾に.gzが付いているため、ファイルがgzipで圧縮されていることがわかります。

  • fフラグはファイルを表します。 tarは、抽出するファイルとして直後にあるものを使用するため、これが最後のフラグである必要があります。

次に、解凍​​したディレクトリを/var/wwwに移動し、名前をroundcubeに変更します。 ディレクトリの内容ではなく、ディレクトリ全体を移動して名前を変更するため、ディレクトリ名の末尾の/は必ず省略してください。

sudo mv roundcubemail-1.3.0 /var/www/roundcube

最後に、アクセス許可を変更して、Apacheがファイル(構成ファイルやログなど)を作成および編集できるようにします。 具体的には、所有者とグループをwww-dataに変更し、所有者とグループの読み取りと書き込みのアクセス許可を変更しますが、それ以外のすべてのユーザーは読み取り専用です。

sudo chown -R www-data:www-data /var/www/roundcube/
sudo chmod 775 /var/www/roundcube/temp/ /var/www/roundcube/logs/

Roundcubeのコードをダウンロードし、その場所と権限を更新しましたが、現時点では部分的にしかインストールされていません。 インストールを完了するには、RoundcubeのGUIを介してRoundcubeをデータベースに接続する必要があります。 それを行う前に、ApacheにRoundcubeがどこにあるかを知らせて、Webサイトをロードできるようにする必要があります。

[[step-3 -—- configuring-apache]] ==ステップ3—Apacheの構成

Apacheを構成するために編集する必要のあるファイルはvirtual host fileです。 仮想ホストは、Apacheが同じサーバー上の複数のサイトをホストできるようにする機能です。 これがApacheがホストしている唯一のサイトである場合でも、Apacheのメイン構成を編集するよりも仮想ホスト構成ファイルを使用する方が簡単でクリーンです。

/etc/apache2/sites-available/の下にある各.confファイルは、異なるサイトを表します。 ここでRoundcubeの仮想ホストファイルを作成し、Apacheにそのことを伝えて、ブラウザ経由で利用できるようにします。

最初に、デフォルトの構成ファイルをコピーして、新しいファイルの開始点として使用します。

sudo cp /etc/apache2/sites-available/000-default.conf /etc/apache2/sites-available/roundcube.conf

テキストエディターでファイルを開きます。

sudo nano /etc/apache2/sites-available/roundcube.conf

このファイルにいくつかの変更を加える必要があります。 最初にそれぞれを見てから、コピーして貼り付けるファイル全体を提供します。

既存のVirtualHostブロックで、次のディレクティブを変更します。

  • ServerNameは、どのドメインをリッスンするかをApacheに指示します。 使用している場合、これはサーバーのIPアドレスまたはドメイン名である必要があります。

  • DocumentRootは、トラフィックが着信したときにトラフィックを送信する場所を指定します。 この場合、/var/www/roundcubeでRoundcubeに送信する必要があります。

  • ServerAdminを使用すると、Apacheに関する問題の連絡先メールアドレスを指定できます。 このチュートリアルでは、これを行うようにApacheを設定していませんが、とにかく含めることをお勧めします。

  • 2つのログ行ErrorLogCustomLogは、このサイトの成功した接続ログとエラーログを保存する場所を定義します。 エラーログに特定の名前を付ける必要があるため、問題がある場合は、このサイト固有のログを簡単に見つけることができます。

次に、ApacheにRoundcubeディレクトリの処理方法を指示する新しいDirectoryブロックを追加します。 Directoryブロックの各行の最初の単語は、構成名であり、その後に実際の構成オプションが続きます。

  • Options -Indexesは、index.htmlまたはindex.phpファイルが見つからない場合に警告を表示するようにApacheに指示します。 デフォルトでは、代わりにディレクトリの内容がリストされます。

  • AllowOverride Allは、ローカルの.htaccessファイルが見つかった場合、そのファイルのオプションがこのファイルのグローバル設定を上書きすることをApacheに通知します。

  • Order allow,denyは、最初に一致するクライアントにサイトへのアクセスを許可し、次に一致しないクライアントを拒否するようにApacheに指示します。

  • allow from allは、Order行のフォローアップです。 どのタイプのクライアントが許可されるかを定義します。

これらの変更を行うと、ファイルは次のようになります。 簡潔にするため、コメントは削除されました。

/etc/apache2/sites-available/roundcube.conf


  ServerName your_server_ip_or_domain
  DocumentRoot /var/www/roundcube
  ServerAdmin [email protected]

  ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/roundcube-error.log
  CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/roundcube-access.log combined

  
      Options -Indexes
      AllowOverride All
      Order allow,deny
      allow from all
  

ファイルを保存して閉じます。

次に、デフォルトサイトのホスティングを停止するようApacheに指示します。

sudo a2dissite 000-default

次に、代わりにRoundcubeサイトのホストを開始するようApacheに指示します。 サイトを有効にするときは、.confを含めないようにしてください。 a2ensiteは、拡張子のない構成のファイル名を必要としています。

sudo a2ensite roundcube

Roundcubeが必要とするmod_rewriteApacheモジュールを有効にします。

sudo a2enmod rewrite

最後に、Apacheを再起動して、Roundcubeインストールにアクセスできるようにします。

sudo apache2ctl restart

Webメールクライアントはほぼ使用可能です。 インストールプロセスの最後のステップは、Roundcubeがアプリ固有のデータを保存できるようにデータベースを構成することです。

[[step-4 -—- configuring-mysql]] ==ステップ4—MySQLの構成

この時点で、Webブラウザーを開いてサーバーにアクセスしようとすると(IPアドレスまたはドメイン名を使用している場合)、構成エラーページが表示されます。 これは、Roundcubeが構成のセットアップ中に生成されたファイルをチェックしているが、まだ構成のセットアップを行っていないためです。 そのセットアップを実行する前に、データベースを準備する必要があります。

MySQLインタラクティブシェルに接続します。 このコマンドは、MySQLにユーザー(-urootとして認証し、パスワード(-p)を指定するように指示します。

mysql -u root -p

コマンドを入力すると、MySQLのインストール時に作成したルートパスワードの入力を求められます。

MySQLシェルになったので、データベースとデータベースユーザーを作成し、そのユーザーに新しいデータベースでコマンドを実行する権限を与えます。

最初にデータベースを作成します。 このコマンドは、roundcubemailというデータベースを作成し、使用する文字セット(utf8)などのデータベースオプションを提供します。

CREATE DATABASE roundcubemail /*!40101 CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci */;

他の多くの認証システムとは異なり、MySQLはユーザーを名前と接続元で定義します。 このコマンドは、roundcubeというユーザーを作成し、そのユーザーがlocalhostから接続するように定義します。 データベースにアクセスするアプリケーションの場合、ユーザーが要求を送信する場所を定義すると、セキュリティが強化されます。

このユーザーを作成し、パスワードを安全なものに変更してください。

CREATE USER 'roundcube'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';

roundcubeユーザーに、roundcubemailデータベースとそのすべてのテーブルに対するすべてのアクセス許可を付与します。

GRANT ALL PRIVILEGES ON roundcubemail.* to 'roundcube'@'localhost';

次に、変更を保存し、MySQL対話型シェルを終了します。

FLUSH PRIVILEGES;
EXIT;

空のデータベースroundcubemailとユーザー[email protected]を作成し、そのユーザーにデータベースへの完全なアクセス許可を付与しました。 次に、データベースの構造を設定して、Roundcubeが情報を保存する場所を認識できるようにする必要があります。 Roundcubeインストールでは、データベースを構成するファイルが提供されるため、手動で行う必要はありません。

次のコマンドは、新しく作成したユーザーを使用してファイル/var/www/roundcube/SQL/mysql.initial.sqlを読み込み、データベースroundcubemailに構成を適用するようにMySQLに指示します。

mysql -u roundcube -p roundcubemail < /var/www/roundcube/SQL/mysql.initial.sql

roundcubeユーザーのパスワードを入力するように求められます。

この方法でデータベースをセットアップすると、Roundcubeで使用できるようにデータベースが準備され、適切な権限があることを確認できます。 すべてが成功した場合、フィードバックは表示されず、コマンドプロンプトに戻ります。 次に、Roundcubeにメール設定を伝え、インストールを完了します。

[[step-5 -—- configuring-roundcube]] ==ステップ5—Roundcubeの構成

前述したように、今すぐRoundcubeインストールにアクセスしようとすると、エラーページが表示されます。 インストールを完了するには、代わりにhttp://your_server_ip_or_domain/installerにアクセスする必要があります。

すべてが適切に設定されている場合、オプションのLDAP設定とMySQLを除くすべてのデータベース行を除いて、すべての行項目の右側に緑色のOKが表示されます。 上記以外の行の横にNOT AVAILABLEがある場合は、それらの依存関係をインストールする必要があります。 Roundcubeは、不足している依存関係へのリンクを提供してくれるので、インストールする内容を把握できます。

すべてが正しく設定されたら、ページの一番下までスクロールして、NEXTボタンをクリックします。

次のページのフォームは、7つのセクションに分かれており、Roundcube構成ファイルの生成について順を追って説明しています。 以下は、記入する必要があるフォームの部分をセクションごとに分けたものです。 フォームの行が以下のセクションで除外されている場合、その行をスキップしてデフォルト設定のままにすることができます。

一般的な構成

General configurationセクションには、カスタマイズ用のいくつかの外観上のオプションといくつかの一般的な設定があります。 ここで変更する必要があるオプションは1つだけです。

  • セキュリティを強化するために、ip_checkがチェックされていることを確認してください。 セッション認証でクライアントのIPをチェックします。

いくつかのオプションの変更もできます。

  • product_nameを変更できます。 これは任意の名前にすることができ、テキスト内の「ラウンドキューブ」へのすべての参照は、代わりにこの名前に置き換えられます。

  • support_urlは、ユーザーがRoundcubeインストールのサポートを受けることができるURLです。 厳密に必要というわけではありませんが、支援が必要な人々のグループにRoundcubeが提供されていると便利です。 専用のヘルプデスクサイトがない場合は、mailto:[email protected]などのメールアドレスを使用できます。

  • Roundcubeロゴをskin_logoに置き換えることができます。これは、PNGファイル(178px x 47px)へのURLを取得します。 HTTPSを有効にする場合(強くお勧めします。このチュートリアルの後半で説明します)、画像URLがHTTPS URLであることを確認してください。

他のすべてのオプションは、デフォルト値のままにすることができます。

ロギングとデバッグ

このセクションのすべてをデフォルト設定のままにします。

データベースのセットアップ

RoundcubeはMySQLを使用して、Webクライアントを実行するための情報(メールではありません)を保存します。 このセクションでは、手順4で設定したデータベースにアクセスする方法をRoundcubeに指示する必要があります。 以前に作成したデータベースユーザー、ユーザーパスワード、データベース名が必要です。

  • すでに設定されているはずですが、Database typeプルダウンメニューからMySQLを選択します。

  • Database serverlocalhostを入力します。

  • データベース名roundcubemailDatabase nameフィールドに入力します。

  • データベースユーザーroundcubeDatabase user nameフィールドに入力します。

  • [Database password]フィールドに、手順4でデータベースを作成するときに定義したパスワードを入力します。

  • 最後のオプションであるdb_prefixは、他のアプリで共有データベースを使用している場合を除き、必要ありません。 その場合は、rc_のように入力します。

IMAP設定

このセクションでは、メールサーバーのIMAPとSMTPの設定が必要です。 このチュートリアルではGmailを例として使用しているため、Gmailの設定は以下に含まれていますが、独自のメールプロバイダーがある場合は、必要な詳細を提供する必要があります。 ほとんどのメールプロバイダーは、暗号化の有無にかかわらず接続をサポートしています。 SSL IMAP / SMTP URLとポートを使用して、安全でない接続を使用しないようにしてください。

  • [default_host]フィールドに、IMAPサーバーのURLを入力します。 SSL接続を使用する場合は、URLの前にhttps://ではなくssl://を付けます。 Gmailの場合は、ssl://imap.gmail.comと入力します。

    1. 次に、IMAPサーバーポートであるdefault_portを設定します。 SSL接続と非SSL接続は異なるポートを使用するため、必ずSSLポートを使用してください。 GmailのSSLIMAPポートは993を使用します。

    2. フィールドusername_domainは、完全な電子メールアドレスをユーザー名として使用する電子メールプロバイダーにとって便利なオプションです。 このフィールドはオプションです。 電子メール全体ではなくドメインを入力すると、電子メール全体ではなく、@の前に自分の名前だけでRoundcubeにログインできます。 たとえば、フィールドにgmail.comと入力すると、[email protected]userを使用してRoundcubeにログインできるようになります。

    3. auto_create_userチェックボックスが選択されていることを確認します。 チェックされていない場合、Roundcubeは独自のデータベースにユーザーを作成しないため、ログインできなくなります。

    4. 今のところ、sent_mboxなどのすべての*_mboxフィールドはデフォルト値のままにしておきます。 これは後でRoundcube UIで更新でき、ほとんどの電子メールクライアントはこれらのフォルダー名を使用します。

SMTP設定

SMTPサーバーは、電子メールを送信する電子メールの一部です。 IMAPサーバーのセクションと同様に、参照用にSSL URLとポート、Gmailを使用します。

  1. smtp_serverフィールドにSMTPサーバーアドレスを入力します。 GmailのSMTPサーバーはssl://smtp.gmail.comです。

  2. smtp_portフィールドにSSLSMTPサーバーポートを入力します。 GmailのSSLポートは465です。

  3. SMTPとIMAPは2つの別個のサービスであるため、どちらもユーザー名とパスワードが必要です。 Roundcubeでは、上記で設定したIMAPユーザー名とパスワードを使用するオプションが提供されるため、ここで再度設定する必要はありません。 つまり、smtp_user/smtp_passの下のフィールドを空白のままにして、Use the current IMAP username and password for SMTP authenticationの横のチェックボックスをオンにする必要があります。

  4. 最後に、smtp_logのチェックボックスがオンになっていることを確認します。

表示設定とユーザー設定

これらのオプションはすべてデフォルト値のままにします。 Roundcubeのインストールを、それが実行されているオペレーティングシステムとは異なる言語にカスタマイズする場合は、構成ページのRFC1766リンクをクリックし、languageフィールドを更新して手動で設定します。

プラグイン

Roundcubeのプラグインサポートは、このウェブメールクライアントを本当に際立たせるものです。 以下は、インストールできる適切なデフォルトのセットです。 すべてのプラグインはオプションです。つまり、 Roundcubeを使用する必要はありませんが、以下のリストは、エクスペリエンスをより簡単またはより安全にするための優れたセットです。

各プラグインの説明を見て、好きなものをインストールしてください。 ここでプラグインを選択しない場合は、いつでもインストールできます。 これは、これらのプラグインでRoundcubeを事前設定するだけです。

  • archive:Gmailの動作と同様に、[アーカイブ]ボタンが表示されます。

  • emoticons:単にメールで絵文字を使いやすくします。

  • enigma:GPG電子メールの暗号化を許可します。 これをour Roundcube security tutorialで構成する方法について詳しく説明します。

  • filesystem_attachments:ドラフトメールを作成または保存するときに、添付ファイルをRoundcubeサーバーに一時的に保存できるようにするコアプラグイン。

  • hide_blockquote:UIをすっきりさせるために、返信された電子メールの引用部分を非表示にします。

  • identity_select:複数の電子メールアドレス(ID)がある場合、電子メールの作成中にそれらを簡単に選択できます。

  • markasjunk:電子メールをスパムとしてマークし、スパムフォルダに移動できるようにします。

  • newmail_notifier:ブラウザ通知システムを使用して、新しい電子メールを警告します。

最後に、それがすべての設定です。 ページの下部にあるUPDATE CONFIGボタンを押して、設定を保存します。 次にすべてが機能することをテストしましょう。

[[step-6 -—- testing-the-roundcube-configuration]] ==ステップ6—Roundcube構成のテスト

構成を更新すると、ページが更新され、ページの上部にThe config file was saved successfully into RCMAIL_CONFIG_DIR directory of your Roundcube installation.という黄色の情報ボックスが表示されます。

ここから、CONTINUEボタンをクリックして構成をテストします。 依存関係チェックページと同様に、エラーがない場合は、すべての行に緑色のOKマーカーが表示されます。 そうでない場合は、戻って入力内容を再確認してください。

残りの構成をテストするには、IMAPとSMTPのユーザー名とパスワードをTest SMTP configセクションとTest IMAP configセクションに入力し、それぞれSend test emailCheck loginをクリックします。 テストが成功すると、ページがリロードされ、テストしたセクションの下に緑色の「OK」が表示されます。

[.note]#Note: Gmailを使用していて、2段階認証を有効にしている場合、Roundcubeは2段階認証トークンの入力を求める方法を知らないため、generate an app-specific passwordを実行する必要があります。 。

SMTP接続とIMAP接続の両方を確認し、両方が緑色になったら、SSHセッションに戻ってインストーラーディレクトリを削除します。 これにより、他の誰かが新しい構成を生成し、正しい設定を上書きすることを防ぎます。

sudo rm -rf /var/www/roundcube/installer/

これで、サーバーのIPまたはドメイン名を使用してRoundcubeインスタンスにアクセスし、ログインしてメールを確認できます。

結論

Roundcubeでは、Webメールクライアントの柔軟性を備えたネイティブデスクトップクライアントの機能セットと外観を使用できます。 これで完全に機能するインストールになりましたが、完全に安全であることを確認するために追加の手順を実行する必要があります(HTTPSサポートを追加したり、メールにGPG暗号化を使用するなど)。 これを行うには、How to Secure Roundcube on Ubuntu 16.04を実行します。

さらに、新しいテーマをインストールして、クライアントの外観とプラグインを強化し、新しい機能を追加できます。 pluginsとは異なり、テーマを見つけるための中央サイトはありませんが、いくつかを見つける場所としてRoundcube SkinsまたはRoundcube forumsを見つけることができます。

Related