Ubuntu 14.04でOpenLiteSpeedを使用してWordPressをインストールする方法

前書き

WordPressは現在、世界で最も人気のあるコンテンツ管理システム(CMS)です。 PHPを使用してスクリプトを実行し、動的コンテンツを処理することにより、データベースバックエンド上に柔軟なブログとWebサイトを簡単にセットアップできます。 WordPressにはサポートのための大規模なオンラインコミュニティがあり、Webサイトを迅速に立ち上げて実行するための優れた方法です。

このガイドでは、OpenLiteSpeed Webサーバーを使用して、Ubuntu 14.04でWordPressインスタンスをセットアップして実行する方法に焦点を当てます。

前提条件

このガイドを開始する前に、サーバーを準備するために完了する必要があるいくつかの重要な手順があります。

`+ sudo +`権限を持つ非rootユーザーを使用して、このガイドの手順を実行します。 このタイプのユーザーを設定する方法については、https://www.digitalocean.com/community/articles/initial-server-setup-with-ubuntu-14-04 [Ubuntu 14.04の初期サーバーセットアップガイド]をご覧ください。 。

このガイドでは、OpenLiteSpeedまたはMySQLのインストール方法については説明しません。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-the-openlitespeed-web-server-on-ubuntu-14-04のガイドに従って、これらのコンポーネントをインストールおよび構成する方法を学習できます。 [Ubuntu 14.04へのOpenLiteSpeedのインストール]。 これは、MySQLのインストールもカバーします。

最後に、RAMが1ギガバイト未満のサーバーを使用している場合は、スワップファイルを作成して有効にする必要があります。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-add-swap-on-ubuntu-14-04 [このガイド]を実行して、これを行う方法を学びます。

上記にリンクされているガイドを使用してサーバーの準備が完了したら、この記事に進むことができます。

WordPress用のデータベースとデータベースユーザーを作成する

まず、WordPressが使用するデータベースとデータベースユーザーを作成します。

+ root + MySQLユーザー名を使用してMySQLセッションを開始します。

mysql -u root -p

インストール中に選択したMySQL管理パスワードの入力を求められます。 その後、MySQLプロンプトが表示されます。

まず、アプリケーションのデータベースを作成します。 簡単にするため、このガイドではデータベースを「+ wordpress +」と呼びますが、好きな名前を使用できます。

CREATE DATABASE wordpress;

次に、データベースユーザーを作成し、作成したデータベースを管理するためのアクセスを許可します。 このユーザーを「+ wordpressuser 」と呼びますが、再度、別の名前を自由に選択してください。 以下のコマンドの「 password +」をユーザーの強力なパスワードに置き換えます。

GRANT ALL ON wordpress.* TO [email protected] IDENTIFIED BY '';

行った変更をフラッシュして、現在のMySQLプロセスで使用できるようにします。

FLUSH PRIVILEGES;

次に、MySQLプロンプトを終了して、通常のシェルに戻ります。

exit

WordPress用のPHPの構成とコンパイル

データベースを構成したら、先に進み、PHPの構成に焦点を移すことができます。 PHPのカスタマイズバージョンは、OpenLiteSpeedのインストールに含まれています。 ただし、含まれているバージョンには、コンパイルする必要があるPHP拡張機能がありません。 インタープリターがOpenLiteSpeed Webサーバーに接続する方法により、必要なモジュールを使用してカスタムバージョンのPHPを再コンパイルする必要があります。

構成とコンパイルのプロセスを開始する前に、拡張機能が必要とするいくつかのライブラリをUbuntuリポジトリからダウンロードしてインストールする必要があります。 次のように入力して、ローカルパッケージインデックスファイルを更新し、ライブラリをダウンロードします。

sudo apt-get update
sudo apt-get install libgd-dev libmcrypt-dev libcurl4-openssl-dev

コンポーネントがインストールされたら、WebブラウザーでサーバーのドメインまたはIPアドレスとポート「:7080」に移動して、OpenLiteSpeed管理インターフェイスにアクセスします。

https://:7080

プロンプトが表示されたら、インストールチュートリアルでOpenLiteSpeed用に設定したユーザー名とパスワードを使用してログインします。

開始するには、上部のメニューバーの[アクション]メニューから[PHPのコンパイル]を選択します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/compile_php.png [OpenLiteSpeed PHPのコンパイル]

コンパイルするPHPのバージョンを選択できるメニューが表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/select_php_version.png [OpenLiteSpeed PHPバージョンの選択]

「PHP 5」選択メニューから最新バージョンを選択します。 これは事前に選択されているはずですが、確認しても問題ありません。 その行の「次へ」ボタンをクリックして続行します。

次のページで、PHPのコンパイルオプションを選択できます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/select_php_options.png [OpenLiteSpeed PHPオプションの選択]

「Configure Parameters」セクションで、いくつかの追加フラグを追加する必要があります。 具体的には、 +-with-mysql`および -with-curl`パラメーターを追加する必要があります。 サーバーが ` x64 `アーキテクチャを使用している場合は、 `-with-libdir = lib64 +`オプションも追加する必要があります。 オプションの完全なリストは次のようになります。

--with-mysqli --with-zlib --with-gd --enable-shmop --enable-sockets --enable-sysvsem --enable-sysvshm --enable-mbstring --with-iconv --with-mcrypt

完了したら、下部にある[Build PHP [version number]]ボタンをクリックします。

PHPビルドを準備する画面が表示されます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/prepare_php_build.png [OpenLiteSpeed PHPビルドの準備]

準備が正常に完了したら、「次へ」ボタンをクリックしてコンパイルプロセスを続行します。

選択したオプションを使用して、PHPビルドスクリプトが生成されました。 ただし、セキュリティ上の理由から、OpenLiteSpeedは実際にビルドスクリプトを自動的に実行しません。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/manual_php_build.png [OpenLiteSpeedは手動でPHPをビルドする必要があります]

スクリプトを実行するには、ターミナルに戻ってコマンドを実行する必要があります。 ビルドプロセスの出力を確認できるように、ブラウザーページを開いたままにします。 ターミナルで次のように入力します:

sudo /usr/local/lsws/phpbuild/buildphp_manual_run.sh

コンパイルプロセスには非常に長い時間がかかります(5〜20分)。 完了すると、正しい場所に自動的にリンクされ、次回の再起動時に有効になります。 ただし、再起動する前に、仮想ホストのいくつかの側面を構成して、WordPressの準備をします。

WordPressの仮想ホストを構成する

WordPressのインストールに使用できるように、OpenLiteSpeed構成に既に存在するデフォルトの仮想ホストを変更します。

開始するには、管理インターフェイスで、メニューバーの[構成]項目から[仮想ホスト]を選択します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/virtual_host_config.png [OpenLiteSpeed仮想ホスト設定]

「例」仮想ホストで、「表示/編集」リンクをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/edit_virtual_host.png [OpenLiteSpeed仮想ホストの編集]

これにより、仮想ホストの構成を編集できます。

index.php処理を許可する

まず、静的ファイルで処理されないリクエストを処理するために使用できるように、 `+ index.php`ファイルを有効にします。 これにより、WordPressのメインロジックが正しく機能します。

仮想ホストの[全般]タブをクリックしてから、[インデックスファイル]テーブルの[編集]ボタンをクリックして開始します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/edit_index_files.png [OpenLiteSpeed編集インデックスファイル]

有効な「インデックスファイル」のフィールドで、 + index.html`の前に + index.php`を追加して、PHPインデックスファイルが優先されるようにします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/add_index_php.png [OpenLiteSpeed add index.php]

完了したら「保存」をクリックします。

パーマリンクサポートを有効にするためのWordPressリライトの構成

次に、WordPressインストール内でパーマリンクを使用できるように、書き換え手順を設定します。

これを行うには、仮想ホストの「書き換え」タブをクリックします。 次の画面で、「書き換え制御」テーブルの「編集」ボタンをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/enable_rewrites.png [OpenLiteSpeedは書き換えを有効にする]

[書き換えを有効にする]オプションで[はい]を選択します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/rewrite_select_yes.png [OpenLiteSpeed書き換え選択yes]

[保存]をクリックして、メインの書き換えメニューに戻ります。 「書き換えルール」テーブルの「編集」ボタンをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/rewrite_rules.png [OpenLiteSpeed書き換えルール]

すでに存在するルールを削除し、次のルールを追加して、WordPressの書き換えを有効にします。

RewriteRule ^/index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

[保存]ボタンをクリックして、新しい書き換えルールを実装します。

未使用のパスワード保護を削除する

OpenLiteSpeedのインストールに含まれるデフォルトの仮想ホストには、OpenLiteSpeedのユーザー認証機能を紹介するパスワードで保護された領域が含まれています。 WordPressには独自の認証メカニズムが含まれており、OpenLiteSpeedに含まれるファイルベースの認証は使用しません。 WordPressインストールでアクティブな浮遊構成フラグメントを最小限に抑えるために、これらを取り除く必要があります。

まず、「セキュリティ」タブをクリックしてから、「レルムリスト」テーブル内の「SampleProtectedArea」の横にある「削除」リンクをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/security_realm_list.png [OpenLiteSpeedセキュリティレルムリスト]

削除の確認を求められます。 「はい」をクリックして続行します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/confirm_realm_deletion.png [OpenLiteSpeedレルム削除の確認]

次に、「コンテキスト」タブをクリックします。 「コンテキストリスト」で、削除したばかりのセキュリティレルムに関連付けられた「+ / protected / +」コンテキストを削除します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/delete_protected_context.png [OpenLiteSpeed保護コンテキストの削除]

繰り返しますが、「はい」をクリックして削除を確認する必要があります。

同じ手法を使用して、他のコンテキストの一部またはすべてを安全に削除することもできます。 それらは必要ありません。 そうでない場合は、関連するセキュリティレルム(「セキュリティ」タブで削除した)の削除によりエラーが発生するため、「+ / protected / +」コンテキストを具体的に削除します。

サーバーを再起動して変更を実装する

上記のすべての構成が完了したら、OpenLiteSpeedサーバーを正常に再起動して、変更を有効にできます。

メインメニューバーの[アクション]項目に移動し、[グレースフルリスタート]を選択します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/graceful_restart.png [OpenLiteSpeedのグレースフルリスタート]

サーバーが再起動したら、メニューバーの[ホーム]リンクをクリックします。 発生したエラーは、このページの下部に印刷されます。 エラーが表示された場合は、[アクション]をクリックしてから[サーバーログビューアー]をクリックして詳細情報を取得します。

仮想ホストとドキュメントルートディレクトリの準備

WordPressをインストールして設定する前に行う必要がある最後のことは、仮想ホストとドキュメントルートディレクトリをクリーンアップすることです。 前のセクションで述べたように、デフォルトのサイトには、WordPressサイトでは使用しない余分な部分があります。

仮想ホストのルートディレクトリに移動することから始めます。

cd /usr/local/lsws/DEFAULT

最後のセクションの「コンテキスト」タブですべてのエントリを削除した場合、 `+ cgi-bin `および ` fsci-bin +`ディレクトリを完全に削除できます。

sudo rm -rf cgi-bin fcgi-bin

これらのコンテキストを有効のままにした場合、少なくとも次のように入力して、これらのディレクトリに現在存在するスクリプトを削除する必要があります。

sudo rm cgi-bin/* fcgi-bin/*

`+ fastcgi-bin / * +`を削除できないという警告が表示される場合があります。 これは、そのディレクトリに何も存在せず、完全に正常な場合に発生します。

次に、以前に「/ protected /」コンテキストを保護していたパスワードとグループファイルを削除する必要があります。 次のように入力してこれを行います。

sudo rm conf/ht*

最後に、ドキュメントルートディレクトリの現在の内容を消去する必要があります。 次のように入力して、それを行うことができます。

sudo rm -rf html/*

WordPressファイルを転送するためのきれいな場所ができました。

WordPressのインストールと構成

これで、WordPressをダウンロードしてインストールする準備ができました。 次のように入力して、ホームディレクトリに移動し、WordPressの最新バージョンをダウンロードします。

cd ~
wget https://wordpress.org/latest.tar.gz

次のように入力してアーカイブを抽出し、ディレクトリを入力します。

tar xzvf latest.tar.gz
cd wordpress

サンプルのWordPress設定ファイルを `+ wp-config.php +`にコピーできます。これは、WordPressが実際に読み取り、処理するファイルです。 ここにデータベース接続の詳細を配置します:

cp wp-config-sample.php wp-config.php

データベース資格情報を追加できるように、構成ファイルを開きます。

nano wp-config.php

WordPressが設定したデータベースを認証して利用できるように、「+ DB_NAME 」、「 DB_USER 」、「 DB_PASSWORD +」の設定を見つける必要があります。

これらのパラメーターの値に、作成したデータベースの情報を入力します。 これは次のようになります。

// ** MySQL settings - You can get this info from your web host ** //
/** The name of the database for WordPress */
define('DB_NAME', '');

/** MySQL database username */
define('DB_USER', '');

/** MySQL database password */
define('DB_PASSWORD', '');

完了したら、ファイルを保存して閉じます。

これで、ファイルをドキュメントルートにコピーする準備ができました。 これを行うには、次を入力します。

sudo cp -r ~/wordpress/* /usr/local/lsws/DEFAULT/html/

WordPressインターフェースを介して変更を行えるように、Webサーバーが実行されているユーザーにディレクトリ構造全体の許可を与えます。

sudo chown -R nobody:nogroup /usr/local/lsws/DEFAULT/html

WordPressインターフェースを介したインストールの完了

ファイルをインストールしたら、サーバーのドメイン名またはIPアドレスに移動してWordPressインストールにアクセスできます。 前提条件ガイドのOpenLiteSpeedのインストール中にデフォルトサイトのポートをポート80に変更した場合、サイトに直接アクセスできます。

http://

ポート80に切り替えていない場合は、アドレスの末尾に「:8088」を追加する必要があります。 最後のガイドの手順を使用して、サイトを起動するときにポート80に切り替えることを検討してください。

http://:8088

WordPressインストールインターフェースの最初の画面が表示され、言語を選択するよう求められます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/wp_lang_selection.png [WordPress言語を選択]

選択して「続行」をクリックします。

次のページで、作成するサイトに関する情報を入力する必要があります。 これには、サイトのタイトル、管理ユーザー名とパスワード、設定する管理者のメールアカウント、およびWebクローラーを禁止するかどうかの決定が含まれます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/wp_setup.png [WordPressセットアップページ]

インストール後、作成したアカウントを使用してログインする必要があります。 認証されると、WordPress管理ダッシュボードが表示され、サイトを構成できます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/openlitespeed_wp_1404/wp_admin_dashboard.png [WordPress管理ダッシュボード]

これで、WordPressのインストールが完了しました。

結論

このガイドでは、OpenLiteSpeed Webサーバーを使用してUbuntu 14.04にWordPressインスタンスをインストールして設定しました。 この構成は、WordPressとWebサーバー自体の両方を主にWebブラウザーで管理できるため、多くのユーザーにとって理想的です。 これにより、SSHセッションに常にアクセスできるわけではないユーザーや、コマンドラインからWebサーバーを完全に管理することに不安を感じるユーザーにとって、管理と変更が容易になります。

Related