Ubuntu 18.04で管理対象データベースを使用してWordPressをインストールする方法

このチュートリアルの以前のバージョンはJustin Ellingwoodによって書かれました

前書き

WordPressは、インターネット上で最も人気のあるCMS(コンテンツ管理システム)です。 ウェブサイトを迅速に立ち上げて運用するのに最適な選択肢です。初期設定後は、ほとんどすべての管理をウェブフロントエンドから実行できます。

WordPressは、データベースバックエンドからコンテンツ(投稿、コメント、ユーザープロファイル、その他のデータなど)をプルするように設計されています。 Webサイトが成長し、より多くのトラフィックを満足させる必要がある場合、最終的に初期データベースを超える可能性があります。 これを解決するには、データをより多くのRAMまたはCPUを搭載したマシンに移行することでデータベースをスケールアップできますが、これはデータの損失や破損のリスクを伴う退屈なプロセスです。 これが、一部のWordPress開発者がmanaged databasesでWebサイトを構築することを選択する理由です。これにより、ユーザーはデータ損失のリスクをはるかに低く抑えてデータベースを自動的にスケーリングできます。

このガイドでは、マネージドMySQLデータベースとUbuntu18.04サーバーを使用したWordPressインスタンスのセットアップに焦点を当てます。 これには、Web経由でコンテンツを提供するためにPHPApacheをインストールする必要があります。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、次のものが必要です。

  • Access to an Ubuntu 18.04 server:このサーバーには、root以外のsudo対応ユーザーとファイアウォールが構成されている必要があります。 これは、Ubuntu 18.04 initial server setup guideに従って設定できます。

  • A managed MySQL database:DigitalOceanからマネージドMySQLデータベースをプロビジョニングするには、Managed Databases product documentationを参照してください。 このガイドでは例でDigitalOcean Managed Databasesを参照しますが、ここで提供される手順は一般に他のクラウドプロバイダーの管理されたMySQLデータベースでも機能するはずです。

  • A LAMP stack installed on your server:データベースに加えて、WordPressが正しく機能するにはWebサーバーとPHPが必要です。 完全なLAMPスタック(Linux、Apache、MySQL、およびPHP)をセットアップすると、これらの要件がすべて満たされます。 this guideに従って、このソフトウェアをインストールおよび構成します。 このガイドに従うときは、自分が所有するドメイン名を指すようにset up a virtual hostを指定してください。 さらに、mysql-serverをマシンにインストールすると、管理対象データベースインスタンスが冗長になるため、必ずskip Step 2を実行してください。

  • TLS/SSL security implemented for your site:ドメイン名をお持ちの場合、サイトを保護する最も簡単な方法は、無料の信頼できる証明書を提供するLet’sEncryptを使用することです。 これを設定するには、Let’s Encrypt guide for Apacheに従ってください。 これには、ドメイン名を取得し、サーバーにDNSレコードを設定する必要があることに注意してください。 これを構成する方法の詳細については、this introduction to DigitalOcean DNSに従ってください。 または、ドメイン名がない場合は、サイトのuse a self-signed certificateを使用します。

セットアップ手順が完了したら、root以外のユーザーとしてサーバーにログインし、以下に進みます。

[[step-1 -–- adding-the-mysql-software-repository-and-installing-mysql-client]] ==ステップ1-MySQLソフトウェアリポジトリの追加とmysql-clientのインストール

管理されたMySQLインスタンスを設定するには、サーバーからデータベースにアクセスできるようにするクライアントをインストールする必要があります。 この手順では、mysql-clientパッケージをインストールするプロセスについて説明します。

多くの場合、aptコマンドを使用してmysql-clientをインストールできますが、デフォルトのUbuntuリポジトリを使用している場合は、プログラムのバージョン5.7がインストールされます。 DigitalOcean Managed MySQLデータベースにアクセスするには、バージョン8.0以降をインストールする必要があります。 これを行うには、パッケージをインストールする前に、最初にMySQLソフトウェアリポジトリを追加する必要があります。

Webブラウザでthe MySQL APT Repository pageに移動することから始めます。 右下隅にあるDownloadボタンを見つけて、クリックして次のページに進みます。 このページでは、ログインするか、Oracle Webアカウントにサインアップするよう求められます。 それをスキップして、代わりにNo thanks, just start my downloadというリンクを探すことができます。 リンクを右クリックして、Copy Link Addressを選択します(このオプションは、ブラウザによって異なる表現になる場合があります)。

これで、ファイルをダウンロードする準備ができました。 サーバーで、書き込み可能なディレクトリに移動します。

cd /tmp

次のコマンドの強調表示された部分の代わりに、コピーしたばかりのアドレスを貼り付けることを忘れないで、curlを使用してファイルをダウンロードします。 また、2つのコマンドラインフラグをcurlに渡す必要があります。 -Oは、標準出力ではなくファイルに出力するようにcurlに指示します。 Lフラグにより​​、curlはHTTPリダイレクトに従います。これは、ファイルがダウンロードされる前に、コピーしたアドレスが実際には別の場所にリダイレクトされるため、この場合に必要です。

curl -OL https://dev.mysql.com/get/mysql-apt-config_0.8.13-1_all.deb

これで、ファイルが現在のディレクトリにダウンロードされます。 ファイルをリストして確認してください:

ls

出力にファイル名がリストされます:

Outputmysql-apt-config_0.8.13-1_all.deb
. . .

これで、MySQL APTリポジトリをシステムのリポジトリリストに追加できます。 dpkgコマンドは、.debソフトウェアパッケージのインストール、削除、および検査に使用されます。 次のコマンドには、指定されたファイルからインストールすることを示す-iフラグが含まれています。

sudo dpkg -i mysql-apt-config*

インストール中に、他のMySQL関連ツールのリポジトリをインストールするオプションとともに、希望するMySQLのバージョンを指定できる設定画面が表示されます。 デフォルトでは、MySQLの最新の安定バージョンのリポジトリ情報のみが追加されます。 これが必要なので、下矢印を使用してOkメニューオプションに移動し、ENTERを押します。

Selecting mysql-apt-config configuration options

その後、パッケージはリポジトリの追加を完了します。 aptパッケージキャッシュを更新して、新しいソフトウェアパッケージを利用できるようにします。

sudo apt update

次に、システムを少しクリーンアップして、ダウンロードしたファイルを削除することができます。これは将来必要にならないためです。

rm mysql-apt-config*

[。注意]##

Note:これらのリポジトリの構成を更新する必要がある場合は、次のコマンドを実行して新しいオプションを選択してください。

sudo dpkg-reconfigure mysql-apt-config

新しいオプションを選択したら、次のコマンドを実行してパッケージキャッシュを更新します。

sudo apt update

MySQLリポジトリを追加したので、実際のMySQLクライアントソフトウェアをインストールする準備ができました。 これを行うには、次のaptコマンドを使用します。

sudo apt install mysql-client

そのコマンドが終了したら、ソフトウェアのバージョン番号をチェックして、最新のリリースがあることを確認します。

mysql --version
Outputmysql  Ver 8.0.17-cluster for Linux on x86_64 (MySQL Community Server - GPL)

これで、管理対象データベースに接続し、WordPressで機能するための準備を開始できます。

[[step-2 -–- creating-a-mysql-database-and-user-for-wordpress]] ==ステップ2–WordPress用のMySQLデータベースとユーザーの作成

WordPressはMySQLを使用して、サイトおよびユーザー情報を管理および保存します。 すべてのprerequisite tutorialsを完了したとすると、マネージドMySQLインスタンスはすでにプロビジョニングされています。 ここでは、WordPressが使用するデータベースとユーザーを作成する準備手順を実行します。

ほとんどのマネージドデータベースプロバイダーは、データベースインスタンスへの接続に使用されるuniform resource identifier(URI)を提供します。 DigitalOcean Managed Databaseを使用している場合、クラウドコントロールパネルで関連する接続情報を見つけることができます。

まず、左側のサイドバーメニューでDatabasesをクリックし、WordPressのインストールに使用するMySQLデータベースを選択します。 Connection Detailsセクションまで下にスクロールし、hostフィールドにリンクをコピーします。 次に、このリンクを次のコマンドに貼り付け、host_uriをコピーしたばかりの情報に置き換えます。 同様に、portフィールドのポート番号(DigitalOcean管理対象データベースでは25060)をコピーし、portをその番号に置き換えます。 さらに、管理対象データベースに初めて接続し、独自の管理用MySQLユーザーを作成していない場合は、usernameフィールドの値をコピーしてコマンドに貼り付け、userを置き換えます。

mysql -u user -p -h host_uri -P port

このコマンドには、指定したMySQLユーザーのパスワードの入力を求める-pフラグが含まれています。 DigitalOcean管理データベースのデフォルトのdoadminユーザーの場合、これは、Connection Detailsセクションのshowリンクをクリックして、パスワードを表示することで見つけることができます。 プロンプトが表示されたら、コピーして端末に貼り付けます。

[.note]#Note: DigitalOceanマネージドデータベースを使用していない場合、接続オプションが異なる場合があります。 その場合は、サードパーティのアプリケーションをデータベースに接続する手順について、プロバイダーのドキュメントを参照する必要があります。

MySQLプロンプトから、WordPressが制御する新しいデータベースを作成します。 これは好きなように呼び出すことができますが、このガイドでは簡単にするためにwordpressという名前を使用します。 次のように入力して、WordPress用のデータベースを作成します。

CREATE DATABASE wordpress DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_unicode_ci;

[.note]#Note:すべてのMySQLステートメントはセミコロン(;)で終了する必要があります。 問題が発生した場合は、これが存在することを確認してください。

次に、新しいデータベースの操作専用に使用する新しいMySQLユーザーアカウントを作成します。 管理とセキュリティの観点からは、単一目的のデータベースとアカウントを作成することをお勧めします。 このガイドではwordpressuserという名前を使用しますが、必要に応じてこれを自由に変更してください。

次のコマンドを実行しますが、your_server_ipをUbuntuサーバーのIPアドレスに置き換えます。 ただし、これにより、wordpressuserがLAMPサーバーからのみ接続できるように制限されることに注意してください。ローカルコンピューターからWordPressを管理する場合は、代わりにそのマシンのIPアドレスを入力する必要があります。 さらに、データベースユーザーの強力なパスワードを選択してください。

このコマンドは、wordpressusermysql_native_passwordプラグインを使用して認証することを指定していることに注意してください。 MySQL 8.0以降では、デフォルトの認証プラグインはcaching_sha2_passwordであり、これは一般にmysql_native_passwordよりも安全であると考えられています。 ただし、この記事の執筆時点では、PHPはcaching_sha2_passwordをサポートしていません。そのため、このコマンドでmysql_native_passwordを指定します。

CREATE USER 'wordpressuser'@your_server_ip IDENTIFIED WITH mysql_native_password BY 'password';

[。注意]##

Note:サーバーのパブリックIPアドレスがわからない場合は、いくつかの方法で見つけることができます。 通常、これはSSH経由でサーバーに接続するために使用するアドレスです。

1つの方法は、curlユーティリティを使用して外部の関係者に連絡し、itがサーバーをどのように認識しているかを通知することです。 たとえば、curlを使用して、ICanHazIPなどのIPチェックツールに接続できます。

curl http://icanhazip.com

このコマンドは、サーバーのパブリックIPアドレスを出力に返します。

次に、このユーザーに、作成したデータベースへのアクセスを許可します。 これを行うには、次のコマンドを実行します。

GRANT ALL ON wordpress.* TO 'wordpressuser'@your_server_ip;

これで、それぞれWordPress専用に作成されたデータベースとユーザーアカウントが作成されました。 次のように入力して、MySQLを終了します。

exit

これで、管理されたMySQLデータベースをWordPressで機能するように設定できます。 次のステップでは、CMSからより多くの機能を取得するために、いくつかのPHP拡張機能をインストールします。

[[step-3 -–- installing-additional-php-extensions]] ==ステップ3–追加のPHP拡張機能のインストール

prerequisite LAMP stack tutorialに従っていると仮定すると、PHPがMySQLと適切に通信できるようにすることを目的としたいくつかの拡張機能がインストールされています。 WordPressとそのプラグインの多くは、追加のPHP拡張機能を活用して機能を追加しています。

WordPressで使用する一般的なPHP拡張機能をダウンロードしてインストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo apt install php-curl php-gd php-mbstring php-xml php-xmlrpc php-soap php-intl php-zip

[.note]#Note:各WordPressプラグインには独自の要件セットがあります。 追加のPHPパッケージをインストールする必要がある場合もあります。 プラグインのドキュメントをチェックして、必要な拡張機能を確認してください。 利用可能な場合は、上記のようにaptを使用してインストールできます。

次のセクションで、これらの新しい拡張機能をロードするためにApacheを再起動します。 ただし、ここに戻って追加のプラグインをインストールする場合は、次を入力してApacheを再起動できます。

sudo systemctl restart apache2

それ以外の場合は、手順4に進みます。

[[step-4 -–- adjusting-apache-39-s-configuration-to-allow-for-htaccess-overrides-and-rewrites]] ==ステップ4–.htaccessのオーバーライドと書き換えを許可するようにApacheの構成を調整する

ApacheがWordPressのインストールを適切に提供できるようにするには、Apacheの設定を少し調整する必要があります。

前提条件のチュートリアルに従った場合は、/etc/apache2/sites-available/ディレクトリにサイトの構成ファイルが既に存在しているはずです。 ここでは、例として/etc/apache2/sites-available/your_domain.confbut you should substitute the path to your configuration file where appropriateを使用します。

さらに、このWordPressインストールの例では、ルートディレクトリとして/var/www/your_domainを使用します。 You should use the web root specified in your own configuration

[.note]#Note:000-default.confのデフォルト構成を使用している可能性があります(Webルートとして/var/www/htmlを使用)。 これは、このサーバーで1つのWebサイトのみをホストする場合に使用できます。 そうでない場合は、必要な構成を論理チャンクに分割することをお勧めします。サイトごとに1つのファイルです。

現在、.htaccessファイルの使用は無効になっています。 WordPressおよび多くのWordPressプラグインは、Webサーバーの動作をディレクトリ内で調整するためにこれらのファイルを広範囲に使用します。

WebサイトのApache構成ファイルを開きます。

sudo nano /etc/apache2/sites-available/your_domain.conf

.htaccessファイルを許可するには、ドキュメントルートを指すDirectoryブロック内にAllowOverrideディレクティブを設定する必要があります。 構成ファイルのVirtualHostブロック内に次のテキストブロックを追加します。必ず正しいWebルートディレクトリを使用してください。

/etc/apache2/sites-available/your_domain.conf


    AllowOverride All

終了したら、ファイルを保存して閉じます。

次に、mod_rewriteを有効にして、WordPressのパーマリンク機能を使用できるようにします。

sudo a2enmod rewrite

行った変更を実装する前に、構成ファイルに構文エラーがないことを確認してください。

sudo apache2ctl configtest

出力には、次のようなメッセージが含まれる場合があります。

OutputAH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.1.1. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
Syntax OK

一番上の行を抑制したい場合は、/etc/apache2/apache2.confのメイン(グローバル)Apache構成ファイルにServerNameディレクティブを追加するだけです。 ServerNameは、サーバーのドメインまたはIPアドレスにすることができます。 ただし、これは単なるメッセージです。サイトの機能には影響しません。出力にSyntax OKが含まれている限り、続行する準備が整います。

Apacheを再起動して、変更を実装します。

sudo systemctl restart apache2

これで、WordPress自体をダウンロードしてセットアップする準備が整いました。

[[step-5 --- downloading-wordpress]] ==ステップ5–WordPressのダウンロード

サーバーソフトウェアが構成されたので、WordPressをインストールして構成できます。 セキュリティ上の理由から、サイトからWordPressの最新バージョンを入手することを常にお勧めします。

最初に、書き込み可能なディレクトリに移動します。 /tmpは、このステップの目的で機能します。

cd /tmp

次に、次を入力して圧縮リリースをダウンロードします。

curl -O https://wordpress.org/latest.tar.gz

圧縮ファイルを解凍して、WordPressディレクトリ構造を作成します。

tar xzvf latest.tar.gz

これらのファイルを一時的にドキュメントルートに移動します。 その前に、ダミーの.htaccessファイルを追加して、後でWordPressで使用できるようにします。

次のように入力してファイルを作成します。

touch /tmp/wordpress/.htaccess

また、サンプル設定ファイルを、WordPressが実際に読み取るファイル名にコピーします。

cp /tmp/wordpress/wp-config-sample.php /tmp/wordpress/wp-config.php

upgradeディレクトリを作成して、ソフトウェアの更新後にWordPressが単独でこれを実行しようとしたときに、アクセス許可の問題が発生しないようにします。

mkdir /tmp/wordpress/wp-content/upgrade

次に、ディレクトリの内容全体をドキュメントルートにコピーします。 次のコマンドは、ソースディレクトリの最後にピリオドを使用して、隠しファイル(作成したばかりの.htaccessファイルなど)を含む、ディレクトリ内のすべてをコピーする必要があることを示します。

sudo cp -a /tmp/wordpress/. /var/www/your_domain

これで、サーバーにWordPressがダウンロードされます。 ただし、この時点では、ブラウザーのWordPressセットアップインターフェイスにアクセスすることはできません。 これを修正するには、サーバーのWordPress設定にいくつかの変更を加える必要があります。

[[step-6 -–- configuring-the-wordpress-directory]] ==ステップ6–WordPressディレクトリの構成

WebベースのWordPressセットアップを実行する前に、WordPressディレクトリ内のいくつかのアイテムを調整する必要があります。 1つの重要な構成変更には、適切なファイル許可と所有権の設定が含まれます。

www-dataユーザーとグループにすべてのファイルの所有権を与えることから始めます。 これは、Apache WebサーバーがDebianおよびUbuntuシステムで実行されるユーザーです。Apacheは、Webサイトを提供して自動更新を実行するためにWordPressファイルを読み書きできる必要があります。

Webルートディレクトリの所有権をchownで更新します。

sudo chown -R www-data:www-data /var/www/your_domain

次に、次の2つのfindコマンドを実行して、WordPressのディレクトリとファイルに正しい権限を設定します。

sudo find /var/www/your_domain/ -type d -exec chmod 750 {} \;
sudo find /var/www/your_domain/ -type f -exec chmod 640 {} \;

これらは、最初から妥当な許可セットである必要があります。 ただし、一部のプラグインおよび手順では追加の更新が必要になる場合があることに注意してください。

ここで、メインのWordPress構成ファイルにいくつかの変更を加える必要があります。

ファイルを開くとき、ビジネスの最初の順序は、インストールのセキュリティを確保するためにいくつかの秘密鍵を置き換えることです。 WordPressはこれらの値に対して安全なジェネレーターを提供しているため、独自に適切な値を考え出す必要はありません。 これらは内部でのみ使用されるため、ここで複雑で安全な値を使用しても、使いやすさを損なうことはありません。

WordPress秘密鍵ジェネレーターから安全な値を取得するには、次のコマンドを実行します。

curl -s https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/

次のような一意の値が返されます。

[.warning]#Warning!毎回一意の値を要求することが重要です。 NOTはここに示されている値をコピーしますか!

Outputdefine('AUTH_KEY',         '1jl/vqfs

これらは、構成ファイルに直接貼り付けて安全なキーを設定できる構成行です。 今受け取った出力をコピーします。

次に、WordPress構成ファイルを開きます。

sudo nano /var/www/your_domain/wp-config.php

それらの設定のダミー値を含むセクションを見つけます。 これは次のようになります。

/var/www/your_domain/wp-config.php

. . .

define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');

. . .

これらの行を削除し、コマンドラインからコピーした値を貼り付けます。

/var/www/your_domain/wp-config.php

. . .

define('AUTH_KEY',         'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('LOGGED_IN_KEY',    'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('NONCE_KEY',        'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('AUTH_SALT',        'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('LOGGED_IN_SALT',   'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');
define('NONCE_SALT',       'VALUES COPIED FROM THE COMMAND LINE');

. . .

次に、ファイルの先頭にあるデータベース接続設定の一部を変更する必要があります。 まず、'DB_NAME''DB_USER'、および'DB_PASSWORD'フィールドを更新して、MySQL内で構成したデータベース名、データベースユーザー、および関連するパスワードを指定します。

/var/www/your_domain/wp-config.php

. . .
/** The name of the database for WordPress */
define('DB_NAME', 'wordpress');

/** MySQL database username */
define('DB_USER', 'wordpressuser');

/** MySQL database password */
define('DB_PASSWORD', 'password');

. . .

また、'DB_HOST'フィールドのlocalhostを管理対象データベースのホストに置き換える必要があります。 さらに、コロン(:)とデータベースのポート番号をホストに追加します。

/var/www/wordpress/wp-config.php

. . .

/** MySQL hostname */
define( 'DB_HOST', 'managed_database_host:managed_database_port' );

. . .

最後に行う必要がある変更は、WordPressがファイルシステムへの書き込みに使用するメソッドを設定することです。 必要な場所に書き込むためのアクセス許可をWebサーバーにすでに付与しているため、ファイルシステムメソッドをdirectポートに明示的に設定できます。 現在の設定でこれを設定しないと、特定のアクションを実行するときにWordPressがFTP資格情報の入力を求めます。

この設定は、データベース接続設定の下、またはファイル内の他の場所に追加できます。

/var/www/your_domain/wp-config.php

. . .

define('FS_METHOD', 'direct');
. . .

完了したら、ファイルを保存して閉じます。

これらの変更を行ったら、WebブラウザーにWordPressをインストールするプロセスを完了する準備が整いました。 ただし、設定にセキュリティの層を追加するために完了することをお勧めするもう1つの手順があります。

[[step-7 -–- recommended-configuring-wordpress-to-communicate-with-mysql-over-tls-ssl]] ==ステップ7–(推奨)MySQL over TLS / SSLと通信するようにWordPressを構成する

この時点で、WordPressインストールは管理対象MySQLデータベースと通信しています。 ただし、2台のマシン間のデータ転送が安全であるという保証はありません。 このステップでは、TLS / SSL接続を介してMySQLインスタンスと通信するようにWordPressを設定し、2台のマシン間の安全な通信を確保します。

そのためには、管理されたデータベースのCA証明書が必要です。 DigitalOceanマネージドデータベースの場合、Control PanelDatabasesタブにもう一度移動すると、これを見つけることができます。 データベースをクリックして、Connection Detailsセクションを見つけます。 そこにDownload the CA certificateを読み取るボタンがあります。 このボタンをクリックして、証明書をローカルマシンにダウンロードします。

次に、このファイルをWordPressサーバーに転送します。 ローカルマシンがLinuxまたはmacOSを実行している場合は、scpのようなツールを使用できます。

scp /path/to/file/ca-certificate.crt [email protected]_server_ip:/tmp

ローカルマシンがWindowsを実行している場合は、WinSCPなどの代替ツールを使用できます。

CA証明書がサーバーに配置されたら、Ubuntuの信頼できる証明書ストアである/user/local/share/ca-certificates/ディレクトリに移動します。

sudo mv /tmp/ca-certificate.crt /usr/local/share/ca-certificates/

これに続いて、update-ca-certificatesコマンドを実行します。 このプログラムは、/usr/local/share/ca-certificates内の証明書を検索し、新しい証明書を/etc/ssl/certs/ディレクトリに追加し、その内容に基づいて信頼できるSSL証明書のリストを生成します。

sudo update-ca-certificates

次に、wp-config.phpファイルを再度開きます。

nano /var/www/your_domain/wp-config.php

ファイルのどこかに、次の行を追加します。

/var/www/your_domain/wp-config.php

. . .
define('MYSQL_CLIENT_FLAGS', MYSQLI_CLIENT_SSL);
. . .

ファイルを保存して閉じます。

その後、WordPressは管理されたMySQLデータベースと安全に通信します。

[[step-8 -–- completing-the-installation-through-the-web-interface]] ==ステップ8–Webインターフェイスを介したインストールの完了

サーバーの構成が完了したので、WordPress Webインターフェースからインストールを完了できます。

Webブラウザーで、サーバーのドメイン名またはパブリックIPアドレスに移動します。

https://server_domain_or_IP

WordPressまたはApacheの設定にエラーがないと仮定すると、WordPress言語選択のスプラッシュページが表示されます。 使用する言語を選択します。

WordPress language selection

言語を選択すると、メインのセットアップページが表示されます。

WordPressサイトの名前を選択し、ユーザー名を選択します(セキュリティ上の理由から「admin」などを選択しないことをお勧めします)。 強力なパスワードが自動的に生成されます。 このパスワードを保存するか、別の強力なパスワードを入力してください。

メールアドレスを入力し、検索エンジンがサイトのインデックスを作成しないようにするかどうかを選択します。

WordPress setup installation

先にクリックすると、ログインを促すページが表示されます:

WordPress login prompt

ログインすると、WordPress管理ダッシュボードが表示されます:

WordPress login prompt

ここから、新しいWordPressサイトのカスタマイズを開始し、コンテンツの公開を開始できます。 WordPressを初めて使用する場合は、インターフェースを少し調べて、新しいCMSに慣れることをお勧めします。

結論

このガイドを完了すると、WordPressがインストールされ、サーバーで使用できるようになります。 さらに、WordPressインストールは、管理されたMySQLデータベースから投稿、ページ、およびその他のコンテンツを動的にプルします。

一般的な次のステップは、投稿のパーマリンク設定を選択することです。 この設定は、Settings>Permalinksにあります。 Appearance>Themesで新しいテーマを選択することもできます。 サイトへのコンテンツの読み込みを開始したら、configure a CDN to speed up your site’s asset deliveryを実行することもできます。

Related