Ubuntu 14.04にPiwigoフォトギャラリーをインストールする方法

前書き

Piwigoは、GNU General Public License(バージョン2)の下で配布される、無料のオープンソースのカスタマイズ可能なフォトギャラリーソフトウェアプログラムです。

このガイドでは、Ubuntu 14.04上のApache WebサーバーにPiwigoをインストールすることに焦点を当てます。 このチュートリアルの最後に、複数のアルバムを含む機能するフォトギャラリーが作成されます。 ブラウザベースのコントロールパネルから画像を追加し、誰でもウェブからギャラリーを表示できます。

前提条件

開始する前に、これらの前提条件を満たしていることを確認してください。

[[step-1 -—- configure-the-database]] ==ステップ1—データベースを構成します

このセクションでは、Piwigo用のデータベースとMySQLユーザーを作成します。

開始するには、LAMPのインストール中に設定したルートアカウントでMySQLにログインします。

mysql -u root -p

システムはパスワードの入力を求めます。 これは、前提条件のLAMP guideで使用されているものと同じMySQLrootパスワードになります。

Piwigoで使用するデータベースを作成しましょう。 この例では、これをpiwigoと呼びます。

CREATE DATABASE piwigo;

次に、データベースユーザーを作成し、パスワードを割り当てる必要があります。 必要に応じて、piwigouserとは異なるユーザー名を使用できます。必ず、passwordを置き換える必要があります。

CREATE USER [email protected] IDENTIFIED BY 'password';

新しく作成したユーザーにデータベースにアクセスする権限を付与します。

GRANT ALL PRIVILEGES ON piwigo.* TO [email protected];

次に、新しいユーザーを設定し、特権を再読み込みします。

FLUSH PRIVILEGES;

MySQLを終了できます。

exit

[[step-2 -—- download-piwigo]] ==ステップ2—Piwigoをダウンロードします

次に、サーバーからPiwigoの最新バージョンをダウンロードします。

curl -o piwigo.zip http://piwigo.org/download/dlcounter.php?code=latest

圧縮ファイルを抽出するには、「unzip」パッケージをインストールする必要があります。

sudo apt-get install unzip

zipファイルからPiwigoファイルを抽出します。

unzip piwigo.zip

[[step-3 -—- copy-files-to-document-root]] ==ステップ3—ファイルをドキュメントルートにコピーする

PiwigoのファイルをApacheのドキュメントルートにコピーします。

sudo rsync -avP ~/piwigo/ /var/www/html/

または、Piwigoをvirtual hostに設定することもできます。

[[step-4 -—- install-dependencies]] ==ステップ4—依存関係をインストールする

Piwigoで画像を追加および作成できるようにするには、GDグラフィックライブラリがインストールされていることを確認する必要があります。

sudo apt-get install php5-gd

Webサーバーを再起動します。

sudo service apache2 restart

[[step-5 --- complete-installation]] ==ステップ5—完全なインストール

Webブラウザーを開き、ドメイン名またはIPアドレスをURLとして入力します:http://your-server-ip/

Note:デフォルトのApacheページが表示されている場合は、それを削除できます。

sudo rm /var/www/html/index.html

ページを更新。

Piwigoインストールページが表示されます。

Piwigo Installation Page

以下の説明に従って、必要な情報を入力します。

データベース構成

デフォルトでは、HostDatabase tables prefixは自動的に入力され、元の設定のままにすることができます。

次の詳細を入力する必要があります。

  • User:この例では、piwigouserを使用します。 これは、手順1で作成したデータベースユーザーと同じです。

  • Password:このパスワードは、手順1で入力した新しいデータベースパスワードです。

  • Database name:このガイドでは、piwigoを使用します。 これは、ステップ1で作成したMySQLデータベースの名前です

管理構成

このセクションでは、Piwigoコントロールパネルにログインできる新しいユーザー名とパスワードを作成できます。

  • Username: Piwigo Webサイトの新しいユーザー名を作成し、管理パネルにアクセスします。 このガイドでは、ユーザー名として「piwigo」を使用しますが、独自のものを使用することもできます

  • PasswordおよびPassword [confirm]:ログイン用のパスワードを入力し、もう一度確認します

  • Email address:サイト管理者として使用するメールアドレスを入力してください

  • Options:Subscribe to Piwigo Announcements NewsletterSend my connection settings by emailのどちらにするかを選択します–デフォルトでは両方のオプションが選択されています。 メールを受信しないように選択するには、それぞれのチェックボックスをオフにします

すべて入力したら、Start installationボタンをクリックします。 すべてが正しく構成されていれば、成功メッセージが表示されます。そうでない場合、修正が必要なエラーが表示されます。

Congratulations. Piwigo installation is completed

これで、Visit the galleryボタンをクリックしてコントロールパネルにアクセスできます。

[[step-6 -—- add-photos-and-view-the-gallery]] ==ステップ6—写真を追加してギャラリーを表示する

Start the Tourの入力を求められます。 開始するには、そのボタンをクリックする必要があります。 その後、Piwigoのホームページに移動します。

ツアーをクリックするか、End tourボタンをクリックします。

左側のメニューのPhotosの下で、Addをクリックします。

最初の写真を追加する前に、create a new albumリンクをクリックする必要があります。

create a new album

Album nameの下に名前を入力し、Createボタンをクリックします。

Add Photosボタンをクリックして、1つ以上の画像ファイルを選択します。 または、ファイルをブラウザにドラッグアンドドロップできます。 完了したら、Start uploadボタンをクリックします。

Add Photos

ギャラリーにアクセスするには、ページ上部のVisit the galleryリンクをクリックしてください。

Gallery home page

ブラウザでIPアドレスまたはドメインにアクセスすると、いつでもギャラリーにアクセスできます。

PiwigoコントロールパネルのURLに戻るには、http://your_server_ip/admin.phpにアクセスします。

結論

Ubuntu 14.04で実行されているPiwigoフォトギャラリーができました。 ギャラリーの追加機能を発見するために、管理パネルのさまざまなセクションを紹介するライブガイドを起動できます。 メインギャラリービューから、AdministrationPluginsTake a Tourの順にクリックすると、これらのガイドにアクセスできます。

Related