Ubuntu 18.04でRVMを使用してRuby on Railsをインストールする方法

前書き

人気のあるWebアプリケーションフレームワークであるRuby on Railsは、少ないコードを記述しながら成功するプロジェクトを開発できるように設計されています。 Web開発を楽しくし、堅牢なコミュニティでサポートすることを目的として、Ruby on Railsはオープンソースソフトウェアであり、無料で使用でき、改善のための貢献を歓迎しています。

コマンドラインツール* RVM *( R uby V ersion M anager)は、堅牢な開発環境を提供します。 RVMを使用すると、複数のRuby環境を管理および操作し、それらを切り替えることができます。 プロジェクトリポジトリはhttps://github.com/rvm/rvm[git repository]にあります。

このチュートリアルでは、Ruby and Railsのインストールプロセスを説明し、RVMを使用してセットアップします

前提条件

このチュートリアルでは、RVMを介したRuby on Railsのインストールプロセスについて説明します。 このチュートリアルを実行するには、Ubuntu 18.04サーバーでsudo権限を持つ非rootユーザーが必要です。

このセットアップを実現する方法については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-18-04 [手動の初期サーバーセットアップガイド]を参照するか、https:/を実行してください。 /www.digitalocean.com/community/tutorials/automating-initial-server-setup-with-ubuntu-18-04 [自動スクリプト]。

インストール

RVMでRuby on Railsをインストールする最も簡単な方法は、次のコマンドを実行することです。

GNU Privacy Guardの略であるGPGを最新バージョンに更新して、公開キーサーバーに接続し、指定されたIDに関連付けられたキーを要求する必要があります。

sudo apt install gnupg2

ここで更新するには、 `+ sudo +`権限を持つユーザーを使用していますが、残りのコマンドは通常のユーザーが実行できます。

これで、各RVMリリースに署名するためのRVMプロジェクトのキーをリクエストします。 RVMプロジェクトの公開キーがあると、ダウンロードするRVMリリースの正当性を検証できます。これは、一致する秘密キーで署名されています。

gpg2 --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3 7D2BAF1CF37B13E2069D6956105BD0E739499BDB

次に、 `+ / tmp +`ディレクトリなどの書き込み可能な場所に移動して、RVMスクリプトをファイルにダウンロードします。

cd /tmp

`+ curl `コマンドを使用して、プロジェクトのWebサイトからRVMインストールスクリプトをダウンロードします。 コマンドを導くバックスラッシュは、通常の ` curl +`コマンドを使用し、変更されたエイリアスバージョンではないことを保証します。

`+ -s `フラグを追加して、ユーティリティがサイレントモードで動作することを示し、 ` -S `フラグを使用してこれをオーバーライドし、失敗した場合に ` curl `がエラーを出力できるようにします。 ` -L `フラグはリダイレクトに従うようユーティリティに指示し、最後に ` -o +`フラグは標準出力ではなくファイルに出力を書き込むことを示します。

これらの要素をすべてまとめると、完全なコマンドは次のようになります。

curl -sSL https://get.rvm.io -o rvm.sh

ダウンロード後、スクリプトの内容を監査してから適用する場合は、次を実行します。

less /tmp/rvm.sh

その後、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/an-introduction-to-linux-io-redirection#pipes [pipe]で `+ bash +`に追加して、最新の安定したRailsバージョンをインストールします。関連するRubyの最新の安定したリリース。

cat /tmp/rvm.sh | bash -s stable --rails

インストールプロセス中に、通常のユーザーのパスワードの入力を求められる場合があります。 インストールが完了したら、インストールされたディレクトリからRVMスクリプトを入手します。通常、これは `+ home / +`ディレクトリにあります。

source /home//.rvm/scripts/rvm

これで、完全なRuby on Rails環境が構成されているはずです。

特定のRubyおよびRailsバージョンのインストール

アプリケーションのRubyを最新のものだけでなく、特定のバージョンのRubyをインストールする必要がある場合は、RVMでインストールできます。 まず、使用可能なRubyのバージョンを一覧表示して確認します。

rvm list known

次に、RVMを介して必要なRubyの特定のバージョンをインストールします。たとえば、「+」は「 ruby​​-2.4.0 」または単に「+2.4.0」と入力できます。

rvm install

インストール後、次のように入力して、インストールした使用可能なRubyバージョンを一覧表示できます。

rvm list

次のように入力して、Rubyバージョンを切り替えることができます。

rvm use

Railsはgemであるため、 `+ gem +`コマンドを使用してさまざまなバージョンのRailsをインストールすることもできます。 最初に、検索を実行してRailsの有効なバージョンをリストします。

gem search '^rails$' --all

次に、必要なバージョンのRailsをインストールできます。 `+`は ` 5.1.6 +`のようにバージョン番号のみを参照することに注意してください。

gem install rails -v

gemsetsを作成し、通常の `+ gem +`コマンドを使用してそれらにRailsをインストールすることにより、各RubyでさまざまなRailsバージョンを使用できます。

gemsetを作成するには、次を使用します。

rvm gemset create

gemsetの作成時に使用するRubyバージョンを指定するには、次を使用します。

rvm @  --create

gemsetを使用すると、gemの自己完結型の環境と、インストールするRubyのバージョンごとに複数の環境を使用できます。

JavaScriptランタイムをインストールする

Asset PipelineなどのいくつかのRails機能は、JavaScriptランタイムに依存しています。 この機能を提供するのに適したパッケージマネージャーを使用してNode.jsをインストールします。

RVMスクリプトで行ったように、書き込み可能なディレクトリに移動し、Node.jsスクリプトをファイルに出力して検証し、 `+ less +`で読み取ります。

cd /tmp
\curl -sSL https://deb.nodesource.com/setup_10.x -o nodejs.sh
less nodejs.sh

Node.jsスクリプトに満足したら、NodeSource Node.js v10.xリポジトリをインストールできます。

cat /tmp/nodejs.sh | sudo -E bash -

ここで使用される「+ -E +」フラグは、ユーザーの既存の環境変数を保持します。

これで、aptを更新し、それを使用してNode.jsをインストールできます。

sudo apt update
sudo apt install -y nodejs

この時点で、Ruby on Railsインストールのテストを開始し、Webアプリケーションの開発を開始できます。

RVMをアンインストールする方法

RVMを使用したくない場合は、最初に `+ .bashrc +`ファイルのスクリプト呼び出しを削除してからRVMファイルを削除することにより、RVMをアンインストールできます。

最初に、nanoなどのテキストエディターでスクリプト呼び出しを削除します。

nano ~/.bashrc

ファイルのRVM行が表示されている場所までスクロールします。

〜/ .bashrc

...
# Add RVM to PATH for scripting. Make sure this is the last PATH variable change.
export PATH="$PATH:$HOME/.rvm/bin"

行を削除してから、ファイルを保存して閉じます。

次に、次のコマンドでRVMを削除します。

rm -rf ~/.rvm

この時点で、あなたはもはや

結論

ここでは、複数のRuby環境を使用できるように、RVMとRuby on Railsをインストールする方法の基本について説明しました。

次のステップでは、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-use-rvm-to-manage-ruby-installations-and-environments-on-a-vps [ RVMとの連携、およびRVMを使用してRubyインストールを管理する方法]。

Rubyを初めて使用する場合は、https://www.digitalocean.com/community/tutorial_series/how-to-code-in-ruby [Rubyでのコーディング方法]チュートリアルシリーズに従ってRubyのプログラミングについて学習できます。 。

Ruby on Railsアプリケーションのスケーラビリティ、集中化、および制御を強化するには、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-use-postgresql-with-your-ruby-で使用することをお勧めします。 on-rails-application-on-ubuntu-14-04 [PostgreSQL]またはhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-use-mysql-with-your-ruby-on-rails-application -on-ubuntu-14-04 [MySQL]デフォルトのsqlite3データベースではなく。 ニーズが大きくなると、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-scale-ruby-on-rails-applications-across-multiple-droplets-part-1 [scale複数のサーバーにわたるRuby on Railsアプリケーション]。

次の投稿:LinuxサーバーでSSHキーベース認証を構成する方法