Debian 8でRVMを使用してRuby on Railsをインストールする方法

前書き

Ruby on Railsは、サイトやWebアプリの作成を検討している開発者にとって最も人気のあるアプリケーションスタックの1つです。 Rubyプログラミング言語とRails開発フレームワークを組み合わせることで、アプリ開発が簡単になります。

Rubyバージョンマネージャーであるhttps://rvm.io/[RVM]を使用すると、RubyとRailsを簡単にインストールできます。 RVMを使用すると、複数のRuby環境を管理および操作することもできます。

このガイドでは、RVMをDebian 8サーバーにインストールしてから、RVMを使用してRuby on Railsの安定バージョンをインストールします。 うまくいったら、RVMで複数のバージョンのRubyを管理する方法を学びます。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

インストール

RVMを使用してRuby on Railsをインストールする最も簡単な方法は、RVM Webサイトでホストされているインストールスクリプトを実行することです。

最初に、 `+ gpg +`コマンドを使用して公開キーサーバーに接続し、各RVMリリースの署名に使用されるRVMプロジェクトのキーを要求します。 これにより、ダウンロードするRVMリリースの正当性を検証できます。 ホームディレクトリから、次のコマンドを実行します。

gpg --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3

次の出力が表示されます。

Outputgpg: directory `/home/sammy/.gnupg' created
gpg: new configuration file `/home/sammy/.gnupg/gpg.conf' created
gpg: WARNING: options in `/home/sammy/.gnupg/gpg.conf' are not yet active during this run
gpg: keyring `/home/sammy/.gnupg/secring.gpg' created
gpg: keyring `/home/sammy/.gnupg/pubring.gpg' created
gpg: requesting key D39DC0E3 from hkp server keys.gnupg.net
gpg: /home/sammy/.gnupg/trustdb.gpg: trustdb created
gpg: key D39DC0E3: public key "Michal Papis (RVM signing) <[email protected]>" imported
gpg: no ultimately trusted keys found
gpg: Total number processed: 1
gpg:               imported: 1  (RSA: 1)

次に、 `+ curl `コマンドを使用して、プロジェクトのWebサイトからRVMインストールスクリプトをダウンロードします。 コマンドを導くバックスラッシュは、通常の ` curl +`コマンドを使用し、変更されたエイリアスバージョンではないことを保証します。

\curl -sSL https://get.rvm.io -o rvm.sh

`+ -s `フラグはユーティリティがサイレントモードで動作することを示し、 ` -S `フラグは失敗した場合でもエラーを表示するように ` curl `に指示します。 ` -L `フラグはリダイレクトの後に続き、 ` -o +`フラグは標準出力の代わりにファイルに出力を書き込みます。

スクリプトを適用する前にスクリプトの内容を監査するには、テキストエディターで開いてその内容を表示します。

nano rvm.sh

スクリプトの内容に満足したら、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/an-introduction-to-linux-io-redirection#pipes [pipe]スクリプトを `+ bash +`にインストールして、最新の安定したRailsバージョン。Rubyの最新の安定したリリースも取り込みます。

cat rvm.sh | bash -s stable --rails

インストールプロセス中に、通常のユーザーのパスワードの入力を求められます。

Output...

Checking requirements for debian.
Installing requirements for debian.
Updating system

パスワードを入力すると、RVMはRubyのビルドとコンパイルに必要なツールをインストールします。

Output...
Installing required packages: gawk, g++, gcc, make, libc6-dev, libreadline6-dev, zlib1g-dev, libssl-dev, libyaml-dev, libsqlite3-dev, sqlite3, autoconf, libgmp-dev, libgdbm-dev, libncurses5-dev, automake, libtool, bison, pkg-config, libffi-dev
Requirements installation successful.

次に、最新バージョンのRuby、Ruby on Railsフレームワーク、およびその依存関係をダウンロードします。

Output...
ruby-2.3.0 - #configure
ruby-2.3.0 - #download
 % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 24.2M  100 24.2M    0     0  31.4M      0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 31.4M
No checksum for downloaded archive, recording checksum in user configuration.
ruby-2.3.0 - #validate archive
ruby-2.3.0 - #extract
ruby-2.3.0 - #validate binary
ruby-2.3.0 - #setup
ruby-2.3.0 - #gemset created /home/sammy/.rvm/gems/[email protected]
ruby-2.3.0 - #importing gemset /home/sammy/.rvm/gemsets/global.gems..............................
ruby-2.3.0 - #generating global wrappers........
ruby-2.3.0 - #gemset created /home/sammy/.rvm/gems/ruby-2.3.0
ruby-2.3.0 - #importing gemsetfile /home/sammy/.rvm/gemsets/default.gems evaluated to empty gem list
ruby-2.3.0 - #generating default wrappers........
Creating alias default for ruby-2.3.0...

...

36 gems installed

 * To start using RVM you need to run `source /home/sammy/.rvm/scripts/rvm`
   in all your open shell windows, in rare cases you need to reopen all shell windows.

 * To start using rails you need to run `rails new <project_dir>`.

インストールが完了したら、次を入力してRVMスクリプトを入手します。

source ~/.rvm/scripts/rvm

`+ which +`コマンドを使用して、RVMを介してRubyがインストールされていることを確認します。

which ruby

表示される出力は次のようになります。

Output/home/sammy/.rvm/rubies/ruby-/bin/ruby

これで、完全なRuby on Rails環境が構成されました。

特定のRubyおよびRailsバージョンのインストール

アプリケーションのRubyを最新のものだけでなく、特定のバージョンのRubyをインストールする必要がある場合は、RVMでインストールできます。 まず、RVMが最新のリリースであることを確認してください。 このコマンドを実行してRVMを更新し、利用可能なRubyバージョンのリストが最新であることを確認します。

rvm get stable

次に、使用可能なRubyのバージョンをリストして確認します。

rvm list known

次に、RVMで必要なRubyの特定のバージョンをインストールします。たとえば、「+」は「 ruby​​-2.3.0 」または単に「+2.3.0」と入力できます。

rvm install

インストール後、次のように入力して、インストールした使用可能なRubyバージョンを一覧表示します。

rvm list

次のように入力して、Rubyバージョンを切り替えることができます。

rvm use

Railsはgemであるため、 `+ gem +`コマンドを使用してさまざまなバージョンのRailsをインストールすることもできます。 最初に、検索を実行してRailsの有効なバージョンをリストします。

gem search '^rails$' --all

次に、目的のバージョンのRailsをインストールします。 `+`は ` 4.2.7 +`のようにバージョン番号のみを参照することに注意してください。

gem install rails -v

gemsetsを作成し、通常の `+ gem +`コマンドを使用してそれらにRailsをインストールすることにより、各RubyバージョンでさまざまなRailsバージョンを使用できます。

rvm gemset create  # create a gemset
rvm @  # specify Ruby version and our new gemset
gem install rails -v

Gemsetsは、Rubyアプリケーションに自己完結型の環境を提供し、インストールするRubyのバージョンごとに複数の環境を可能にします。 つまり、多くのバージョンのRubyでアプリケーションを簡単にテストして、発生する可能性のある問題を確認できます。

結論

RVMとRuby on Railsをインストールしたので、Webアプリケーションの開発またはデプロイを開始できます。 RVMとの連携とその方法RVMを使用してRubyインストールを管理するには。 ニーズが大きくなると、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-scale-ruby-on-rails-applications-across-multiple-droplets-part-1 [scale Ruby on Rails複数のサーバーにわたるアプリケーション]。

Related