Ubuntu 18.04でrbenvを使用してRuby on Railsをインストールする方法

前書き

https://rubyonrails.org [Ruby on Rails]は、サイトやWebアプリの作成を検討している開発者にとって最も人気のあるアプリケーションスタックの1つです。 Rubyプログラミング言語とRails開発フレームワークを組み合わせることで、アプリ開発が簡単になります。

コマンドラインツールhttps://github.com/rbenv/rbenv[rbenv]を使用して、RubyとRailsを簡単にインストールできます。 rbenvを使用すると、Rubyバージョンを簡単に切り替えてチーム全体を同じバージョンに保つことができるため、Ruby on Railsアプリケーションを開発するための強固な環境が提供されます。

rbenvは、アプリケーション固有のRubyバージョンの指定をサポートし、ユーザーごとにグローバルRubyを変更できます。また、環境変数を使用してRubyバージョンをオーバーライドできます。

このチュートリアルでは、rbenvを介してRubyおよびRailsのインストールプロセスを説明します。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

ステップ1 – rbenvと依存関係のインストール

Rubyは、パッケージマネージャーからインストールできるいくつかのパッケージに依存しています。 これらがインストールされたら、rbenvをインストールし、それを使用してRubyをインストールできます。

まず、パッケージリストを更新します。

sudo apt update

次に、Rubyのインストールに必要な依存関係をインストールします。

sudo apt install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm5 libgdbm-dev

依存関係がダウンロードされたら、rbenv自体をインストールできます。 GitHubのrbenvリポジトリをディレクトリ `+〜/ .rbenv +`にクローンします:

git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

次に、 + rbenv`コマンドラインユーティリティを使用できるように、 〜/ .rbenv / bin`を ` $ PATH `に追加します。 `〜/ .bashrc +`ファイルを変更して、今後のログインセッションに影響を与えるようにしてください:

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc

次に、コマンド `+ eval" $(rbenv init-) "`を `〜/ .bashrc +`ファイルに追加して、rbenvが自動的にロードされるようにします。

echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

次に、 `+〜/ .bashrc +`ファイルに加えた変更を現在のシェルセッションに適用します。

source ~/.bashrc

`+ type `コマンドを使用してrbenvが適切に設定されていることを確認します。これにより、 ` rbenv +`コマンドに関する詳細情報が表示されます。

type rbenv

端末ウィンドウには次が表示されます。

Outputrbenv is a function
rbenv ()
{
   local command;
   command="${1:-}";
   if [ "$#" -gt 0 ]; then
       shift;
   fi;
   case "$command" in
       rehash | shell)
           eval "$(rbenv "sh-$command" "[email protected]")"
       ;;
       *)
           command rbenv "$command" "[email protected]"
       ;;
   esac
}

次に、https://github.com/rbenv/ruby-build [ruby-build]、プラグインをインストールします。 このプラグインは、 `+ rbenv install +`コマンドを追加し、新しいバージョンのRubyのインストールプロセスを簡素化します。

git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

この時点で、rbenvとruby-buildの両方がインストールされています。 次にRubyをインストールしましょう。

ステップ2 – ruby​​-buildでRubyをインストールする

`+ ruby​​-build +`プラグインがインストールされたら、簡単なコマンドで必要なRuby yのバージョンをインストールできます。 まず、使用可能なすべてのRubyバージョンをリストします。

rbenv install -l

そのコマンドの出力は、インストールを選択できるバージョンの長いリストです。

Rubyをインストールしましょう。

rbenv install

Rubyのインストールには時間がかかる場合があるため、インストールに時間がかかるように準備してください。

インストールが完了したら、 `+ global +`サブコマンドを使用してRubyのデフォルトバージョンとして設定します。

rbenv global

バージョン番号を確認して、Rubyが正しくインストールされたことを確認します。

ruby -v

Rubyのバージョン2.5.1をインストールした場合、上記のコマンドへの出力は次のようになります。

Outputruby 2.5.1p57 (2018-03-29 revision 63029) [x86_64-linux]

Rubyの異なるバージョンをインストールして使用するには、「+ rbenv install 」や「 rbenv global 」のように、異なるバージョン番号で「 rbenv +」コマンドを実行します。

これで、少なくとも1つのRubyバージョンがインストールされ、デフォルトのRubyバージョンが設定されました。 次に、gemsとRailsをセットアップします。

ステップ3 –宝石の使用

宝石は、Rubyライブラリの配布方法です。 これらのgemを管理するには、 `+ gem +`コマンドを使用します。 このコマンドを使用してRailsをインストールします。

gemをインストールすると、インストールプロセスによりローカルドキュメントが生成されます。 これにより、各gemのインストールプロセスにかなりの時間がかかる可能性があるため、この機能をオフにする設定を含む「+〜/ .gemrc +」というファイルを作成して、ローカルドキュメント生成をオフにします。

echo "gem: --no-document" > ~/.gemrc

Bundlerは、プロジェクトのgem依存関係を管理するツールです。 次にBundler gemをインストールします。 Railsはそれに依存しているため。

gem install bundler

次のような出力が表示されます。

OutputFetching: bundler-1.16.2.gem (100%)
Successfully installed bundler-1.16.2
1 gem installed

`+ gem env `コマンド(サブコマンド ` env `は ` environment `の略です)を使用して、gemの環境と設定についてさらに学ぶことができます。 次のように、 ` home +`引数を使用してgemがインストールされている場所を確認できます。

gem env home

次のような出力が表示されます。

/home//.rbenv/versions//lib/ruby/gems/

gemをセットアップしたら、Railsをインストールできます。

ステップ4 – Railsのインストール

Railsをインストールするには、 + gem install`コマンドと + -v`フラグを使用してバージョンを指定します。 このチュートリアルでは、バージョン `+ 5.2.0 +`を使用します。

gem install rails -v

`+ gem +`コマンドは、指定したgemとすべての依存関係をインストールします。 Railsは複雑なWeb開発フレームワークであり、多くの依存関係があるため、プロセスの完了には時間がかかります。 最終的に、Railsがインストールされていることを示すメッセージとその依存関係が表示されます。

Output...
Successfully installed rails-
38 gems installed

rbenvは、* shims *のディレクトリを作成することで機能します。このディレクトリは、現在有効になっているRubyバージョンで使用されるファイルを指します。 `+ rehash +`サブコマンドを介して、rbenvはそのディレクトリにshimsを保持し、サーバーにインストールされているRubyのすべてのバージョンのすべてのRubyコマンドに一致させます。 Railsのように、Rubyの新しいバージョンまたはコマンドを提供するgemをインストールするたびに、次を実行する必要があります。

rbenv rehash

次のコマンドを使用して、バージョンを印刷して、Railsが適切にインストールされていることを確認します。

rails -v

正しくインストールされていれば、インストールされたRailsのバージョンが表示されます。

OutputRails 5.2.0

この時点で、Ruby on Railsインストールのテストを開始し、Webアプリケーションの開発を開始できます。 rbenvを最新の状態に保つことを見てみましょう。

ステップ5 – rbenvの更新

Gitを使用してrbenvを手動でインストールしたため、 `〜/ .rbenv +`ディレクトリで ` git pull +`コマンドを使用して、いつでもインストールを最新バージョンにアップグレードできます。

cd ~/.rbenv
git pull

これにより、利用可能なrbenvの最新バージョンを使用していることが保証されます。

ステップ6 – Rubyバージョンのアンインストール

Rubyの追加バージョンをダウンロードすると、 `〜/ .rbenv / versions +`ディレクトリに必要以上のバージョンが蓄積される場合があります。 これらの以前のバージョンを削除するには、「 ruby​​-build + `plugin」の「+ uninstall +」サブコマンドを使用します。

たとえば、これを入力すると、Rubyバージョンがアンインストールされます。

rbenv uninstall

`+ rbenv uninstall +`コマンドを使用すると、Rubyの古いバージョンをクリーンアップして、現在使用しているものより多くインストールしないようにすることができます。

ステップ7 – rbenvのアンインストール

rbenvを使用したくない場合は、システムから削除できます。

これを行うには、まずエディターで `+〜/ .bashrc`ファイルを開きます:

nano ~/.bashrc

ファイルから次の2行を見つけて削除します。

〜/ .bashrc

...
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

ファイルを保存し、エディターを終了します。

次に、次のコマンドを使用して、rbenvおよびインストールされているすべてのRubyバージョンを削除します。

rm -rf `rbenv root`

ログアウトしてから再度ログインし、変更をシェルに適用します。

結論

このチュートリアルでは、 `+ rbenv +`とRuby on Railsをインストールしました。 ここから、これらの環境をより堅牢にするための詳細を学ぶことができます。

https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-use-postgresql-with-your-ruby-on-rails-application-on-ubuntu-14-04でRuby on Railsを使用する方法を調べてください[ PostgreSQL]またはhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-use-mysql-with-your-ruby-on-rails-application-on-ubuntu-14-04[MySQL]ではなくデフォルトのsqlite3データベース。これにより、アプリケーションのスケーラビリティ、集中化、および安定性が向上します。 ニーズが大きくなると、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-scale-ruby-on-rails-applications-across-multiple-droplets-part-1 [scale複数のサーバーにわたるRuby on Railsアプリケーション]。

前の投稿:Ubuntu 18.04に最新のMySQLをインストールする方法
次の投稿:Ubuntu 14.04でOrientDBデータベースをインポートおよびエクスポートする方法