Debian 8でrbenvを使用してRuby on Railsをインストールする方法

前書き

サイトやWebアプリを作成しようとしている開発者に最も人気のあるアプリケーションスタックの1つは、Ruby on Railsです。 アプリケーション開発は、Rubyプログラミング言語とRails開発フレームワークを組み合わせて使用​​することで簡素化されます。

コマンドラインツール* rbenv *を使用すると、RubyとRailsをインストールおよび管理できます。 rbenvを使用すると、Ruby on Railsアプリケーションを開発するための堅牢な環境が提供され、必要に応じてRubyバージョン間を移動でき、チーム全体を同じバージョンに保つことができます。 プロジェクトリポジトリはhttps://github.com/rbenv/rbenv[GitHub]にあります。

rbenvは、アプリケーション固有のRubyバージョンの指定をサポートし、ユーザーごとにグローバルRubyを変更できます。また、環境変数を使用してRubyバージョンをオーバーライドできます。

前提条件

このチュートリアルでは、Debian 8でのrbenvを介したRubyおよびRailsのインストールプロセスについて説明します。 このチュートリアルを実行するには、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-debian-8 [non-root user]を持つDebian 8サーバーが必要です。

依存関係の更新とインストール

最初に、このセッションで `+ apt `を使用するのは初めてなので、 ` apt-get +`を更新する必要があります。 これにより、ローカルパッケージキャッシュが更新されます。

sudo apt-get update

次に、rbenvとRubyに必要な依存関係を `+ apt-get`でインストールしましょう。

sudo apt-get install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm3 libgdbm-dev

Gitからrbenvのクローンを作成するため、Gitもインストールします。

sudo apt-get install git-core

必要なシステム依存関係をすべてインストールしたら、rbenv自体のインストールに進むことができます。

rbenvをインストールする

これでrbenvをインストールする準備ができました。 Gitからrbenvリポジトリをクローンしましょう。 これらの手順は、Rubyを実行する予定のユーザーアカウントから完了する必要があります。

git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

ここから、rbenvコマンドラインユーティリティを使用できるように、「〜/ .rbenv / bin」を「 $ PATH」に追加する必要があります。 また、 `〜/ .rbenv / bin / rbenv init +`を `〜/ .bash_profile +`に追加すると、rbenvを自動的にロードできます。

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

次に、次を入力してrbenvをソースします。

source ~/.bashrc

`+ type +`コマンドを使用してrbenvが適切に設定されているかどうかを確認できます。このコマンドはrbenvに関する詳細情報を表示します:

type rbenv

端末ウィンドウは次を出力するはずです。

Outputrbenv is a function
rbenv ()
{
   local command;
   command="$1";
   if [ "$#" -gt 0 ]; then
       shift;
   fi;
   case "$command" in
       rehash | shell)
           eval "$(rbenv "sh-$command" "[email protected]")"
       ;;
       *)
           command rbenv "$command" "[email protected]"
       ;;
   esac
}

Rubyの新しいバージョンのインストールプロセスを簡素化する `+ rbenv install +`コマンドを使用するには、https://github.com/rbenv/ruby-build [ruby-build]をインストールする必要があります。 Gitを介したrbenvのプラグイン:

git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

この時点で、rbenvとruby-buildの両方がインストールされているはずです。Rubyのインストールに進みます。

Rubyをインストールする

ruby-build rbenvプラグインがインストールされたら、簡単なコマンドで必要なRubyのバージョンをインストールできます。 まず、使用可能なすべてのRubyバージョンをリストします。

rbenv install -l

そのコマンドの出力は、インストールを選択できるバージョンの長いリストです。

次に、特定のバージョンのRubyをインストールします。 Rubyのインストールは長いプロセスになる可能性があるため、インストールが完了するまでしばらく時間がかかることに注意してください。

ここの例として、Rubyバージョンをインストールしましょう:

rbenv install

別のバージョンをインストールして使用する場合は、「+ rbenv install 」および「 rbenv global 」のように、異なるバージョン番号で「 rbenv +」コマンドを実行します。

インストールプロセスには時間がかかる場合があります。 インストールが完了すると、ユーザーの名前で同様の出力が表示されます。

Output-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby//ruby-tar.bz2
Installing ruby-...
Installed ruby- to /home//.rbenv/versions/

次に、 `+ global +`サブコマンドを使用して、デフォルトバージョンとしてインストールしたばかりのバージョンを設定します。

rbenv global

`+ ruby​​ +`コマンドを使用してバージョン番号を確認し、すべてが準備完了であることを確認します。

ruby -v

Rubyのバージョン2.3.3をインストールした場合、上記のコマンドへの出力は次のようになります。

Outputruby 2.3.3p222 (2016-11-21 revision 56859) [x86_64-linux]

これで、少なくとも1つのRubyバージョンがインストールされ、デフォルトのRubyバージョンが設定されました。 次に、gemsとRailsをセットアップします。

宝石を扱う

宝石は、Rubyの機能を拡張するパッケージです。 `+ gem +`コマンドを使用してRailsをインストールします。

Railsのインストールプロセスがそれほど長くないように、インストールする各gemのローカルドキュメントをオフにします。 また、Bundler gemをインストールして、アプリケーションの依存関係を管理します。

echo "gem: --no-document" > ~/.gemrc
gem install bundler

そのインストールプロセスが完了すると、同様の出力が表示されます。

OutputFetching: bundler-1.13.6.gem (100%)
Successfully installed bundler-1.13.6
1 gem installed

`+ gem env `コマンド(サブコマンド ` env `は ` environment `の略です)を使用して、gemの環境と設定についてさらに学ぶことができます。 ` home +`引数を使用してgemがインストールされている場所を確認できます。これは、サーバー上のgemがインストールされている場所への経路を示します。

gem env home

出力は次のようになります。

/home//.rbenv/versions//lib/ruby/gems/2.3.0

gemをセットアップしたら、Railsのインストールに進むことができます。

Railsをインストールする

同じユーザーとして、 `+ gem install +`コマンドでRailsの最新バージョンをインストールできます:

gem install rails

このインストールプロセス全体を通じて、Railsが最後までに正常にインストールされたことを確認する出力が表示されます。

特定のバージョンのRailsをインストールする場合は、検索を実行して有効なバージョンのRailsをリストできます。これにより、可能なバージョンの長いリストが出力されます。 その後、次のような特定のバージョンをインストールできます。

gem search '^rails$' --all
gem install rails -v

rbenvは、* shims *のディレクトリを作成することで機能します。このディレクトリは、現在有効になっているRubyバージョンで使用されるファイルを指します。 `+ rehash +`サブコマンドを介して、rbenvはそのディレクトリにshimsを保持し、サーバーにインストールされているRubyのすべてのバージョンのすべてのRubyコマンドに一致させます。 Rubyの新しいバージョンまたはコマンドを提供するgemをインストールするたびに、次を実行する必要があります。

rbenv rehash

これが成功すると出力が表示されないため、次のコマンドを使用して、バージョンを印刷することでRailsが正しくインストールされたことを確認できます。

rails -v

正しくインストールされていれば、インストールされたRailsのバージョンが表示されます。 これで、Ruby on Rails環境のセットアップを続行できます。

JavaScriptランタイムをインストールする

Asset PipelineなどのいくつかのRails機能は、JavaScriptランタイムに依存しています。 Node.jsをインストールして、この機能を提供します。

まず、 `+ / tmp `などの書き込み可能なディレクトリに移動できます。 そこから、Node.jsスクリプトをファイルに出力して確認し、 ` less +`で読み取ります。

cd /tmp
\curl -sSL https://deb.nodesource.com/setup_6.x -o nodejs.sh
less nodejs.sh

Node.jsスクリプトに満足したら、「+ q 」と入力して「 less +」を終了できます。

NodeSource Node.js v6.xリポジトリをインストールできます。

cat /tmp/nodejs.sh | sudo -E bash -

ここで使用される「+ -E +」フラグは、ユーザーの既存の環境変数を保持します。

インストールが完了したら、 `+ apt-get +`を使用してNode.Jsをインストールできます。

sudo apt-get install -y nodejs

この時点で、Ruby on Railsインストールのテストを開始し、Webアプリケーションの開発を開始できます。

rbenvの更新

Gitを使用してrbenvを手動でインストールしたので、いつでもインストールを最新バージョンにアップグレードできます。

cd ~/.rbenv
git pull

これにより、利用可能なrbenvの最新バージョンを使用していることが保証されます。

Rubyバージョンのアンインストール

Rubyのより多くのバージョンをダウンロードすると、 `+〜/ .rbenv / versions +`ディレクトリに必要なバージョンより多くのバージョンが蓄積される場合があります。

ruby-buildプラグインを使用して、 `+ uninstall +`サブコマンドで削除プロセスを自動化します。 たとえば、Rubyをインストールした場合、これを入力するとアンインストールされます。

rbenv uninstall

`+ rbenv uninstall +`コマンドを使用すると、現在使用している以上のバージョンがインストールされないように、Rubyのバージョンをクリーンアップできます。

もっと学ぶ

ここでは、複数のRuby環境を使用できるように、rbenvとRuby on Railsのインストール方法の基本について説明しました。 ニーズが大きくなると、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-scale-ruby-on-rails-applications-across-multiple-droplets-part-1 [scale複数のサーバーにわたるRuby on Railsアプリケーション]。

Related