RVMを使用してRuby on RailsをFreeBSD 10.1にインストールする方法

前書き

Ruby on Rails、または略してRoRは、Rubyで書かれた非常に人気のあるフルスタックWebアプリケーション開発フレームワークです。 MVC(model-view-controller)パターンに準拠するWebアプリケーションを迅速に開発できます。

このチュートリアルでは、FreeBSD 10.1サーバーでRVMを使用してRuby on Rails開発環境をセットアップする方法について説明します。

前提条件

始める前に、必要なものは次のとおりです。

  • FreeBSD 10.1ドロップレット。

  • * root 特権を持つユーザー。 (デフォルトの freebsd *ユーザーで問題ありません。)

ステップ1-bashをデフォルトのシェルとして設定

このチュートリアルでは、Rubyバージョンマネージャー(略してRVM)を使用してRubyをインストールします。 RVMはbash 3.2.25以降で最適に機能するため、この手順ではbashをインストールし、デフォルトのシェルとして設定します。

始める前に、FreeBSD 10.1サーバーにログインしてください。

次に、 `+ pkg +`を使用してbashの最新バージョンをインストールします。

sudo pkg install bash

bashを機能させるには、 `+ / etc / fstab `に行を追加する必要があります。 ` ee +`またはお気に入りのテキストエディタを使用してファイルを開きます。

sudo ee /etc/fstab

以下に示すように、ファイルの末尾に行「+ fdesc / dev / fd fdescfs rw 0 0+」を追加します。

/ etc / fstab

# Custom /etc/fstab for FreeBSD VM images
/dev/gpt/rootfs /       ufs     rw      2       2
/dev/gpt/swapfs none    swap    sw      0       0

ファイルを保存して終了し、新しいエントリをマウントします。

sudo mount -a

bashがインストールされたので、 `+ chsh +`コマンドを使用してデフォルトのシェルとして設定します。

sudo chsh -s bash

bashの使用を開始するには、ログアウトしてからサーバーに再度ログインします。 ログアウトしたくない場合は、次のように入力して手動でbashセッションを開始できます。

bash

ステップ2-RVMのインストール

このステップでは、RVMをインストールします。

RVMインストーラーをダウンロードするには、最初に `+ curl +`をインストールする必要があります。

sudo pkg install curl

`+ / tmp +`ディレクトリに移動します。

cd /tmp

`+ https:// get.rvm.io +`からRVMインストーラースクリプトをダウンロードします。

curl -sSL https://get.rvm.io -o installer.sh

最後に、スクリプトを使用して、RVMの最新の安定したリリースをインストールします。

bash installer.sh stable

RVMはシェルのスタートアップ構成にいくつかの変更を加えるため、これらの変更をアクティブにするための推奨される方法は、現在のセッションからログアウトし、再度ログインすることです。 または、次のコマンドを実行して、現在のセッションに手動で変更を適用できます。

. ~/.rvm/scripts/rvm

ステップ3-Rubyのインストール

RVMを使用して、任意のバージョンのRubyをインストールできるようになりました。 * 2.2.2 *は2015年6月現在入手可能な最新の安定バージョンであるため、このバージョンをインストールします。

rvm install

これには少し時間がかかります。 インストールが完了したら、システムで使用可能なルビーをリストします。

rvm list

インストールが成功した場合、以下が表示されます。

rvmリスト出力

rvm rubies

=* ruby-2.2.2 [ i386 ]

# => - current
# =* - current && default
#  * - default

`+ $ PATH +`にRuby 2.2.2が存在することを確認するには、次のように入力します:

ruby -v

次のようなメッセージが表示されます。

ruby -vの出力

ruby 2.2.2p95 (2015-04-13 revision 50295) [x86_64-freebsd10.1]

ステップ4-Ruby on Railsのインストール

このステップでは、Ruby on Railsをインストールします。

Ruby on Railsはgemであるため、 `+ gem install rails `を使用してRubyGems(Rubyのパッケージ管理フレームワーク)を使用して簡単にインストールできます。 ただし、このインストールには他の多くのgem(一部はコンパイルする必要がある)とそれらのドキュメントファイルが含まれているため、完了するのに時間がかかります。 ドキュメントのインストールをスキップする `-no-rdoc --no-ri +`フラグを追加することで、このコマンドを大幅に高速化できます。

オプションでドキュメントなしで、Ruby on Railsをインストールします。

gem install rails

Rails Assets Pipelineが機能するには、サーバーにJavascriptランタイムが存在する必要があります。 最も簡単な方法は、 `+ pkg +`を使用してNode.jsをインストールすることです。

sudo pkg install node-devel

ステップ5-テストプロジェクトの作成

Railsのインストールが完了したので、 `+ / tmp +`ディレクトリ内に空のプロジェクトを作成してテストしましょう。

まだ `+ / tmp +`ディレクトリにいない場合は、それに変更します。

cd /tmp

`+ rails +`コマンドを使用して、* test-project *(または好きなもの)と呼ばれる新しいプロジェクトを作成します。

rails new

プロジェクトディレクトリを入力します。

cd /

最後に、Railsコンソールを起動してみてください。

rails c

Railsのインストールが成功した場合、次のプロンプトが表示されます。

レールcプロンプト

Loading development environment (Rails 4.2.1)
2.2.2 :001 >

`+ exit +`を入力してプロンプトを終了できます。

exit

結論

このチュートリアルでは、FreeBSD 10.1サーバーでRuby on Railsをセットアップする方法を学びました。 これで、FreeBSDサーバーをRailsプロジェクトの開発環境として使用できます!

その間に、RVMを使用してRubyをインストールする方法も学びました。 RMVの詳細については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-use-rvm-to-manage-ruby-installations-and-environments-on-でこのチュートリアルをご覧ください。 a-vps [RVMを使用してRuby環境を管理する方法]。

Related