Ubuntu 16.04にMySQLをインストールする方法

前書き

MySQLは、一般的なhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-linuxの一部として一般にインストールされるオープンソースのデータベース管理システムです-apache-mysql-php-lamp-stack-on-ubuntu-16-04 [LAMP](Linux、Apache、MySQL、PHP / Python / Perl)スタック。 リレーショナルデータベースとSQL(Structured Query Language)を使用してデータを管理します。

インストールの短いバージョンは簡単です。パッケージインデックスを更新し、 `+ mysql-server +`パッケージをインストールしてから、付属のセキュリティスクリプトを実行します。

sudo apt-get update
sudo apt-get install mysql-server
mysql_secure_installation

このチュートリアルでは、Ubuntu 16.04サーバーにMySQLバージョン5.7をインストールする方法について説明します。 ただし、既存のMySQLインストールをバージョン5.7に更新する場合は、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-prepare-for-your-mysql-5-7-を読むことができます。代わりに[このMySQL 5.7アップデートガイド]をアップグレードしてください。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

ステップ1-MySQLのインストール

Ubuntu 16.04では、デフォルトでMySQLの最新バージョンのみがAPTパッケージリポジトリに含まれています。 執筆時点では、それはMySQL 5.7です

これをインストールするには、サーバーのパッケージインデックスを更新し、デフォルトのパッケージを `+ apt-get +`でインストールします。

sudo apt-get update
sudo apt-get install mysql-server

インストール中にルートパスワードを作成するように求められます。 後で必要になるため、安全なものを選択して覚えておいてください。 次に、MySQLの構成を完了します。

ステップ2-MySQLの構成

新規インストールの場合は、付属のセキュリティスクリプトを実行する必要があります。 これにより、リモートルートログインやサンプルユーザーなどの安全性の低いデフォルトオプションの一部が変更されます。 MySQLの古いバージョンでは、データディレクトリも手動で初期化する必要がありましたが、現在は自動的に初期化されています。

セキュリティスクリプトを実行します。

mysql_secure_installation

これにより、手順1で作成したルートパスワードの入力が求められます。 ルートパスワードを変更するかどうかを尋ねる質問を除き、「+ Y 」を押してから「 ENTER +」を押して、以降のすべての質問のデフォルトを受け入れることができます。 手順1で設定するだけなので、今すぐ変更する必要はありません。 これらのオプションの詳細なウォークスルーについては、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-linux-apache-mysql-php-lamp-stack-on-ubuntu-16-をご覧ください。 04#step-2-install-mysql [LAMPインストールチュートリアルのこのステップ]。

MySQLデータディレクトリを初期化するには、5.7.6より前のバージョンでは `+ mysql_install_db `を使用し、5.7.6以降では ` mysqld --initialize +`を使用します。 ただし、ステップ1のようにMySQLをDebianディストリビューションからインストールした場合、データディレクトリは自動的に初期化されました。何もする必要はありません。 とにかくコマンドを実行しようとすると、次のエラーが表示されます。

出力

2016-03-07T20:11:15.998193Z 0 [ERROR] --initialize specified but the data directory has files in it. Aborting.

最後に、MySQLインストールをテストしましょう。

ステップ3-MySQLのテスト

インストール方法に関係なく、MySQLは自動的に実行を開始するはずです。 これをテストするには、ステータスを確認してください。

systemctl status mysql.service

次のような出力が表示されます。

出力

● mysql.service - MySQL Community Server
  Loaded: loaded (/lib/systemd/system/mysql.service; enabled; vendor preset: en
  Active: active (running) since Wed 2016-11-23 21:21:25 UTC; 30min ago
Main PID: 3754 (mysqld)
   Tasks: 28
  Memory: 142.3M
     CPU: 1.994s
  CGroup: /system.slice/mysql.service
          └─3754 /usr/sbin/mysqld

MySQLが実行されていない場合、 `+ sudo systemctl start mysql`で起動できます。

追加のチェックとして、管理コマンドを実行できるクライアントである + mysqladmin +`ツールを使用してデータベースへの接続を試すことができます。 たとえば、このコマンドは、* root *( `+ -u root +)としてMySQLに接続し、パスワードの入力を求め( + -p +)、バージョンを返すように指示します。

mysqladmin -p -u root version

次のような出力が表示されます。

出力

mysqladmin  Ver 8.42 Distrib 5.7.16, for Linux on x86_64
Copyright (c) 2000, 2016, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Server version      5.7.16-0ubuntu0.16.04.1
Protocol version    10
Connection      Localhost via UNIX socket
UNIX socket     /var/run/mysqld/mysqld.sock
Uptime:         30 min 54 sec

Threads: 1  Questions: 12  Slow queries: 0  Opens: 115  Flush tables: 1  Open tables: 34  Queries per second avg: 0.006

これは、MySQLが稼働していることを意味します。

結論

これで、基本的なMySQLセットアップがサーバーにインストールされました。 次のステップの例をいくつか示します。

前の投稿:Ubuntu 18.04でKubeadmを使用してKubernetesクラスターを作成する方法
次の投稿:公式のDigitalOceanコマンドラインクライアントであるDoctlの使用方法