CentOS 7にMediaWikiをインストールする方法

前書き

MediaWikiは、PHPで書かれた無料のオープンソースwikiアプリケーションです。 もともとはWikiPedia用に作成されましたが、現在では誰でも独自のWikiサイトを作成できます。 現在、ウィキペディア、ウィクショナリー、ウィキメディアコモンズなど、数千のウェブサイトがMediaWikiを実行しています。 MediaWikiのホームページはhttps://www.mediawiki.org/wiki/MediaWiki[https://www.mediawiki.org]にあります。

このチュートリアルでは、CentOS 7ドロップレットでMediaWikiをセットアップする方法を説明します。

前提条件

ステップ1-サーバーのセットアップ

LAMPスタックをインストールしたら、最初にいくつかの追加のPHP 5モジュールをインストールする必要があります。 最初の1つ(XML拡張)を除いて、それらはすべてオプションです。

最初にインストールするものはhttp://php.net/manual/en/book.xml.php[XML]拡張機能であり、MediaWikiを実行するために必要です。

sudo yum install php-xml

2番目にインストールするのは、国際化サポートのためのhttp://php.net/manual/en/book.intl.php[Intl]拡張です。

sudo yum install php-intl

次に、画像のサムネイル化のためにhttp://php.net/manual/en/book.image.php[GD]をインストールします。

sudo yum install php-gd

最後の2つのモジュールは本当にオプションです。 これらは、高性能または数学が多すぎるWikiがない限り、ほとんどのWikiには必要ありません。 1つ目は、数式のインライン表示用のTex Liveです。

sudo yum install texlive

パフォーマンスを向上させるために、XCacheをインストールできます。 ただし、このためには、XCacheはデフォルトでCentOSリポジトリで使用できないため、追加のリポジトリもインストールする必要があります。

sudo yum install epel-release

これで、XCacheをインストールできます。

sudo yum install php-xcache

これらのインストールを完了するには、Apache HTTPDを再起動します。

sudo systemctl restart httpd.service

ステップ2-MediaWikiのダウンロード

このセクションでは、MediaWikiをソースからダウンロードします。 MediaWikiは、公式Webサイトからダウンロードできます。 執筆時点では、最新バージョンは* 1.24.1 *ですが、https://www.mediawiki.org/wiki/Download [このページ]のダウンロードリンクから再確認できます。

MediaWikiをダウンロードしてください。

curl -O http://releases.wikimedia.org/mediawiki/1.24/mediawiki-1.24.1.tar.gz

パッケージを解凍します。

tar xvzf mediawiki-*.tar.gz

`+ / var / www +`ディレクトリに移動します:

sudo mv mediawiki-1.24.1/* /var/www/html

ステップ3-データベースの作成

このセクションでは、MySQLデータベースをセットアップします。 SQLiteデータベースも使用できるため、MediaWikiを正常にインストールするために厳密に必要というわけではありません。 それにもかかわらず、これは間違いなく推奨される手段です。

最初にMySQLシェルにログインします。

mysql -u root -p

これにより、プロンプトが `+ MariaDB [(none)]> +`に変更されます。

次に、データベースを作成します。 データベース名はMediaWikiでは重要ではありませんが、このチュートリアルでは `+ my_wiki +`を使用します。 必要に応じて別の名前を選択できます。

CREATE DATABASE ;

出力は次のようになります。

Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MediaWikiに「+ root +」ユーザーを使用したくないため、新しいデータベースユーザーを作成します。

GRANT INDEX, CREATE, SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, ALTER, LOCK TABLES ON .* TO ''@'localhost' IDENTIFIED BY '';

選択したデータベース名に「+ my_wiki 」、ユーザー名に「 sammy 」、安全なパスワードに「 password +」を変更します。 出力は次のようになります。

Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

次に、MySQL特権をフラッシュする必要があります。

FLUSH PRIVILEGES;

出力は次のようになります。

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

最後に、MySQLシェルを終了する必要があります。

exit;

出力は次のようになります。

Bye

ステップ4-MediaWikiのセットアップ

このセクションでは、MediaWikiをセットアップして使用できるようにします。 ブラウザで「+ http:// +」を指定して、ブラウザでドロップレットのホームページにアクセスします。 このページで、* wikiのセットアップ*を選択します。

最初のページで、言語を選択し、[続行]をクリックします。 次のページに環境が表示され、緑色で表示されるはずです。環境が確認されました。 MediaWikiをインストールできます。 [続行]をクリックします。

これで、MySQL設定を含むページが表示されます。 データベースの種類*には、 MySQL(または互換)を選択します。 データベースホストの場合は、 localhost *と入力します。 データベース名、ユーザー名、およびパスワードは、前に選択した値になります。 データベース名に「+ my_wiki 」、ユーザー名に「 sammy 」、パスワードに「 badpassword +」を使用しました。 テーブルのプレフィックスは空のままにできます。 これは次のようになります。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/mediawiki_centos7/1.png [MySQL設定]

MySQL設定後の画面では、値をデフォルトのままにしておくことができます。 次の画面で、ウィキの名前などの詳細を入力する必要があります。 このページでwikiの管理ユーザーを作成することもできます。

他のすべての画面では、すべてではないにしても、ほとんどの設定をそのままにしておくことができます。 Wikiに対して特定の設定を有効にする場合は、これらの画面のいずれかで何かを変更する必要がある場合があります。 特にXCacheを以前にインストールしたことがある場合は、それを有効にするためにチェックする必要があります。

すべての手順を完了すると、次のページに到達するはずです。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/mediawiki_centos7/2.png [インストール完了]

インストールを正常に完了するには、 `+ LocalSettings.php`というファイルをサーバーに移動する必要があります。サーバーは自動的にダウンロードを開始するはずです。 ページを閉じる前に、このファイルをダウンロードする必要があります。

ここで、ファイルを `+ / var / www / html`にアップロードする必要があります。 外部プログラムを使用することもできますが、ローカルコンピューターでファイルを開き、内容をコピーしてSSHセッションに貼り付けるのが最も簡単です。 これを行うには、まずサーバーでファイルを開きます。

sudo nano /var/www/html/LocalSettings.php

ここで、選択したテキストエディターでコンピューター上のファイルを開き、その内容をSSHウィンドウにコピーします。 ファイルを保存したら、[ウィキを入力]をクリックすると、ウィキを使用できる状態になります。

結論

独自のMediaWikiインストールが表示され、すぐに使用できます。 ページをさらにカスタマイズするには、MediaWikiホームページのhttp://www.mediawiki.org/wiki/Manual:System_administration [システム管理]ページにアクセスしてください。 ページを直接追加することもできます。

前の投稿:Ubuntu 16.04でApacheのmod_rewriteを使用してURLを書き換える方法
次の投稿:Ubuntu 14.04でAnsibleを使用して高度なPHPアプリケーションをデプロイする方法