Ubuntu 16.04にJenkinsをインストールする方法

前書き

Jenkinsは、ソフトウェアの継続的な統合と配信に伴う反復的な技術タスクを自動化することを目的としたオープンソース自動化サーバーです。 JenkinsはJavaベースであり、Ubuntuパッケージから、またはWebアプリケーションのARchive(WAR)ファイルをダウンロードして実行することでインストールできます。これは、サーバー上で実行されるWebアプリケーション全体を構成するファイルのコレクションです。

このチュートリアルでは、Debianパッケージリポジトリを追加してJenkinsをインストールし、そのリポジトリを使用してapt-getを使用してパッケージをインストールします。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

Ubuntu 16.04 initial server setup guideに従って、root以外のsudoユーザーとファイアウォールで構成されたOne Ubuntu 16.04 server。 少なくとも1 GBのRAMから開始することをお勧めします。 Jenkinsの実稼働インストールの容量を計画する際のガイダンスについては、Choosing the Right Hardware for Mastersを参照してください。

サーバーのセットアップが完了したら、準備は完了です。

[[step-1 -—- installing-jenkins]] ==ステップ1—Jenkinsのインストール

デフォルトのUbuntuパッケージに含まれているJenkinsのバージョンは、多くの場合、プロジェクト自体から入手可能な最新バージョンよりも遅れています。 最新の修正と機能を利用するために、プロジェクトで管理されているパッケージを使用してJenkinsをインストールします。

最初に、リポジトリキーをシステムに追加します。

wget -q -O - https://pkg.jenkins.io/debian/jenkins-ci.org.key | sudo apt-key add -

キーが追加されると、システムはOKを返します。 次に、Debianパッケージリポジトリアドレスをサーバーのsources.listに追加します。

echo deb https://pkg.jenkins.io/debian-stable binary/ | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/jenkins.list

これらの両方が配置されたら、updateを実行して、apt-getが新しいリポジトリを使用するようにします。

sudo apt-get update

最後に、Javaを含むJenkinsとその依存関係をインストールします。

sudo apt-get install jenkins

Jenkinsとその依存関係が整ったので、Jenkinsサーバーを起動します。

[[step-2 -—- starting-jenkins]] ==ステップ2—Jenkinsを開始します

systemctlを使用して、Jenkinsを起動します。

sudo systemctl start jenkins

systemctlは出力を表示しないため、statusコマンドを使用して、正常に開始されたことを確認します。

sudo systemctl status jenkins

すべてがうまくいった場合、出力の最初に、サービスがアクティブであり、ブート時に開始するように構成されていることが示されます。

Output● jenkins.service - LSB: Start Jenkins at boot time
  Loaded: loaded (/etc/init.d/jenkins; bad; vendor preset: enabled)
  Active:active (exited) since Thu 2017-04-20 16:51:13 UTC; 2min 7s ago
    Docs: man:systemd-sysv-generator(8)

Jenkinsが実行されたので、ファイアウォールルールを調整して、WebブラウザーからJenkinsにアクセスして初期設定を完了できるようにします。

[[step-3 -—- opening-the-firewall]] ==ステップ3—ファイアウォールを開く

デフォルトでは、Jenkinsはポート8080で実行されるため、ufwを使用してそのポートを開きます。

sudo ufw allow 8080

UFWのステータスを確認すると、新しいルールを確認できます。

sudo ufw status

どこからでもポート8080へのトラフィックが許可されていることがわかります。

OutputStatus: active

To                         Action      From
--                         ------      ----
OpenSSH                    ALLOW       Anywhere
8080                       ALLOW       Anywhere
OpenSSH (v6)               ALLOW       Anywhere (v6)
8080 (v6)                  ALLOW       Anywhere (v6)

[。注意]##

Note:ファイアウォールが非アクティブの場合、次のコマンドはOpenSSHが許可されていることを確認してから、有効にします。

sudo ufw allow OpenSSH
sudo ufw enable

Jenkinsがインストールされ、ファイアウォールでアクセスできるようになったので、初期セットアップを完了できます。

[[step-4 -—- setting-up-jenkins]] ==ステップ4—Jenkinsのセットアップ

インストールを設定するには、サーバーのドメイン名またはIPアドレスhttp://ip_address_or_domain_name:8080を使用して、デフォルトのポート8080でJenkinsにアクセスします。

初期パスワードの場所を表示する「Unkin Jenkins」画面が表示されます。

Unlock Jenkins screen

ターミナルウィンドウで、catコマンドを使用してパスワードを表示します。

sudo cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword

端末から32文字の英数字のパスワードをコピーし、「管理者パスワード」フィールドに貼り付けて、「続行」をクリックします。 次の画面には、推奨プラグインをインストールするか、特定のプラグインを選択するオプションが表示されます。

Customize Jenkins Screen

[推奨プラグインのインストール]オプションをクリックして、インストールプロセスをすぐに開始します。

Jenkins Getting Started Install Plugins Screen

インストールが完了すると、最初の管理ユーザーを設定するよう求められます。 この手順をスキップして、上記で使用した初期パスワードを使用してadminとして続行することは可能ですが、ユーザーを作成するために少し時間がかかります。

[.note]#Note:デフォルトのJenkinsサーバーは暗号化されていないため、このフォームで送信されたデータは保護されません。 このインストールを使用する準備ができたら、ガイドHow to Configure Jenkins with SSL using an Nginx Reverse Proxyに従ってください。 これにより、Webインターフェイスを介して送信されるビルドに関するユーザー資格情報と情報が保護されます。

Jenkins Create First Admin User Screen

最初の管理ユーザーが配置されると、「Jenkins is ready!」確認画面が表示されます。

Jenkins is ready screen
[Start using Jenkins]をクリックして、メインのJenkinsダッシュボードにアクセスします。

Welcome to Jenkins Screen

この時点で、Jenkinsは正常にインストールされました。

結論

このチュートリアルでは、プロジェクト提供のパッケージを使用してJenkinsをインストールし、サーバーを起動し、ファイアウォールを開き、管理ユーザーを作成しました。 この時点で、Jenkinsの探索を開始できます。

探索が完了した後、Jenkinsを引き続き使用する場合は、ガイド、How to Configure Jenkins with SSL using an Nginx Reverse Proxyに従って、パスワード、およびマシンとサーバー間で送信される機密性の高いシステムまたは製品情報を保護してください。プレーンテキストで。