CentOSおよびFedoraにJavaをインストールする方法

前書き

このチュートリアルでは、CentOS 7(6および6.5)、最新のFedoraリリース、RHELにJavaをインストールする方法を示します。 Javaは、Javaアプリケーションとアプレットを実行できる一般的なソフトウェアプラットフォームです。

次のバージョンのJavaのインストールについて説明します。

  • OpenJDK 8

  • OpenJDK 7

  • OpenJDK 6

  • Oracle Java 9

  • Oracle Java 8

サイドバーの[コンテンツ]ボタンを使用して、ご希望のセクションにスキップしてください。

前提条件

このガイドを始める前に、両方のサーバーで設定された `+ sudo +`権限を持つ通常の非rootユーザーが必要です。これは、サーバーにログインするユーザーです。 通常のユーザーアカウントを構成する方法については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-centos-7 [Centos 7の初期サーバーセットアップガイド]の手順に従ってください。 。

Javaのバリエーション

Javaプラットフォームには、Standard Edition(SE)、Enterprise Edition(EE)、およびMicro Edition(ME)の3つの異なるエディションがあります。 このチュートリアルは、Java SE(Javaプラットフォーム、Standard Edition)に焦点を当てています。

インストールできるJava SEパッケージには、Java Runtime Environment(JRE)とJava Development Kit(JDK)の2種類があります。 JREはJava Virtual Machine(JVM)の実装であり、コンパイルされたJavaアプリケーションとアプレットを実行できます。 JDKには、Javaアプリケーションおよびアプレットの作成、開発、およびコンパイルに必要なJREおよびその他のソフトウェアが含まれています。

Javaには、OpenJDKとOracle Javaの2つの異なる実装もあります。 どちらの実装も主に同じコードに基づいていますが、Javaのリファレンス実装であるOpenJDKは完全にオープンソースであり、Oracle Javaには独自のコードが含まれています。 ほとんどのJavaアプリケーションはどちらでも正常に動作しますが、ソフトウェアが必要とする実装を使用する必要があります。

1つのシステムにJavaのさまざまなバージョンとリリースをインストールできますが、ほとんどの人は1つのインストールだけが必要です。 それを念頭に置いて、アプリケーションの実行または開発に必要なバージョンのJavaのみをインストールしてください。

OpenJDK 8をインストールする

このセクションでは、yumパッケージマネージャーを使用して、ビルド済みのOpenJDK 8 JREおよびJDKパッケージをインストールする方法を示します。これは、Ubuntu / Debianのapt-getに似ています。 OpenJDK 8は、OpenJDKの最新バージョンです。

OpenJDK 8 JREのインストール

yumを使用してOpenJDK 8 * JRE *をインストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo yum install java-1.8.0-openjdk

確認プロンプトで、「+ y 」と入力してから「 RETURN +」と入力してインストールを続行します。

おめでとうございます。 OpenJDK 8 JREをインストールしました。

OpenJDK 8 JDKをインストールします

yumを使用してOpenJDK 8 * JDK *をインストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo yum install java-1.8.0-openjdk-devel

確認プロンプトで、「+ y 」と入力してから「 RETURN +」と入力してインストールを続行します。

おめでとうございます。 OpenJDK 8 JDKをインストールしました。

OpenJDK 7をインストールする

このセクションでは、yumパッケージマネージャーを使用して、ビルド済みのOpenJDK 7 JREおよびJDKパッケージをインストールする方法を示します。

OpenJDK 7 JREのインストール

yumを使用してOpenJDK 7 * JRE *をインストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo yum install java-1.7.0-openjdk

確認プロンプトで、「+ y 」と入力してから「 RETURN +」と入力してインストールを続行します。

おめでとうございます。 OpenJDK 7 JREをインストールしました。

OpenJDK 7 JDKをインストールします

yumを使用してOpenJDK 7 * JDK *をインストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo yum install java-1.7.0-openjdk-devel

確認プロンプトで、「+ y 」と入力してから「 RETURN +」と入力してインストールを続行します。

おめでとうございます。 OpenJDK 7 JDKをインストールしました。

OpenJDK 6をインストールする

このセクションでは、yumパッケージマネージャーを使用して、ビルド済みのOpenJDK 6 JREおよびJDKパッケージをインストールする方法を示します。

OpenJDK 6をインストールする

yumを使用してOpenJDK 6 * JRE *をインストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo yum install java-1.6.0-openjdk

確認プロンプトで、「+ y 」と入力してから「 RETURN +」と入力してインストールを続行します。

おめでとうございます。 OpenJDK 6 JREをインストールしました。

OpenJDK 6 JDKをインストールします

yumを使用してOpenJDK 6 * JDK *をインストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo yum install java-1.6.0-openjdk-devel

確認プロンプトで、「+ y 」と入力してから「 RETURN +」と入力してインストールを続行します。

おめでとうございます。 OpenJDK 6 JDKをインストールしました。

Oracle Java 9をインストールします

ガイドのこのセクションでは、この記事の執筆時点でこれらのパッケージの最新リリースであるOracle Java 9 JREおよびJDK(64ビット)のインストール方法を示します。

このセクション全体で、 `+ wget `コマンドを使用してOracle Javaソフトウェアパッケージをダウンロードします。 Linuxディストリビューションにはデフォルトで ` wget +`が含まれていない可能性があるため、これを実行するには以下を実行してインストールする必要があります。

sudo yum install wget

Oracle Java 9 JREをインストールします

ホームディレクトリに移動し、次のコマンドを使用してOracle Java 9 JRE RPMをダウンロードします。

cd ~
wget --no-cookies --no-check-certificate --header "Cookie: gpw_e24=http%3A%2F%2Fwww.oracle.com%2F; oraclelicense=accept-securebackup-cookie" ""

次に、このyumコマンドを使用してRPMをインストールします(別のリリースをダウンロードした場合は、ここでファイル名を置き換えます)。

sudo yum localinstall .rpm

確認プロンプトで、「+ y 」と入力してから「 RETURN +」と入力してインストールを続行します。

これで、Javaは `+ / usr / java // bin / java `にインストールされ、 ` / usr / bin / java +`からリンクされるはずです。

以前にダウンロードしたアーカイブファイルを削除できます。

rm ~/

おめでとうございます。 Oracle Java 9 JREをインストールしました。

Oracle Java 9 JDKをインストールします

ホームディレクトリに移動し、次のコマンドを使用してOracle Java 9 JDK RPMをダウンロードします。

cd ~
wget --no-cookies --no-check-certificate --header "Cookie: gpw_e24=http%3A%2F%2Fwww.oracle.com%2F; oraclelicense=accept-securebackup-cookie" ""

次に、このyumコマンドを使用してRPMをインストールします(別のリリースをダウンロードした場合は、ここでファイル名を置き換えます)。

sudo yum localinstall .rpm

確認プロンプトで、「+ y 」と入力してから「 RETURN +」と入力してインストールを続行します。

これで、Javaは `+ / usr / java // bin / java `にインストールされ、 ` / usr / bin / java +`からリンクされるはずです。

以前にダウンロードしたアーカイブファイルを削除できます。

rm ~/

おめでとうございます。 Oracle Java 9 JDKをインストールしました。

Oracle Java 8をインストールします

ガイドのこのセクションでは、Oracle Java 8 JREおよびJDK(64ビット)のインストール方法を示します。

Oracle Java 8 JREをインストールします

ホームディレクトリに移動し、次のコマンドを使用してOracle Java 8 JRE RPMをダウンロードします。

cd ~
wget --no-cookies --no-check-certificate --header "Cookie: gpw_e24=http%3A%2F%2Fwww.oracle.com%2F; oraclelicense=accept-securebackup-cookie" ""

次に、このyumコマンドを使用してRPMをインストールします(別のリリースをダウンロードした場合は、ここでファイル名を置き換えます)。

sudo yum localinstall .rpm

確認プロンプトで、「+ y 」と入力してから「 RETURN +」と入力してインストールを続行します。

これで、Javaは `+ / usr / java // bin / java `にインストールされ、 ` / usr / bin / java +`からリンクされるはずです。

以前にダウンロードしたアーカイブファイルを削除できます。

rm ~/

おめでとうございます。 Oracle Java 8 JREをインストールしました。

Oracle Java 8 JDKをインストールします

ホームディレクトリに移動し、次のコマンドを使用してOracle Java 8 JDK RPMをダウンロードします。

cd ~
wget --no-cookies --no-check-certificate --header "Cookie: gpw_e24=http%3A%2F%2Fwww.oracle.com%2F; oraclelicense=accept-securebackup-cookie" ""

次に、このyumコマンドを使用してRPMをインストールします(別のリリースをダウンロードした場合は、ここでファイル名を置き換えます)。

sudo yum localinstall .rpm

確認プロンプトで、「+ y 」と入力してから「 RETURN +」と入力してインストールを続行します。

これで、Javaは `+ / usr / java // jre / bin / java `にインストールされ、 ` / usr / bin / java +`からリンクされるはずです。

以前にダウンロードしたアーカイブファイルを削除できます。

rm ~/

おめでとうございます。 Oracle Java 8 JDKをインストールしました。

デフォルトのJavaを設定

Javaの複数のバージョンをインストールした場合、1つをデフォルトとして設定できます(つまり、 ユーザーが `+ java +`コマンドを実行したときに実行されるもの)。 さらに、一部のアプリケーションでは、使用するJavaのインストールを見つけるために特定の環境変数を設定する必要があります。 このセクションでは、これを行う方法を示します。

ところで、デフォルトのJavaのバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。

java -version

代替手段を使用する

シンボリックリンクを介してデフォルトコマンドを管理する `+ alternatives +`コマンドを使用して、デフォルトのJavaコマンドを選択できます。

+ alternatives to`によって管理される + java`コマンドを提供するプログラムを印刷するには、次のコマンドを使用します。

sudo alternatives --config java

出力の例を次に示します。

outputThere are 5 programs which provide 'java'.

 Selection    Command
-----------------------------------------------
  1           java-1.7.0-openjdk.x86_64 (/usr/lib/jvm/java-1.7.0-openjdk-1.7.0.161-2.6.12.0.el7_4.x86_64/jre/bin/java)
  2           java-1.8.0-openjdk.x86_64 (/usr/lib/jvm/java-1.8.0-openjdk-1.8.0.151-5.b12.el7_4.x86_64/jre/bin/java)
  3           /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk.x86_64/bin/java
*+ 4           /usr/java/jre-9.0.4/bin/java
  5           /usr/java/jdk-9.0.4/bin/java




Enter to keep the current selection[+], or type selection number:

選択番号を入力して、デフォルトで使用する「+ java」実行可能ファイルを選択します。

環境変数を使用する

多くのJavaアプリケーションは、「+ JAVA_HOME 」または「 JRE_HOME 」環境変数を使用して、使用する「 java +」実行可能ファイルを決定します。

たとえば、Javaを `+`にインストールした場合(つまり、 ` java `実行可能ファイルは ` / bin / java `にあります)、bashシェルまたは次のようなスクリプトで ` JAVA_HOME +`環境変数を設定できます。

export JAVA_HOME=

デフォルトでシステム上のすべてのユーザーに `+ JAVA_HOME `を設定したい場合は、前の行を ` / etc / environment +`ファイルに追加します。 ファイルに追加する簡単な方法は、次のコマンドを実行することです。

sudo sh -c "echo export JAVA_HOME= >> /etc/environment"

結論

おめでとうございます。これで、Javaアプリケーションを実行または開発することができます。

前の投稿:Djangoモデルを作成する方法
次の投稿:Ubuntu 18.04にPostgreSQLをインストールして使用する方法