CentOS 7にGo 1.7をインストールする方法

前書き

Goはよく_golang_と呼ばれ、Googleが開発したオープンソースのプログラミング言語です。 開発には最小限のアプローチを採用し、シンプルで信頼性の高い効率的なソフトウェアを簡単に構築できます。 このチュートリアルでは、CentOS 7サーバーでGo 1.7をダウンロードしてインストールし、基本的な「Hello、World!」プログラムをコンパイルして実行する方法を説明します。

前提条件

このチュートリアルを実行する前に、 `+ sudo +`権限を持つ通常の非rootユーザーがいることを確認してください。 これらの権限を持つユーザーを設定する方法については、ガイドhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-create-a-sudo-user-on-centos-quickstart [ CentOSでSudoユーザーを作成する方法]。

ステップ1 – Goのダウンロード

2016年9月現在、CentOSのデフォルトリポジトリ内の `+ golang +`パッケージは最新ではありません。 そのため、https://golang.org/dl [Go website]からパッケージを手動で直接ダウンロードします。 64ビットアーキテクチャと互換性のある最新バージョンのリンクを必ずコピーしてください。

書き込み可能なディレクトリに移動することから始めます。

cd /tmp

`+ curl +`コマンドとGoのリンクを使用して、tarballをダウンロードします。

curl -LO https://storage.googleapis.com/golang/go..tar.gz

tarballは本物のソースからのものですが、インターネットからダウンロードしたアイテムの信頼性と整合性の両方を検証することをお勧めします。 この検証方法は、ダウンロードプロセス中にファイルが改ざんされたり、破損または破損したりしていないことを証明します。 `+ -a 256 `フラグを指定した ` shasum +`コマンドは、一意の256ビットハッシュを生成します。

shasum -a 256 go1.7*.tar.gz
Output  go1.7.linux-amd64.tar.gz

出力のハッシュをGo https://golang.org/dl [ダウンロードページ]のチェックサム値と比較します。 それらが一致する場合、ダウンロードが正当であると結論付けるのは安全です。

Goがダウンロードされ、ファイルの整合性が検証されたら、インストールを進めましょう。

ステップ2 – Goのインストール

Goのインストールでは、tarballを `+ / usr / local `ディレクトリに展開します。 ` -C `フラグを指定して ` tar `コマンドを使用すると、指定したディレクトリにコンテンツが保存されます。 「 -x 」フラグは抽出機能を実行し、「-v 」は詳細な出力を生成し、「-z 」は「 gzip 」圧縮ユーティリティでアーカイブをフィルタリングし、「-f +」は指定されたファイル名を通知します以下に対してアクションを実行します。

sudo tar -C /usr/local -xvzf go..tar.gz

次に、ユーザーのホームディレクトリの下に、3つの子ディレクトリ、 + bin ++ src +、および `+ pkg `を使用してGoワークスペースを作成します。 ` bin `ディレクトリには、 ` src `ディレクトリの人間が読めるソースファイルからコンパイルされた実行可能プログラムが含まれます。 このチュートリアルでは ` pkg `ディレクトリを使用しませんが、より洗練されたプログラムを作成する際に役立つため、設定することをお勧めします。 ` pkg +`ディレクトリには、プログラム間で共有される再利用可能なコードであるパッケージオブジェクトが格納されます。

ワークスペースディレクトリを「+ projects 」と呼びますが、好きな名前を付けることができます。 ` mkdir `コマンドの ` -p +`フラグは、適切なディレクトリツリーを作成します。

mkdir -p ~/projects/{bin,pkg,src}

この時点で、Goを使用するには、コマンドラインでインストール場所へのフルパスを指定する必要があります。 Goとの対話をより使いやすくするために、いくつかのパスを設定します。

ステップ3 – Goのパスを設定する

他のコマンドと同様にGoを実行するには、そのインストール場所を `+ $ PATH +`変数に追加する必要があります。 Goはシステムディレクトリにインストールされたため、環境変数をグローバルに設定します。

`+ vi `エディターを使用して、 ` / etc / profile.d `ディレクトリに ` path.sh +`スクリプトを作成します。

sudo vi /etc/profile.d/path.sh

ファイルに次を追加し、保存して終了します。

/etc/profile.d/path.sh

export PATH=$PATH:go/bin

さらに、最近作成したワークスペースを指すように、ユーザーの + .bash_profile +`ファイルで `+ GOPATH +`および `+ GOBIN + Go環境変数を定義します。 `+ GOPATH `変数はソースファイルの場所をGoに伝え、 ` GOBIN +`変数はコンパイルされたバイナリファイルを作成する場所を指示します。

`+ .bash_profile +`ファイルを開きます:

vi ~/.bash_profile

ファイルの最後に次を追加し、保存して終了します。

〜/ .bash_profile

. . .
export GOBIN="$HOME/projects/bin"
export GOPATH="$HOME/projects/src"

 
現在のBASHセッションに変更を適用するには、 `+ source +`コマンドを使用して更新されたプロファイルをリロードします。

source /etc/profile && source ~/.bash_profile

Goのコアを配置したら、短いプログラムを作成してセットアップが機能することを確認しましょう。

ステップ4 –プログラムの作成

最初のプログラムを作成すると、環境が機能し、Goプログラミング言語に慣れる機会が得られます。

開始するには、新しい `+ .go +`ファイルを作成します:

vi ~/projects/src/hello.go

以下のコードはメインのGoパッケージを使用し、フォーマットされたIOコンテンツコンポーネントをインポートし、文字列 `+ Hello、World!+`を印刷する新しい関数を設定します。 ファイルに次を追加します。

〜/ projects / hello.go

package main

import "fmt"

func main() {
   fmt.Printf("Hello, World!\n")
}

次に、ファイルを保存して終了します。

次に、 + go install`コマンドで + hello.go + `ソースファイルをコンパイルします。

go install $GOPATH/hello.go

これでプログラムを実行する準備ができました。

$GOBIN/hello

`+ hello.go `プログラムは、Goのインストールが成功したことを確認する ` Hello、World!+`メッセージを生成する必要があります。

結論

シンプルな「Hello、World!」プログラムは、Go開発環境があることを確立しました。 典型的なアプリケーションは、ライブラリとリモートパッケージを使用します。 これらの追加コンポーネントの操作の詳細については、https://golang.org/doc/code.html [Goコードの記述方法]の公式ドキュメントをご覧ください。

前の投稿:Goでのパッケージの可視性について
次の投稿:Nginxを使用して一時的および永続的なリダイレクトを作成する方法