Ubuntu 14.04にGo 1.6をインストールする方法

前書き

Goは、Googleが開発した最新のプログラミング言語で、スクリプト言語に似た高レベルの構文を使用しています。 多くのアプリケーションおよび多くの企業で人気があり、堅牢なツールセットと90,000以上のリポジトリを備えています。 このチュートリアルでは、Go 1.6のダウンロードとインストール、および簡単なHello Worldアプリケーションの構築について説明します。

前提条件

ステップ1-Goのインストール

この手順では、Goをサーバーにインストールします。

まず、 `+ ssh`を介してUbuntuサーバーに接続します。

ssh @

接続したら、サーバー上のUbuntuパッケージを更新およびアップグレードします。 これにより、最新のセキュリティパッチと修正、および新しいパッケージ用の更新されたリポジトリを確実に入手できます。

sudo apt-get update
sudo apt-get -y upgrade

これが完了したら、このコマンドを実行してGoの最新パッケージのダウンロードを開始できます。これにより、Goパッケージファイルがプルダウンされ、現在の作業ディレクトリに保存されます。

sudo curl -O https://storage.googleapis.com/golang/go1.6.linux-amd64.tar.gz

次に、 `+ tar `を使用してパッケージを展開します。 このコマンドは、Tarツールを使用してダウンロードしたファイルを開いて展開し、パッケージ名を使用してフォルダーを作成し、それを ` / usr / local +`に移動します。

sudo tar -xvf go1.6.linux-amd64.tar.gz
sudo mv go /usr/local

Goのインストールに別の場所を好むユーザーもいれば、ソフトウェアの場所を義務付けているユーザーもいます。 Goパッケージは現在、 `+ / usr / local `にあります。これにより、GoがLinuxの ` $ PATH `にあることも保証されます。 Goを別の場所にインストールすることは可能ですが、 ` $ PATH `情報は変更されます。 Goフォルダーを格納するために選択した場所は、このチュートリアルの後半で参照されるため、場所が ` / usr / local +`と異なる場合は、その場所を覚えておいてください。

ステップ2-移動パスの設定

このステップでは、Goが必要とするいくつかのパスを設定します。 このステップのパスはすべて、 `+ / usr / local +`のGoインストールの場所に関連しています。 新しいディレクトリを選択した場合、またはファイルをダウンロード場所に残した場合は、新しい場所に合わせてコマンドを変更します。

まず、Goのルート値を設定します。これは、Goにファイルの検索場所を指示します。

sudo nano ~/.profile

ファイルの最後に、次の行を追加します。

export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

Goの代替インストール場所を選択する場合は、代わりにこれらの行を同じファイルに追加します。 次の例は、Goがホームディレクトリにインストールされている場合のコマンドを示しています。

export GOROOT=$HOME/go
export PATH=$PATH:$GOROOT/bin

プロファイルに適切な行を貼り付けて、ファイルを保存して閉じます。 次に、次を実行してプロファイルを更新します。

source ~/.profile

ステップ3-インストールのテスト

Goがインストールされ、サーバーのパスが設定されたので、Goが期待どおりに動作することをテストすることができます。

Goワークスペース用の新しいディレクトリを作成します。Goワークスペースは、Goがファイルを作成する場所です。

mkdir $HOME/work

これで、 `+ GOPATH +`をエクスポートして、作成したばかりの新しいワークスペースにGoをポイントできます。

export GOPATH=$HOME/work

次に、テストファイルを作成するために、このコマンドを使用してこのフォルダーにディレクトリ階層を作成します。 Gitを使用してGoコードをコミットしてGitHubに保存する場合は、値をGitHubユーザー名に置き換えることができます。 GitHubを使用してコードを保存および管理する予定がない場合、フォルダー構造は `+〜/ my_project +`のように異なる可能性があります。

mkdir -p work/src/github.com//hello

次に、単純な「Hello World」Goファイルを作成できます。

nano work/src/github.com//hello/hello.go

エディター内で、メインのGoパッケージを使用し、フォーマットされたIOコンテンツコンポーネントをインポートし、実行時に「Hello World」を印刷する新しい関数を設定する以下のコンテンツを貼り付けます。

package main

import "fmt"

func main() {
   fmt.Printf("hello, world\n")
}

このファイルは、正常に実行されると「Hello、World」と表示され、Goがファイルを正しく構築していることが示されます。 ファイルを保存して閉じ、Goコマンド `+ install`を呼び出してコンパイルします。

go install github.com//hello

ファイルをコンパイルしたら、Goパスにあるファイルを参照するだけで実行できます。

sudo $GOPATH/bin/hello

そのコマンドが「Hello World」を返す場合、Goは正常にインストールされ機能しています。

結論

最新のGoパッケージをダウンロードしてインストールし、そのパスを設定することで、Go開発に使用するドロップレットを手に入れることができます。

次に、https://www.digitalocean.com/company/blog/get-your-development-team-started-with-go/ [開発チームからGoのヒントをご覧ください]、およびhttps:// www .digitalocean.com / community / tutorials / how-to-use-martini-to-serve-go-applications-behind-an-nginx-server-on-ubuntu [マティーニを使用してプロジェクトをホストする方法]。 Goの開発ランドスケープは日々成長しており、堅牢でエキサイティングなものにすることを願っています。