Ubuntu 18.04にGitをインストールする方法[クイックスタート]

前書き

バージョン管理システムは、ソフトウェア開発プロジェクトの共有とコラボレーションに役立ちます。 Gitは、現在利用可能な最も人気のあるバージョン管理システムの1つです。

このチュートリアルでは、Ubuntu 18.04サーバーでのGitのインストールと構成について説明します。 このチュートリアルのより詳細なバージョンと、各ステップのより適切な説明については、How To Install Git on Ubuntu 18.04を参照してください。

[[step-1 -—- update-default-packages]] ==ステップ1—デフォルトパッケージを更新する

Ubuntu 18.04サーバーにsudo非rootユーザーとしてログインし、最初にデフォルトパッケージを更新します。

sudo apt update

[[step-2 -—- install-git]] ==ステップ2—Gitをインストールします

sudo apt install git

[[step-3 -—- confirm-successful-installation]] ==ステップ3—インストールが成功したことを確認する

このコマンドを実行し、次のような出力を受け取ることにより、Gitが正しくインストールされたことを確認できます。

git --version
Outputgit version 2.17.1

[[step-4 -—- set-up-git]] ==ステップ4—Gitをセットアップする

Gitをインストールし、警告を防ぐために、情報を使用してGitを構成する必要があります。

git config --global user.name "Your Name"
git config --global user.email "[email protected]"

このファイルを編集する必要がある場合は、nanoなどのテキストエディターを使用できます。

nano ~/.gitconfig

~/.gitconfig contents

[user]
  name = Your Name
  email = [email protected]

このガイドに関連する詳細なチュートリアルへのリンクは次のとおりです。