FreeBSD 11.0にGitをインストールする方法

前書き

バージョン管理システムは、現代のソフトウェア開発に不可欠なツールです。 これらを使用すると、ソースレベルでソフトウェアを追跡できます。 変更を追跡し、前の段階に戻し、分岐してファイルとディレクトリの代替バージョンを作成できます。

Gitは最も人気のある分散バージョン管理システムの1つです。 多くのプロジェクトはファイルをGitリポジトリに保持しており、GitHubやBitbucketのようなサイトはコードの共有と貢献をシンプルで価値のあるものにしています。

このガイドでは、FreeBSD 11.0サーバーにGitをインストールして構成する方法を示します。 2つの異なる方法でソフトウェアをインストールする方法について説明します。それぞれに利点があります。

前提条件

このチュートリアルを実行するには、次のものが必要です。

  • * root ユーザーを持つ1つのFreeBSD 11サーバー。 DigitalOceanでは、デフォルトの freebsd *ユーザーで問題ありません。

FreeBSD Dropletには、リモートアクセス用のSSHキーが必要です。 SSHキーの設定に関するヘルプについては、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-configure-ssh-key-based-authentication-on-a-freebsd-server [SSHの設定方法]を参照してください。 FreeBSDサーバーでのキーベース認証]。 FreeBSD Dropletへのログインと基本管理の詳細については、https://www.digitalocean.com/community/tutorial_series/getting-started-with-freebsd [Getting Started with FreeBSD]チュートリアルシリーズをご覧ください。

パッケージを介したGitのインストール

最初に示すインストール方法では、FreeBSDパッケージインデックスを使用します。 これは通常、Gitをインストールする最も簡単で最速の方法です。

まず、 `+ pkg +`リポジトリインデックスを更新します。

sudo pkg update -f

次に、 `+ git +`パッケージをダウンロードしてインストールします。

sudo pkg install git

インストールを確認するには、「+ y +」を入力する必要があります。 それでおしまい!

以下のGitの設定セクションに進んで、基本的な便利なカスタマイズオプションを確認してください。

ポート経由のGitのインストール

FreeBSDポートシステムは、FreeBSDサーバー上のアプリケーションを管理するもう1つの方法です。 これは、 `+ / usr / ports `にある_ports tree_と呼ばれるファイルシステム階層によって管理され、FreeBSDが構築方法を知っている利用可能なソフトウェアの各部分を分類します。 ` portsnap +`は、FreeBSDに付属するツールであり、ポートツリーでの作業を簡素化します。 詳細については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-and-manage-ports-on-freebsd-10-1 [FreeBSDチュートリアルのポート]をご覧ください。

Gitをポート経由でインストールする場合、パッケージ経由でインストールするよりも時間がかかります。これは、ソースとビルドからいくつかの依存関係を構築するためです( `+ pkg +`のようにプリコンパイルされたバイナリをダウンロードするのではありません)。 ポートを使用する利点は、カスタマイズのレベルが高いことです。

最初に、まだ持っていない場合は、portsツリーファイルをダウンロードして `+ / usr / ports +`に抽出します。 これにはしばらく時間がかかる場合がありますが、一度だけ行う必要があります。

sudo portsnap fetch extract

ポートツリーが既にダウンロードされている場合は、代わりに次のように更新する必要があります。

sudo portsnap fetch update

次に、portsツリーの `+ devel / git +`ディレクトリに移動します。

cd /usr/ports/devel/git

最後に、Gitをビルドします。 このコマンドに `+ BATCH =" yes "`を含めると、Gitポートが静かにインストールされ、特定のソフトウェアのどの部分をインストールするかを尋ねる途中で多くのダイアログが表示されなくなります。 各ポートのどのコンポーネントをインストールするかを確認する場合は、これを省略できます。 ` ENTER +`を押すとデフォルトが使用されます。

sudo make install clean

Gitがインストールされたので、構成できます。

Gitの設定

最初に、既存のGit構成設定を表示します。 これらは、 `+〜/ .gitconfig +`ファイルから取得されます。

git config --list

ここから、必要な設定を更新できます。 たとえば、次のコマンドでユーザー名を更新し、「++」をユーザー名に置き換えます。

git config --global user.name ""

このコマンドを使用してメールアドレスを更新し、「++」をメールアドレスに置き換えます。

git config --global user.email ""

以下の `++`を好みのテキストエディタに置き換えて、デフォルトのテキストエディタを指定します。

git config --global core.editor ""

構成設定をもう一度見ると、更新が完了したことを確認できます。

git config --list
Outputuser.name=
user.email=
core.editor=

結論

FreeBSD 11.0サーバーにGitがインストールされているはずです。 Gitの詳細については、次のチュートリアルをご覧ください。

前の投稿:Dockerエコシステム:スケジューリングとオーケストレーション
次の投稿:Python 2 vs Python 3:実用的な考慮事項