Debian 10にGitをインストールする方法

前書き

Gitなどのソフトウェアバージョン管理システムを使用すると、ソースレベルでソフトウェアを追跡できます。 バージョン管理ツールを使用すると、変更を追跡したり、前の段階に戻ったり、分岐してファイルやディレクトリの代替バージョンを作成したりできます。

現在利用可能な最も人気のあるバージョン管理システムの1つとして、Gitはオープンソースおよび他の共同ソフトウェアプロジェクトの中で一般的な選択肢です。 多くのプロジェクトのファイルはGitリポジトリに保持され、GitHub、GitLab、Bitbucketなどのサイトは、ソフトウェア開発プロジェクトの共有とコラボレーションを促進します。

このチュートリアルでは、Debian 10サーバーにGitをインストールして構成します。 2つの異なる方法でソフトウェアをインストールする方法について説明します。それぞれの方法には、特定のニーズに応じた利点があります。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、Debian 10サーバーで `+ sudo +`権限を持つ非rootユーザーが必要です。 このセットアップを実現する方法については、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-debian-10 [Debian 10初期サーバーセットアップガイド]を参照してください。

サーバーとユーザーのセットアップが完了したら、準備を始めましょう。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-git-on-debian-10#installing-git-with-default-packages [デフォルトパッケージでのGitのインストール](apt経由)パッケージマネージャー)またはhttps://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-git-on-debian-10#installing-git-from-source[Gitをソースからインストール]を開始します。

デフォルトパッケージでのGitのインストール

Debianのデフォルトのリポジトリは、Gitを迅速にインストールする方法を提供します。 これらのリポジトリを介してインストールするバージョンは、現在利用可能な最新バージョンよりも古い可能性があることに注意してください。 最新のリリースが必要な場合は、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-git-on-debian-10#installing-git-from-source [次のセクション]への移行を検討してくださいこのチュートリアルのソースからGitをインストールしてコンパイルする方法を学びます。

まず、aptパッケージ管理ツールを使用して、ローカルパッケージインデックスを更新します。 更新が完了したら、Gitをダウンロードしてインストールできます。

sudo apt update
sudo apt install git

次のコマンドを実行すると、Gitが正しくインストールされたことを確認できます。

git --version
Outputgit version

Gitが正常にインストールされたら、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-git-on-debian-10#setting-up-git [Gitの設定]に移動できますこのチュートリアルのセクションでセットアップを完了してください。

ソースからGitをインストールする

Gitをインストールするより柔軟な方法は、ソースからソフトウェアをコンパイルすることです。 これには時間がかかり、パッケージマネージャーを通じて維持されませんが、最新のリリースをダウンロードでき、カスタマイズする場合に含めるオプションをある程度制御できます。

開始する前に、Gitが依存するソフトウェアをインストールする必要があります。 これはすべてデフォルトのリポジトリで利用できるため、ローカルパッケージインデックスを更新してからパッケージをインストールできます。

sudo apt update
sudo apt install make libssl-dev libghc-zlib-dev libcurl4-gnutls-dev libexpat1-dev gettext unzip

必要な依存関係をインストールしたら、次のURLから入手できるhttps://github.com/git/git[GitHub上のGitプロジェクトのミラー]にアクセスして、インストールしたいGitのバージョンを取得できます。 :

https://github.com/git/git

ここから、 `+ master +`ブランチにいることを確認してください。 タグ*リンクをクリックして、目的のGitバージョンを選択します。 _release Candidate_バージョン( rc *としてマーク)をダウンロードする理由がない限り、不安定になる可能性があるため、これらを避けるようにしてください。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/git_install_1604/branch-tags-2019.png [git change branch select tags]

次に、ページの右側で、[クローンまたはダウンロード]ボタンをクリックし、[* ZIPをダウンロード*]を右クリックして、 `+ .zip +`で終わるリンクアドレスをコピーします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/git_install_1604/download-zip.png [ダウンロードzipを右クリックしてURLをコピー]

Debian 10サーバーに戻り、 `+ tmp +`ディレクトリに移動して一時ファイルをダウンロードします。

cd /tmp

そこから、 + wget +`コマンドを使用して、コピーしたzipファイルのリンクをインストールできます。 ファイルの新しい名前を指定します: `+ git.zip +

wget https://github.com/git/git/archive/.zip -O git.zip

ダウンロードしたファイルを解凍し、次のように入力して結果のディレクトリに移動します。

unzip git.zip
cd git-*

これで、次の2つのコマンドを入力して、パッケージを作成してインストールできます。

make prefix=/usr/local all
sudo make prefix=/usr/local install

インストールが成功したことを確認するには、「+ git --version +」と入力すると、現在インストールされているGitのバージョンを指定する関連出力を受け取るはずです。

Gitがインストールされたので、新しいバージョンにアップグレードする場合は、リポジトリのクローンを作成してからビルドしてインストールできます。 クローン操作に使用するURLを見つけるには、https://github.com/git/git [プロジェクトのGitHubページ]で目的のブランチまたはタグに移動し、右側にクローンURLをコピーします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/git_install_1604/copy-url.png [git copy URL]

執筆時点で、関連するURLは次のとおりです。

https://github.com/git/git.git

ホームディレクトリに移動し、コピーしたURLで `+ git clone +`を使用します。

cd ~
git clone

これにより、現在のディレクトリ内に新しいディレクトリが作成され、上記で行ったように、パッケージを再構築して新しいバージョンを再インストールできます。 これにより、古いバージョンが新しいバージョンで上書きされます。

cd git
make prefix=/usr/local all
sudo make prefix=/usr/local install

これで、Gitのバージョンが最新であることを確認できます。

Gitのセットアップ

Gitをインストールしたら、生成されたコミットメッセージに正しい情報が含まれるようにGitを構成する必要があります。

これは、 `+ git config +`コマンドを使用して実現できます。 特に、Gitはコミットするたびにこの情報を埋め込むため、名前とメールアドレスを提供する必要があります。 次のように入力して、この情報を追加できます。

git config --global user.name ""
git config --global user.email ""

次のように入力すると、設定されているすべての構成アイテムを確認できます。

git config --list
Outputuser.name=
user.email=
...

入力した情報はGit構成ファイルに保存され、オプションで次のようなテキストエディターを使用して手動で編集できます。

nano ~/.gitconfig

〜/ .gitconfigの内容

[user]
 name =
 email =

他にも多くのオプションを設定できますが、これらは必要な2つの重要なオプションです。 この手順をスキップすると、Gitにコミットするときに警告が表示される可能性があります。 修正された情報を使用して行ったコミットを修正する必要があるため、これにより作業が増えます。

結論

これでGitがインストールされ、システムで使用できるようになりました。

Gitの使用方法の詳細については、次の記事とシリーズをご覧ください。

さらに、https://www.digitalocean.com/community/tutorial_series/an-introduction-to-open-source [An Introduction to Open Source]のシリーズをご覧ください。オープンソースプロジェクト。

前の投稿:Goで関数を定義して呼び出す方法
次の投稿:Debian 8でスワップスペースを追加する方法