CentOS 7にGitをインストールする方法

前書き

バージョン管理は、現代のソフトウェア開発に不可欠なツールとなっています。 バージョン管理システムにより、ソースレベルでソフトウェアを追跡できます。 変更を追跡し、前の段階に戻り、ベースコードから分岐して、ファイルとディレクトリの代替バージョンを作成できます。

最も人気のあるバージョン管理システムの1つは `+ git +`です。 多くのプロジェクトはファイルをGitリポジトリに保持しており、GitHubやBitbucketなどのサイトでは、Gitとのコードの共有と貢献がこれまで以上に簡単になりました。

このガイドでは、GitをCentOS 7サーバーにインストールする方法を示します。 すぐにコラボレーションを開始できるようにGitをセットアップする方法とともに、それぞれ独自の利点があるいくつかの異なる方法でソフトウェアをインストールする方法について説明します。

前提条件

このガイドを始める前に、最初に完了する必要があるいくつかのステップがあります。

`+ sudo +`権限を持つ非rootユーザーでインストールおよび構成されたCentOS 7サーバーが必要です。 まだこれを行っていない場合は、https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-centos-7 [CentOS 7サーバーの初期セットアップの手順1〜4を実行できます。ガイド]このアカウントを作成します。

非rootユーザーを取得したら、それを使用してCentOSサーバーにSSH接続し、Gitのインストールを続行できます。

Gitをインストールする

このセクションでは、Gitをインストールする2つの最も一般的な方法について説明します。 各オプションにはそれぞれ長所と短所があり、選択はユーザーのニーズによって異なります。 たとえば、Gitソフトウェアの更新を維持したいユーザーは、Gitのインストールに「+ yum +」を使用し、Gitの特定のバージョンで提供される機能が必要なユーザーは、そのバージョンをソースからビルドしたいと思うでしょう。

オプション1-YumでGitをインストールする

Gitをインストールしてすぐに使用できるようにする最も簡単な方法は、CentOSのデフォルトリポジトリを使用することです。 これは最速の方法ですが、この方法でインストールされるGitバージョンは、利用可能な最新バージョンよりも古い場合があります。 最新のリリースが必要な場合は、ソースから `+ git +`をコンパイルすることを検討してください(この方法の手順については、このチュートリアルの下にあります)。

CentOSのネイティブパッケージマネージャーである `+ yum `を使用して、CentOSのリポジトリで利用可能な最新の ` git +`パッケージを検索してインストールします。

sudo yum install git

コマンドがエラーなしで完了すると、 `+ git +`がダウンロードおよびインストールされます。 正しく動作していることを再確認するには、Gitの組み込みバージョンチェックを実行してみてください。

git --version

そのチェックでGitのバージョン番号が生成された場合、この記事のさらに下にある* Gitのセットアップ*に進むことができます。

オプション2-ソースからGitをインストールする

利用可能なGitの最新リリースをダウンロードする場合、または単にインストールプロセスの柔軟性を高めたい場合、最適な方法はソースからソフトウェアをコンパイルすることです。 これには時間がかかり、 `+ yum +`パッケージマネージャーを介して更新および保守されませんが、CentOSリポジトリーで利用可能なものよりも新しいバージョンをダウンロードできるようになり、オプションを制御できるようになります。含めることができます。

開始する前に、 `+ git +`が依存するソフトウェアをインストールする必要があります。 これらの依存関係は、ソースからバイナリをビルドするために必要なツールとともに、すべてデフォルトのCentOSリポジトリで利用できます。

sudo yum groupinstall "Development Tools"
sudo yum install gettext-devel openssl-devel perl-CPAN perl-devel zlib-devel

必要な依存関係をインストールしたら、GitHubのプロジェクトのhttps://github.com/git/git/releases [リリースページ]にアクセスして、目的のGitのバージョンを調べることができます。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/git_centos7/git_releases.png [GitHubのGitリリース]

リストの一番上にあるバージョンは最新のリリースです。 名前に「+ -rc +」(「Release Candidate」の略)がない場合、それは安定したリリースであり、使用しても安全であることを意味します。 ダウンロードするバージョンをクリックして、そのバージョンのリリースページに移動します。 次に、[* Source code(tar.gz)*]ボタンを右クリックして、リンクをクリップボードにコピーします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/git_centos7/git_download.png [ソースコードリンクのコピー]

次に、CentOSサーバーで「+ wget 」コマンドを使用して、コピーしたリンクからソースアーカイブをダウンロードし、プロセスで「 git.tar.gz +」に名前を変更して、作業しやすくします。

*注意:*ダウンロードしたリリースは異なる場合があるため、コピーしたURLは私のURLと異なる場合があります。

wget https://github.com/git/git/archive/v2.1.2.tar.gz -O git.tar.gz

ダウンロードが完了したら、 + tar +`を使用してソースアーカイブを解凍できます。 解凍が正しく行われるようにするには、いくつかの追加のフラグが必要です。+ z + はアーカイブを解凍し(すべての.gzファイルが圧縮されているため)、 + x + `はアーカイブから個々のファイルとフォルダーを抽出し、 `+ f `は、作業するファイル名を宣言していることを ` tar +`に伝えます。

tar -zxf git.tar.gz

これにより、ダウンロードしたGitのバージョンにちなんで名付けられたフォルダーに圧縮ソースが解凍されます(この例では、バージョンは2.1.2なので、フォルダーの名前は + git-2.1.2 +`です)。 ビルドの構成を開始するには、そのフォルダーに移動する必要があります。 フォルダー内の完全なバージョン名を気にする代わりに、ワイルドカード( `+ * +)を使用して、そのフォルダーに移動する際のトラブルを回避できます。

cd git-*

ソースフォルダーに移動したら、ソースビルドプロセスを開始できます。 これは、ソフトウェアの依存関係やハードウェア構成などのビルド前チェックから始まります。 `+ make configure `によって生成される ` configure `スクリプトで必要なものすべてをチェックできます。 このスクリプトは、「-prefix 」を使用して「 / usr / local 」(Linuxプラットフォームのデフォルトのプログラムフォルダ)を新しいバイナリの適切な宛先として宣言し、使用する「 Makefile +」を作成します次のステップで。

make configure
./configure --prefix=/usr/local

Makefileは、 + make +`ユーティリティによって処理されるスクリプト可能な設定ファイルです。 Makefileは、プログラムを適切に実行できるように、プログラムをコンパイルしてCentOSインストールにリンクする方法を「+ make +」に指示します。 Makefileを配置したら、(+ make install + `( + sudo + `特権付き)を実行して、ソースコードを動作中のプログラムにコンパイルし、サーバーにインストールできます。

sudo make install

これで、Gitがビルドされ、CentOS 7サーバーにインストールされます。 正しく動作していることを再確認するには、Gitの組み込みバージョンチェックを実行してみてください。

git --version

そのチェックでGitバージョン番号が生成された場合、以下の* Gitのセットアップ*に進むことができます。

Gitをセットアップする

`+ git `がインストールされたので、正しい情報が添付されたコミットメッセージが生成されるように、自分に関する情報を送信する必要があります。 これを行うには、 ` git config +`コマンドを使用して、コミットに埋め込みたい名前とメールアドレスを提供します:

git config --global user.name ""
git config --global user.email ""

これらの構成が正常に追加されたことを確認するために、次のように入力して設定されたすべての構成アイテムを確認できます。

git config --list
user.name=
user.email=

この構成により、エラーメッセージが表示され、コミットを送信した後に修正する必要がなくなります。

結論

これで、 `+ git +`がインストールされ、システムで使用する準備ができました。 Gitの使用方法の詳細については、これらの詳細な記事をご覧ください。

Related