Ubuntu 16.04にownCloudをインストールおよび構成する方法

前書き

ownCloudは、ドキュメントや写真などの個人コンテンツをDropboxのような一元化された場所に保存できるファイル共有サーバーです。 ownCloudとの違いは、無料でオープンソースであり、だれでも使用および検証できることです。 また、機密データの制御とセキュリティが返されるため、サードパーティのクラウドホスティングサービスの利用が不要になります。

このチュートリアルでは、Ubuntu 16.04サーバーにownCloudインスタンスをインストールして構成します。

前提条件

このガイドの手順を完了するには、次のものが必要です。

  • サーバー上のsudoユーザー:https://www.digitalocean.com/community/tutorials/initial-server-setup-with-ubuntu-16-04[Ubuntu 16.04初期サーバーセットアップガイド]。

  • * LAMPスタック*:ownCloudが正しく機能するには、Webサーバー、データベース、およびPHPが必要です。 LAMPスタック(Linux、Apache、MySQL、およびPHP)サーバーをセットアップすると、これらの要件がすべて満たされます。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-install-linux-apache-mysql-php-lamp-stack-on-ubuntu-16-04 [このガイド]に従って、このソフトウェアをインストールおよび構成してください。 。

  • ownCloudが提供するすべての機能を最大限に活用するには、次のPHPモジュールをインストールしてください: + php-bz2 ++ php-curl ++ php-gd ++ php-imagick ++ php-intl ++ php-mbstring ++ php-xml +、および + php-zip +

  • * SSL証明書*:この設定方法は、サーバーに解決されるドメイン名があるかどうかによって異なります。

  • *ドメイン名を持っている場合…*サイトを保護する最も簡単な方法は、無料の信頼できる証明書を提供するLet’s Encryptを使用することです。 Apacheの暗号化ガイドに従って設定してください。 。

  • *ドメインがない場合…*この構成をテストまたは個人的な使用のために使用している場合は、代わりに自己署名証明書を使用できます。 これにより、同じタイプの暗号化が提供されますが、ドメイン検証は行われません。 https://www.digitalocean.com/community/tutorials/how-to-create-a-self-signed-ssl-certificate-for-apache-in-ubuntu-16-04 [自己署名SSLガイドApache]をセットアップします。

ステップ1 – ownCloudのインストール

ownCloudサーバーパッケージは、Ubuntuのデフォルトリポジトリ内に存在しません。 ただし、ownCloudはディストリビューション専用のリポジトリを保持しています。

まず、 `+ curl `コマンドを使用してリリースキーをダウンロードし、 ` add `コマンドを使用して ` apt-key +`ユーティリティでインポートします。

sudo curl https://download.owncloud.org/download/repositories/stable/Ubuntu_16.04/Release.key | sudo apt-key add -
Output. . .
 % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100  1358  100  1358    0     0   2057      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--  2057

「Release.key」ファイルには、ownCloudパッケージが本物であることを確認するために「+ apt +」が使用するPGP(Pretty Good Privacy)公開鍵が含まれています。

キーのインポートに加えて、「+ apt 」用の「 sources.list.d 」ディレクトリに「 owncloud.list +」というファイルを作成します。 ファイルには、ownCloudリポジトリへのアドレスが含まれます。

echo 'deb https://download.owncloud.org/download/repositories/stable/Ubuntu_16.04/ /' | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/owncloud.list
Outputdeb https://download.owncloud.org/download/repositories/stable/Ubuntu_16.04/ /

新しいソースを追加した後、 + apt-get`ユーティリティと + update`コマンドを使用して、 `+ apt +`が変更を認識できるようにします。

sudo apt-get update
Output. . .
W: https://download.owncloud.org/download/repositories/stable/Ubuntu_16.04/Release.gpg: Signature by key DDA2C105C4B73A6649AD2BBD47AE7F72479BC94B uses weak digest algorithm (SHA1)

最後に、 + apt-get`ユーティリティと + install`コマンドを使用して、ownCloudのインストールを実行します。

sudo apt-get install owncloud

+のプロンプトが表示されたら、続行しますか? [Y / n] + `メッセージ、 + ENTER + `キーを押してインストールを確認します。

OutputSetting up owncloud-deps-php7.0 (9.1.1-1.2) ...
Enabling conf owncloud.
, you need to run:
 service apache2 reload
apache2_invoke: Enable module rewrite
apache2_invoke owncloud: already enabled
Setting up owncloud (9.1.1-1.2) ...
Processing triggers for libc-bin (2.23-0ubuntu4) ...
Processing triggers for libapache2-mod-php7.0 (7.0.8-0ubuntu0.16.04.3) ...

出力からわかるように、インストールによりApacheの新しい構成が作成されました。 `+ reload `コマンドで ` systemctl +`ユーティリティを使用して、Apacheデーモンに変更を認識させます:

sudo systemctl reload apache2

ownCloudサーバーがインストールされたら、使用するデータベースのセットアップに進みます。

ステップ2 – MySQLデータベースの構成

開始するには、管理アカウントでMySQLにログインします。

mysql -u root -p

データベースサーバーをインストールしたときにMySQLルートユーザーに設定したパスワードを入力します。

ownCloudには、管理データを保存するための個別のデータベースが必要です。 このデータベースは好きな名前で呼び出すことができますが、シンプルにするために `+ owncloud +`という名前に決めました。

CREATE DATABASE owncloud;

次に、新しく作成されたデータベースと対話する別のMySQLユーザーアカウントを作成します。 管理とセキュリティの観点から、単一機能のデータベースとアカウントを作成することをお勧めします。 データベースの命名と同様に、希望するユーザー名を選択します。 このガイドでは、「+ owncloud +」という名前を使用することにしました。

GRANT ALL ON owncloud.* to 'owncloud'@'localhost' IDENTIFIED BY '';

ユーザーがデータベースへのアクセスを割り当てられた状態で、flush-privileges操作を実行して、MySQLの実行中のインスタンスが最近の特権の割り当てを認識していることを確認します。

FLUSH PRIVILEGES;

これでMySQLの構成が完了しました。したがって、次のように入力してセッションを終了します。

exit

ownCloudサーバーがインストールされ、データベースがセットアップされたら、ownCloudアプリケーションの設定に注意を向ける準備ができました。

ステップ3-ownCloudの構成

ownCloud Webインターフェースにアクセスするには、Webブラウザーを開き、次のアドレスに移動します。

https:///owncloud

自己署名証明書が使用されている場合、証明書はブラウザの信頼できる機関のいずれかによって署名されていないため、警告が表示される可能性があります。 これは予想される正常な動作です。 証明書の暗号化の側面のみに関心があり、ホストの信頼性の第三者による検証には関心がありません。 適切なボタンまたはリンクをクリックして、ownCloud管理ページに進みます。

このようなものが見えるはずです。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/owncloud_install_ubuntu_16.04/admin_page.png [ownCloud管理ページ]

ユーザー名とパスワードを選択して管理者アカウントを作成します。 セキュリティのために、ユーザー名に「admin」などを使用することはお勧めしません。

画像:https://assets.digitalocean.com/articles/owncloud_install_ubuntu_16.04/admin_user.png [ownCloud Admin Account]

  • [セットアップの完了]ボタンをクリックする前に、[ストレージとデータベース]リンクをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/owncloud_install_ubuntu_16.04/db_configure.png [ownCloud Database Configure]

  • Data folder 設定をそのままにして、 Configure the database セクションの MySQL / MariaDB *ボタンをクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/owncloud_install_ubuntu_16.04/db_settings.png [ownCloudデータベース設定]

前の手順で構成したデータベース情報を入力します。 以下は、このガイドで使用したデータベース資格情報と一致する例です。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/owncloud_install_ubuntu_16.04/db_example.png [ownCloudデータベースの例]

  • [セットアップの完了]ボタンをクリックして、ownCloudにサインインします。 *すべてのデータの安全な家*スプラッシュ画面が表示されます:

image:https://assets.digitalocean.com/articles/owncloud_install_ubuntu_16.04/welcome_screen.png [ownCloud Welcome Screen]

スプラッシュ画面の右上隅にある* x *をクリックして、メインインターフェイスにアクセスします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/owncloud_install_ubuntu_16.04/main_interface.png [ownCloud Main Interface]

ここでは、パーソナルクラウドにファイルを作成またはアップロードできます。

結論

ownCloudは、一般的なサードパーティのクラウドストレージサービスの機能を複製できます。 コンテンツは、ユーザー間で共有することも、パブリックURLを使用して外部で共有することもできます。 ownCloudの利点は、情報が管理している場所に安全に保存されることです。

インターフェースを確認し、追加機能については、https://apps.owncloud.com/ [ownCloudのアプリストア]を使用してプラグインをインストールします。

前の投稿:Ubuntu 16.04でApt-Getを使用してJavaをインストールする方法
次の投稿:Comment installer Ruby on Rails avec RVM sur Ubuntu 18.04