CentOS 6.5でOpenShift Originをインストールおよび構成する方法

前書き

OpenShiftはRed HatのPlatform-as-a-Service(PaaS)であり、開発者はクラウド環境でアプリケーションを迅速に開発、ホスト、およびスケーリングできます。 OpenShift Originは、OpenShiftの上流のオープンソースです。 、、、、、、、などを含むさまざまな言語、ランタイム、およびデータレイヤーのサポートが組み込まれています。 カスタムカートリッジまたはコミュニティカートリッジを使用して、OpenShiftに新しいランタイムとフレームワークを追加できます。

Webアプリケーションを簡単にスケーリングすることが、OpenShift Originで実行する主な理由です。

*注:このチュートリアルでは、ユーザー入力は。*で強調表示されます。

OpenShiftの仕組み

OpenShiftロール

OpenShiftプラットフォームで使用される4つの役割があります。 このチュートリアルでの役割の役割を知っていることはそれほど重要ではありませんが、高可用性や負荷分散などを提供するためにサーバーのクラスターを展開する場合は、これらの役割が提供する機能を理解する必要があります。

チュートリアルでは、これらすべての役割を実行するように単一のサーバーを構成します。

ブローカ

ブローカーの役割は、OpenShift Broker RPMとMCollectiveクライアントで構成されます。 ブローカーは、OpenShiftデプロイメントの中心的なハブとして機能し、ユーザーがホストされたアプリケーションを管理できるWebインターフェースを提供します。

  • DBServer *

この役割は、ブローカーがユーザーとアプリケーションを追跡するために使用するMongoDBデータベースで構成されます。

  • MsgServer *

MsgServerロールには、ActiveMQサーバーとMCollectiveクライアントが含まれます。

ノード

Nodeロールは、OpenShiftでホストされるアプリケーションを保存および提供するために実際に使用されるホストに割り当てられます。 oo-installは、初期インストールの一部として、および既存のOpenShift展開に新しいノードを追加するワークフローの一部として、ノードの展開をサポートします。

OpenShiftアーキテクチャ

OpenShiftは、高可用性でスケーラブルなアプリケーションプラットフォームになるように設計されています。 適切に構成されていれば、大規模なOpenShiftデプロイメントにより、ダウンタイムをゼロにしながら、需要が増加したときにアプリケーションを簡単にスケーリングできます。 複数のデータセンターの場所にあるOpenShiftホストのクラスターを使用すると、データセンター全体がダウンしても生き残ることができます。 このチュートリアルでは、OpenShiftに必要なすべてのロールを実行する最初のOpenShiftホストをセットアップします。

クライアントの観点から見た仕組み

  • クライアントがサイトにアクセスしたい。

  • クライアントのブラウザは、ドメインのDNSレコードを要求します。

  • DNSサーバーは、アプリケーションをホストするノードのIPアドレスで応答します。

  • クライアントのブラウザーは、ノードにGET要求を送信します。

  • ノードは、要求を目的のアプリケーションにマップします。

  • アプリケーション自体がリクエストに直接応答します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/configure_openshift/1.png [image]

  • DNSサーバーは、どのノードがアプリケーションを実行しているかをどのようにして知りましたか?*

開発者はブローカーに接続して、アプリケーションを作成/管理します。 所有者がアプリケーションを変更すると、ブローカーは新しい情報を含むメッセージをDNSサーバーに送信します。 この情報には、アプリケーションに使用されているドメインと、アプリケーションをホストしているノードが含まれます。 この自動化のため、OpenShiftには、アプリに使用されるドメインまたはサブドメインのDNSゾーンを制御する必要があります。

OpenShiftはバインドDNSサーバーを使用します。 既存のバインドDNSサーバーがある場合は、OpenShiftがそれを使用するように構成できます。 ただし、このチュートリアルでは、OpenShift Originインストーラーによって自動的に構成された新しいDNSサーバーを使用するプロセスについて説明します。

既存のBIND DNSサーバーを使用する場合は、http://openshift.github.io/documentation/oo_deployment_guide_comprehensive.html#dns [OpenShift Origin Comprehensive Deployment Guide]でDNSのセットアップ手順を参照できます。

DNS設定

このチュートリアルの残りの部分では、次のドメインを使用します。 これらを独自のものに置き換え、パーソナライズされた命名規則を自由に使用してください。

  • * example-dns.com *-ネームサーバーに使用

  • * ns1.example-dns.com *

  • * ns2.example-dns.com *

  • * example.com *

  • * apps.example.com *-OpenShiftアプリケーションに使用

  • * openshift.example.com *-OpenShiftホストに使用

  • * master.openshift.example.com *-ドロップレットのホスト名

前提条件

液滴の要件

  • * 1GB以上のドロップレット*

OpenShiftのインストールはかなりリソースを消費し、一部のパッケージは512 MBのRAM使用量を超える場合があります。 1 GB以上のドロップレットを使用する必要があります。 インストーラーの最後にカートリッジの登録に問題がある場合は、メモリ不足のためにインストールに失敗したパッケージがある可能性があります。 これは、インストールログを調べることで確認できます。

インストールログを確認するには:

cat /tmp/openshift-deploy.log

サポートされているオペレーティングシステム

  • * CentOS 6.5 64ビット*(標準のDigitalOceanイメージ)

OpenShift Origin 4は、64ビットバージョンのRed Hat Enterprise Linux(RHEL)6.4以上およびCentOS 6.4以上でサポートされています。 Fedora、RHEL 7.x、またはCentOS 7.xではサポートされていません。 OpenShiftとのパッケージの非互換性を回避するために、RHEL / CentOSの最小インストールをお勧めします。 このチュートリアルでは、1 GBのドロップレットで標準のDigital Ocean CentOS 6.5 x64イメージを使用します。

インストーラーの依存関係

OpenShift Originインストーラーには次のユーティリティが必要です。 このチュートリアルでは、Rubyのインストール方法を示します。 他のパッケージは、DigitalOcean CentOS 6.5イメージとともにデフォルトですでにインストールされています。

  • カール

  • * ruby​​ *-1.8.7以降

  • * ssh *-インストーラーホスト以外のシステムに展開する場合

ルートアクセス

このチュートリアルの残りの部分では、rootユーザーアカウント、またはsudo特権を持つユーザーアカウントでサーバーに接続していることを前提としています。

別のアカウントからルートシェルに入るには:

sudo su

ステップ1-アップデートのインストール

先に進む前に、最新の更新プログラムがインストールされていることを確認することをお勧めします。

更新をインストールするには:

yum update

ステップ2-優先テキストエディターのインストール

このチュートリアルでは、お気に入りのテキストエディターを使用できます。ただし、例ではNanoを使用します。

Nanoのインストール:

yum install nano

Nanoでファイルの編集が完了したら、* Ctrl + X を押し、 Y を押して保存し、 Enter *を押して既存のファイルを上書きします。

ステップ3-Rubyをインストールする

Rubyは、CentOS 6.5の最小インストールではデフォルトでインストールされません。

Rubyをインストールするには:

yum install ruby

ステップ4-ホスト名を設定する

ホスト名が正しく構成され、ローカルマシンに解決されることを確認する必要があります。 これが正しく構成されていない場合、Puppetは必要なサービスを展開できません。

現在のホスト名を確認するには:

hostname

OpenShiftコントロールパネルに使用するURLが表示されます。 私たちの場合、これは* master.openshift.example.com *です。

ファイルを開きます:

nano /etc/sysconfig/network

ニーズに合わせてファイルを編集します。

NETWORKING=yes
HOSTNAME=

次回の再起動時に、ホスト名が更新されます。 さらにいくつかの手順を実行した後に再起動します。

ステップ5-ホスト名をローカルホストに解決する

これにより、puppetがインストール中にホスト名を正しく解決できるようになります。

次に、ファイル/ etc / hostsを開きます。

nano /etc/hosts

次の行にホスト名を追加します。

127.0.0.1    localhost localhost.localdomain
::1         localhost6 localhost6.localdomain6

ステップ6-SELinuxを有効にする

SELinux(Security-Enhanced Linux)は、米国国防総省スタイルの強制アクセス制御(MAC)など、アクセス制御セキュリティポリシーをサポートするメカニズムを提供するLinuxカーネルセキュリティモジュールです。 このカーネルモジュールは、OpenShiftがアプリケーションを安全に分離するための要件です。

SELinuxの詳細、および実稼働環境でOpenShiftを使用する前に実行する必要がある高度な構成については、以下にリンクされているシリーズを参照してください。 このシリーズはCentOS 7に基づいていますが、原則と導入プロセスは同じです。

このチュートリアルでは、SELinuxを「+ enforcing +」モードに設定して有効にします。

開いた :

nano /etc/sysconfig/selinux

SELinuxを次のように変更します。

# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
#       enforcing - SELinux security policy is enforced.
#       permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
#       disabled - SELinux is fully disabled.

# SELINUXTYPE= type of policy in use. Possible values are:
#       targeted - Only targeted network daemons are protected.
#       strict - Full SELinux protection.
SELINUXTYPE=targeted

# SETLOCALDEFS= Check local definition changes
SETLOCALDEFS=0

次に、再起動して設定を有効にします。

reboot

SSHを使用している場合、再起動の完了後に再接続する必要があります。

ステップ7-OpenShift Originのインストール

次に、OpenShift Originをインストールします。

OpenShiftのインストールには、curl-to-shell、ポータブルインストーラー、またはソースからのインストールの3つのオプションがあります。 この記事では、OpenShift Originのインストールにcurl-to-shellメソッドを使用します。

この構成には数分かかり、インストール自体は最大1時間かかる場合がありますが、その部分でサーバーをベビーシッターする必要はありません。

インストーラーを開始するには:

sh <(curl -s https://install.openshift.com/)

(オプション)インストールオプション

コマンドラインオプションは、大規模なエンタープライズ展開に役立ちます。 定義済みの構成ファイルがある場合、または既存のPuppetインストールがある場合、これらのオプションを使用してインストールプロセスを高速化できます。 これは単一サーバーへの最初の展開であるため、以下にリストされているオプションは使用しません。 ただし、将来Openshiftの展開を拡張する必要がある場合は、これらのオプションが提供する機能を知っておくと役立ちます。

詳細については、http://openshift.github.io/documentation/oo_install_users_guide.html#installer-command-line-options [公式ドキュメント]を確認できます。

-a  --advanced-mode             Enable access to message server and db server customization
-c  --config-file FILEPATH      The path to an alternate config file
-w  --workflow WORKFLOW_ID      The installer workflow for unattended deployment
   --force                     Ignore workflow warnings and automatically install missing RPMs
-l  --list-workflows            List the workflow IDs for use with unattended deployment
-e  --enterprise-mode           Show OpenShift Enterprise options (ignored in unattended mode)
-s  --subscription-type TYPE    The software source for installation packages
-u  --username USERNAME         Login username
-p  --password PASSWORD         Login password
   --use-existing-puppet       For Origin; do not attempt to install the Puppet module
-d  --debug                     Enable debugging messages

ステップ8-インストーラーの質問に答える

OpenShift Originは、対話型インストールプロセスを使用します。 答えるべき質問がかなりありますので、注意してください! 質問を以下に示し、ユーザー入力はにあります。

Welcome to OpenShift.

This installer will guide you through a basic system deployment, based
on one of the scenarios below.

Select from the following installation scenarios.
You can also type '?' for Help or 'q' to Quit:
1. Install OpenShift Origin
2. Add a Node to an OpenShift Origin deployment
3. Generate a Puppet Configuration File
Type a selection and press <return>:

インストーラーは、インストールシナリオのプロンプトを表示します。 * 1 を入力し、 Enter *を押します。

DNS-新しいDNSサーバーをインストールする

----------------------------------------------------------------------
DNS Configuration
----------------------------------------------------------------------

First off, we will configure some DNS information for this system.

Do you want me to install a new DNS server for OpenShift-hosted
applications, or do you want this system to use an existing DNS
server? (Answer 'yes' to have me install a DNS server.) (y/n/q/?)

このチュートリアルでは、新しいDNSサーバーを展開するため、* y と入力して Enter *を押します。

DNS-アプリケーションドメイン

All of your hosted applications will have a DNS name of the form:
<app_name>-<owner_namespace>.<all_applications_domain>

What domain name should be used for all the hosted apps in your
OpenShift system? |example.com|

ホストアプリケーションに使用するドメイン(この例では* apps.example.com )を入力し、 Enter *を押します。

DNS-OpenShift Hostsドメイン

Do you want to register DNS entries for your OpenShift hosts with the
same OpenShift DNS service that will be managing DNS records for the
hosted applications? (y/n/q)

What domain do you want to use for the OpenShift hosts?

OpenShiftホストに使用するドメイン(この例では「+ openshift.example.com +」)を入力し、* Enter *を押します。

DNS-ネームサーバーのFQDN

Hostname (the FQDN that other OpenShift hosts will use to connect to
the host that you are describing):

同じDropletでDNSをホストしているため、このマシンの完全修飾ドメイン名を使用します。 ホストのFQDN(この例では「+ master.openshift.example.com +」)を入力し、* Enter *を押します。

DNS-SSHホスト名

Hostname / IP address for SSH access to master.openshift.example.com
from the host where you are running oo-install. You can say
'localhost' if you are running oo-install from the system that you are
describing: |master.openshift.example.com|
Using current user (root) for local installation.

これは、OpenShiftのインストールを実行するために使用されるホスト名です。 インストーラーを実行している同じDropletにインストールするため、localhostを使用できます。 「+ localhost +」と入力して、* Enter *を押します。

DNS-IPアドレスの構成

プライベートネットワークを有効にしている場合、ノードの役割を割り当てるホストにはWANインターフェイス/ IPアドレスを使用する必要があります。 このチュートリアルでは単一のホストにのみインストールするため、このホストのインターフェースとしてeth0を使用していることを確認してください。 複数のブローカーとDBServerを使用した大規模なセットアップでは、これらのホストにのみプライベートネットワークインターフェイスを使用します。 ノードでプライベートインターフェイスを使用しようとすると、展開中にIPアドレスエラーが発生します。

Detected IP address 104.131.174.112 at interface eth0 for this host.
Do you want Nodes to use this IP information to reach this host?
(y/n/q/?)

Normally, the BIND DNS server that is installed on this host will be
reachable from other OpenShift components using the host's configured
IP address (104.131.174.112).

If that will work in your deployment, press <enter> to accept the
default value. Otherwise, provide an alternate IP address that will
enable other OpenShift components to reach the BIND DNS service on
this host: |104.131.174.112|

That's all of the DNS information that we need right now. Next, we
need to gather information about the hosts in your OpenShift
deployment.

このチュートリアルでは、上の図に示すようにデフォルト設定を使用します。

ブローカー構成

----------------------------------------------------------------------
Broker Configuration
----------------------------------------------------------------------
Do you already have a running Broker? (y/n/q)

Okay. I'm going to need you to tell me about the host where you want
to install the Broker.

Do you want to assign the Broker role to master.openshift.example.com?
(y/n/q/?)

Okay. Adding the Broker role to master.openshift.example.com.

That's everything we need to know right now for this Broker.

Do you want to configure an additional Broker? (y/n/q)

Moving on to the next role.

インストーラーは、ブローカーのセットアップを要求します。 この例では、ブローカーがまだないため、master.openshift.example.comにロールをインストールします。

ノード構成

----------------------------------------------------------------------
Node Configuration
----------------------------------------------------------------------
Do you already have a running Node? (y/n/q)

Okay. I'm going to need you to tell me about the host where you want
to install the Node.

Do you want to assign the Node role to master.openshift.example.com?
(y/n/q/?)

Okay. Adding the Node role to master.openshift.example.com.

That's everything we need to know right now for this Node.

Do you want to configure an additional Node? (y/n/q)

インストーラーはノードのセットアップを要求します。 この例では、まだノードがないため、ロールをにインストールします。 この時点で、インストーラーはユーザーアカウントを構成するように求めます。 この例では、インストーラーに資格情報を生成させることを選択しました。

ユーザー名とパスワードの構成

Do you want to manually specify usernames and passwords for the
various supporting service accounts? Answer 'N' to have the values
generated for you (y/n/q)

展開に使用されるユーザー名とパスワードを手動で構成する場合は、ここで行うことができます。 この例では、それらを自動的に生成することにしました。 * n を入力し、 Enter *を押します。

出力に注意してください。 チュートリアルの後半の「アカウント設定」テーブルの値、特にとが必要になります。

Account Settings
+----------------------------+------------------------+
| OpenShift Console User     | demo                   |
| OpenShift Console Password | S94XXXXXXXXXXXXXXXH8w  |
...

展開を完了する

Host Information
+------------------------------+------------+
| Hostname                     | Roles      |
+------------------------------+------------+
| master.openshift.example.com | Broker     |
|                              | NameServer |
|                              | Node       |
+------------------------------+------------+

Choose an action:
1. Change the deployment configuration
2. View the full host configuration details
3. Proceed with deployment
Type a selection and press <return>:

構成に満足したら、* 3 を入力し、 Enter *を押します。

リポジトリのサブスクリプション

Do you want to make any changes to the subscription info in the
configuration file? (y/n/q/?)

Do you want to set any temporary subscription settings for this
installation only? (y/n/q/?)

このチュートリアルでは、デフォルトのミラーを使用します。 両方の質問に対して* n を入力し、 Enter *を押します。

飛行前チェック

The following RPMs are required, but not installed on this host:
* puppet
* bind
Do you want to want me to try to install them for you? (y/n/q)

インストーラーは、プリフライトチェックを実行します。 この例のPuppetやBINDなどのパッケージをインストールする必要がある場合は、* y と入力して Enter *を押します。

_注:この質問に回答すると、Puppetはサーバー上で最大1時間実行され、OpenShift Originを構成します。

出力例を次に示します。

master.openshift.example.com: Running Puppet deployment for host
<^>Error: Could not uninstall module 'openshift-openshift_origin'
 Module 'openshift-openshift_origin' is not installed
master.openshift.example.com: Puppet module removal failed. This is expected if the module was not installed.<^>
master.openshift.example.com: Attempting Puppet module installation (try #1)
<^>Warning: Symlinks in modules are unsupported. Please investigate symlink duritong-sysctl-0.0.5/spec/fixtures/modules/sysctl/manifests->../../../../manifests.
Warning: Symlinks in modules are unsupported. Please investigate symlink duritong-sysctl-0.0.5/spec/fixtures/modules/sysctl/lib->../../../../lib.<^>
master.openshift.example.com: Puppet module installation succeeded.
master.openshift.example.com: Cleaning yum repos.
master.openshift.example.com: Running the Puppet deployment. This step may take up to an hour.

_注:出力の赤いテキストは、エラーと警告を強調するために使用されます。

これで、インストーラーが残りの展開を実行します。 このプロセス中に警告が表示される場合があります(上の画像を参照)。 これらは正常であり、展開には影響しません。 このプロセスは完了するまでに1時間以上かかる場合があります。

再デプロイ

Puppetが最初にすべてを正しく構成しなかった場合、構成全体を再度実行せずにPuppetデプロイメントを再実行できます。 OpenShift Originダッシュボードに最初にアクセスしたときにエラーが表示された場合は、おそらくこれを行う必要があります。

インストーラーを再度実行します。

sh <(curl -s https://install.openshift.com/)

今回は、3番目のオプションを選択して、新しいPuppet構成ファイルを生成します。 すべての出力が下に表示されるわけではありません-質問と回答だけです。

Select from the following installation scenarios.
You can also type '?' for Help or 'q' to Quit:
1. Install OpenShift Origin
2. Add a Node to an OpenShift Origin deployment
3. Generate a Puppet Configuration File
Type a selection and press <return>:

Choose an action:
1. Change the deployment configuration
2. View the full host configuration details
3. Proceed with deployment
Type a selection and press <return>:

Do you want to make any changes to the subscription info in the
configuration file? (y/n/q/?)

Do you want to set any temporary subscription settings for this
installation only? (y/n/q/?)

出力に表示されるファイル名を書き留めます。

Puppt template created at /root/oo_install_configure_master.openshift.example.com.pp
To run it, copy it to its host and invoke it with puppet: `puppet
apply <filename>`.

All tasks completed.
oo-install exited; removing temporary assets.

指定されたファイル名を使用して、Puppet構成を実行します。

puppet apply

ステップ9-OpenShiftデプロイメントのテスト

これで、OpenShiftのインストールが完了しました。 Webブラウザで次のURLにアクセスして、OpenShift Deploymentをテストできます。

https:///

image:https://assets.digitalocean.com/articles/configure_openshift/2.png [ブラウザ証明書の警告]

OpenShiftは自己署名証明書を使用するため、Webブラウザーでこの例外を追加する必要があります。

以前に資格情報をメモしていなかった場合は、「アカウント設定」出力セクションまでスクロールバックし、とを使用してログインします。

Account Settings
+----------------------------+------------------------+
| OpenShift Console User     |                    |
| OpenShift Console Password |         |
| MCollective User           | mcollective            |
| MCollective Password       | dtdRNs8i1pWi3mL9JsNotA |
| MongoDB Admin User         | admin                  |
| MongoDB Admin Password     | RRgY8vJd2h5v4Irzfi8kkA |
| MongoDB Broker User        | openshift              |
| MongoDB Broker Password    | 28pO0rU8ohJ0KXgpqZKw   |
+----------------------------+------------------------+

image:https://assets.digitalocean.com/articles/configure_openshift/3.png [OpenShift Welcomeページ]

コンソールにログインできてもエラーが表示される場合は、Puppet設定の再デプロイが必要になる場合があります。 詳細については、前のセクションを参照してください。

ステップ10-OpenShift用にドメインを構成する

一般に、DNSエントリを作成するには、ドメインレジストラーのドキュメントに従う必要があります。 説明のために以下の画像を提供しています。 ネームサーバードメインの場合は、OpenShiftホストまたはBIND DNSサーバーのIPアドレスに置き換えます。 この例では、同じIPを指す2つのネームサーバーレコードを作成しました。 これは、ほとんどのドメインレジストラーが少なくとも2つのNSレコードを必要とするためです。 このチュートリアルでは、セカンダリバインドDNSサーバーをセットアップしませんでした。

  • example-dns.com * + Aレコード| ns1.example-dns.com ⇒ 104.131.174.112 + Aレコード| ns2.example-dns.com ⇒ 104.131.174.112

image:https://assets.digitalocean.com/articles/configure_openshift/4.png [ネームサーバーDNS設定]

設定したばかりのOpenShift DNSサーバーを使用するようにアプリケーションドメインに指示します。

  • example.com * + NS Record | ns1.example.com。 + NSレコード| ns2.example.com。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/configure_openshift/5.png [アプリドメインのDNS設定]

注:現時点では、単一のOpenShift Originサーバーのみを展開しているため、テスト目的でアプリドメインまたはサブドメインをOpenShiftサーバーのIPアドレスにポイントすることもできます。

これで、ブローカーのドメイン名からOpenShift Consoleにアクセスできるようになります。 この例では、master.openshift.example.comを使用しました。 新しいドメインを使用して、自己署名証明書の例外を再度追加する必要があります。

DNSレコードの構成に関する詳細については、以下にリストされているチュートリアルを参照してください。

ステップ11-最初のアプリケーションを作成する

image:https://assets.digitalocean.com/articles/configure_openshift/6.png [「最初のアプリケーションを今すぐ作成」をクリック]

OpenShift Originコンソールの[アプリケーション]ページで[最初のアプリケーションを今すぐ作成]をクリックします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/configure_openshift/7.png [「PHP 5.4」をクリック]

  • PHP 5.4 *をクリックして、カートリッジとして選択します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/configure_openshift/8.png [ドメイン名を設定]

これが最初のアプリケーションであるため、ドメイン名も指定する必要があります。 この例では、phpというアプリケーション名でdemo.apps.example.comを使用しました。 最終的なURLはphp-demo.apps.example.comになります。

残りのデフォルト設定はそのままにします。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/configure_openshift/9.png [「アプリケーションを作成」をクリック]

[*アプリケーションの作成]をクリックします。 アプリケーションの初期化には数分かかる場合があります。 このプロセスが完了したら、[ブラウザでアプリにアクセス]をクリックしてテストアプリケーションを表示できます。 デフォルトのPHPカートリッジページが表示されます。 このページでは、OpenShiftを使用してアプリケーションを編集およびデプロイする方法に関する有用な情報も提供します。

image:https://assets.digitalocean.com/articles/configure_openshift/10.png [PHPアプリケーションのデフォルトページ]

結論

単一サーバーのOpenshift Origin環境を正常にデプロイしました。 このサーバーには、4つのOpenShiftロールがすべて適用されています。 また、DNSサーバーとして構成されます。 ネームサーバーポインターに使用する1つのドメイン(example-dns.com)を構成しました。 アプリケーションとOpenShiftホストの解決に使用する2番目のドメイン(example.com)を構成しました。

前の投稿:Ubuntu 16.04でComposerをインストールして使用する方法
次の投稿:FreeBSD 10.1でカーネルをカスタマイズおよび再コンパイルする方法