MySQLまたはMariaDBでデータベースをインポートおよびエクスポートする方法

前書き

データベースをインポートおよびエクスポートできることは、重要なスキルです。 バックアップおよび復元の目的でデータダンプを使用すると、緊急時にデータベースの古いコピーを回復できます。 これらを使用して、データを新しいサーバーまたは開発環境に移行することもできます。

MySQLおよびMariaDBでのデータベースダンプの操作は非常に簡単です。 このチュートリアルでは、データベースをエクスポートする方法と、MySQLおよびMariaDBのダンプファイルからインポートする方法について説明します。

前提条件

MySQLまたはMariaDBデータベースをインポートおよび/またはエクスポートするには、次のものが必要です。

  • MySQLまたはMariaDBを実行しているLinuxサーバーへのアクセス

  • データベース名とそのユーザー資格情報

データベースのエクスポート

`+ mysqldump +`コンソールユーティリティは、データベースをSQLテキストファイルにエクスポートするために使用され、比較的簡単に転送および移動できます。 データベース名自体と、データベースへの少なくとも完全な読み取り専用アクセスを許可する権限を持つアカウントのユーザー名とパスワードが必要になります。

次のコマンド構造を使用してデータベースをエクスポートします。

mysqldump -u  -p  >
  • `+ username +`はデータベースにログインできるユーザー名です

  • `+ database_name +`はエクスポートされるデータベースの名前です

  • `+ data-dump.sql +`は、出力が保存される現在のディレクトリ内のファイルです

このコマンドは視覚的な出力を生成しませんが、次のコマンドを実行して、 `+ filename.sql +`の内容を調べて、それが正当なSQLダンプファイルであるかどうかを確認できます。

head -n 5

ファイルの上部はこれに似ているはずで、 `+ database_name +`という名前のデータベースのMySQLダンプであることを示しています。

SQL dump fragment-- MySQL dump 10.13  Distrib 5.7.16, for Linux (x86_64)
--
-- Host: localhost    Database:
-- ------------------------------------------------------
-- Server version       5.7.16-0ubuntu0.16.04.1

エクスポート処理中にエラーが発生した場合、 `+ mysqldump +`は代わりにそれらを画面に明確に出力します。

データベースのインポート

既存のダンプファイルをMySQLまたはMariaDBにインポートするには、新しいデータベースを作成する必要があります。 これは、ダンプファイルの内容がインポートされる場所です。

まず、* root *または新しいデータベースを作成するのに十分な権限を持つ別のユーザーとしてデータベースにログインします。

mysql -u  -p

これにより、MySQLシェルプロンプトが表示されます。 次に、次のコマンドで新しいデータベースを作成します。 この例では、新しいデータベースは「++」と呼ばれます:

CREATE DATABASE ;

この出力が表示され、作成されたことが確認されます。

OutputQuery OK, 1 row affected (0.00 sec)

次に、 `+ CTRL + D +`を押してMySQLシェルを終了します。 通常のコマンドラインから、次のコマンドを使用してダンプファイルをインポートできます。

mysql -u  -p  <
  • `+ username +`はデータベースにログインできるユーザー名です

  • `+ newdatabase +`は新しく作成されたデータベースの名前です

  • `+ data-dump.sql +`は、現在のディレクトリにあるインポートするデータダンプファイルです。

コマンドが正常に実行された場合、出力は生成されません。 プロセス中にエラーが発生した場合、 `+ mysql `は代わりにそれらをターミナルに出力します。 MySQLシェルに再度ログインしてデータを検査することにより、データベースがインポートされたことを確認できます。 これは、「 USE 」で新しいデータベースを選択し、「 SHOW TABLES; +」または同様のコマンドを使用して一部のデータを表示することで実行できます。

結論

これで、MySQLデータベースからデータベースダンプを作成する方法と、それらを再度インポートする方法がわかりました。 `+ mysqldump +`には、ダンプの作成方法を変更するために使用できる複数の追加設定があります。これについては、http://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/mysqldump.html [公式mysqldumpドキュメントページ]。

前の投稿:GitリポジトリをDigitalOcean Spacesにバックアップする方法
次の投稿:Ubuntu 16.04にPrometheusをインストールする方法