Ubuntu 14.04でSilexを開始する方法

前書き

SilexはSymfony2コンポーネント上に構築されたPHPマイクロフレームワークです。 小規模なWebサイトと大規模なアプリケーションを同様に構築するために使用できます。 簡潔で、拡張可能で、テスト可能です。

このチュートリアルでは、Silexをダウンロードして構成することから始めます。 次に、基本的なSilexアプリケーションの作成方法を学びます。

Composerを使用して、人気のPHPパッケージマネージャーであるSilexをインストールします。 Composerの詳細については、this tutorialを参照してください。 このチュートリアルの最後に、完全に機能するブログサイトが作成されます。

Note:このチュートリアルはUbuntuでテストされましたが、他のLinuxディストリビューションでも同様に機能するはずです。 リンクはUbuntuのチュートリアルを参照していますが、サーバーをセットアップし、LAMPスタックとGitをインストールするための適切なガイドを見つけてください。

前提条件

これらの前提条件を完了してください。

[[step-1 -—- installing-silex]] ==ステップ1—Silexのインストール

このセクションでは、Composerを使用してSilexをインストールします。 まず、作業ディレクトリをApacheドキュメントルート/var/www/htmlに変更します。

cd /var/www/html

次に、このフォルダーのデフォルトのコンテンツを削除します。

sudo rm /var/www/html/index.html

次に、すべてのファイルを公開しないように、/var/wwwディレクトリに移動します。

cd /var/www

次に、Composerをダウンロードします。

sudo curl -sS https://getcomposer.org/installer | sudo php

次に、Composerファイルcomposer.jsonを作成および編集します。

sudo nano composer.json

このファイルに、次の内容を追加します。

{
    "require": {
        "silex/silex": "~1.2"
    }
}

Composerに、Silexバージョン1.2を依存関係としてダウンロードするように指示しました。 ダウンロードを開始するには、次のコマンドを実行します。

sudo php composer.phar update

これで、ComposerはSilexとその依存関係をダウンロードします。これには数秒かかる場合があります。

[[step-2 -—- bootstrapping-silex]] ==ステップ2—ブートストラップSilex

このセクションでは、必要なファイルを含めてアプリケーションを作成し、Silexをブートストラップします。 開始するには、ファイル/var/www/html/index.phpを編集します。

sudo nano /var/www/html/index.php

このファイルに、次の基本的な内容を追加します。

run(); // Start the application, i.e. handle the request
?>

このチュートリアル全体を通して、このファイルに設定情報やその他のデータを追加します。 追加するすべての新しい行は、$app = new Silex\Application();行と$app->run();行の間のSection Aに配置されます。

同じファイルで、/var/www/html/index.phpはデバッグをオンにします。これは、アプリケーションの開発時に役立ちます。 この行をSection Aに追加します。

+ $app['debug'] = true;+

ステップ3-ブログアプリケーションの作成

このセクションでは、サンプルのブログアプリケーションを作成します。 代わりに独自のアプリケーションに焦点を合わせたい場合は、Silex documentationを見てください。

サンプルのブログアプリケーションを作成します。 データベースを利用しませんが、DoctrineServiceProvider documentationを見ると比較的簡単に変換できます。

Twigテンプレートエンジンの追加

まず、別の依存関係を追加することから始めます:Twig。 Twigは、Symfonyフレームワークでも使用されるテンプレートエンジンです。 アプリケーションのテンプレートを提供します。 追加するには、composer.jsonを編集します。

sudo nano /var/www/composer.json

次に、以下の赤で示されているtwigの新しい依存関係行を追加します。 前の行のコンマを忘れないでください:

{
    "require": {
        "silex/silex": "~1.2",
        "twig/twig": ">=1.8,<2.0-dev"
    }
}

次に、Composerの依存関係を更新します。

sudo php composer.phar update

mod_rewriteを有効にする

次に、Webサーバー(この場合はApache)を構成する必要があります。

まず、mod_rewriteを有効にし、.htaccessファイルの変更を許可していることを確認します。 このプロセスはthis tutorialで説明されていますが、Ubuntu 14.04のデフォルトの仮想ホストは/var/wwwではなく/var/www/htmlであることに注意してください。

モジュールを有効にした後(リンクされたチュートリアルで説明されているように)、/etc/apache2/sites-available/000-default.confファイルに次の行を追加します。

sudo vim /etc/apache2/sites-available/000-default.conf

                Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
                AllowOverride All
                Order allow,deny
                allow from all

次に、.htaccessファイルを作成して編集します。

sudo nano /var/www/html/.htaccess

このファイルに、次の内容を追加します。


    Options -MultiViews

    RewriteEngine On
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteRule ^ index.php [QSA,L]

これにより、存在しないファイルへの要求がアプリケーションを指すようになり、アプリケーションがルーティングを行えるようになります。

ブログコンテンツの作成

いくつかの記事を追加するために、タイトル、コンテンツ、著者、発行日を含む配列を作成します。 これを拡張するコンテナオブジェクトを使用して、アプリケーションオブジェクトに保存できます。 コンテナオブジェクトは複数のオブジェクトを保持でき、アプリケーション内の他のすべてのオブジェクトで再利用できます。 これを行うには、/var/www/html/index.phpSection Aに以下を追加します

sudo nano /var/www/html/index.php

次の内容を追加します。

$app['articles'] = array(
    array(
        'title'    => 'Lorem ipsum dolor sit amet',
        'contents' => 'Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Aenean mollis vestibulum ultricies. Sed sit amet sagittis nisl. Nulla leo metus, efficitur non risus ut, tempus convallis sem. Mauris pharetra sagittis ligula pharetra accumsan. Cras auctor porta enim, a eleifend enim volutpat vel. Nam volutpat maximus luctus. Phasellus interdum elementum nulla, nec mollis justo imperdiet ac. Duis arcu dolor, ultrices eu libero a, luctus sollicitudin diam. Phasellus finibus dictum turpis, nec tincidunt lacus ullamcorper et. Praesent laoreet odio lacus, nec lobortis est ultrices in. Etiam facilisis elementum lorem ut blandit. Nunc faucibus rutrum nulla quis convallis. Fusce molestie odio eu mauris molestie, a tempus lorem volutpat. Sed eu lacus eu velit tincidunt sodales nec et felis. Nullam velit ex, pharetra non lorem in, fringilla tristique dolor. Mauris vel erat nibh.',
        'author'   => 'Sammy',
        'date'     => '2014-12-18',
    ),
    array(
        'title'    => 'Duis ornare',
        'contents' => 'Duis ornare, odio sit amet euismod vulputate, purus dui fringilla neque, quis eleifend purus felis ut odio. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Pellentesque bibendum pretium ante, eu aliquet dolor feugiat et. Pellentesque laoreet est lectus, vitae vulputate libero sollicitudin consequat. Vivamus finibus interdum egestas. Nam sagittis vulputate lacus, non condimentum sapien lobortis a. Sed ligula ante, ultrices ut ullamcorper nec, facilisis ac mi. Nam in vehicula justo. In hac habitasse platea dictumst. Duis accumsan pellentesque turpis, nec eleifend ex suscipit commodo.',
        'author'   => 'Sammy',
        'date'     => '2014-11-08',
    ),
);

これらの記事は、アプリケーションのどこででも再利用でき、さらに自分で追加することもできます。 実際のWebサイトの場合、データベースを使用することをお勧めします。

ルーティング

基本的に、ルーティングはhttp://www.example.com/のようなURLを/にマップし、それに関連付けられた関数を実行します。 基本ルートを追加するには、/var/www/html/index.phpSection Aに以下を追加します。

sudo nano /var/www/html/index.php

内容:

$app->get('/', function (Silex\Application $app)  { // Match the root route (/) and supply the application as argument
    $output = '';
    foreach ($app['articles'] as $article) { // Create a basic list of article titles
        $output .= $article['title'];
        $output .= '
'; } return $output; // Return it to so it gets displayed by the browser });

これで、http://your_server_ipにアクセスすると、記事のタイトルのリストが表示されます。

The browser view of the page created above

テンプレート

ウェブサイトに正しい出力が表示されるようになりましたが、見た目はあまり良くありません。 これを修正するために、Twigを使用します。

まず、SilexではTwigをservice providerとして登録する必要があります。これは基本的に、アプリケーションの特定の部分を別のアプリケーションで再利用する方法です。 Twigを登録するには、これをsection Aに追加します。

sudo nano /var/www/html/index.php

内容:

$app->register(new Silex\Provider\TwigServiceProvider(), array(
    'twig.path' => __DIR__.'/../templates', // The path to the templates, which is in our case points to /var/www/templates
));

Twigテンプレートエンジンを使用できるようになりました。 これを行うには、/のルートを定義する$app->get('/', function (Silex\Application $app) { });ブロックを編集して、ここに表示されているものと一致させます。 新しい行はredで表示されます。

$app->get('/', function (Silex\Application $app)  { // Match the root route (/) and supply the application as argument
    return $app['twig']->render( // Render the page index.html.twig
        'index.html.twig',
        array(
            'articles' => $app['articles'], // Supply arguments to be used in the template
        )
    );
});

変更を保存してファイルを閉じます。

それでは、index.html.twigテンプレートを作成しましょう。 ディレクトリを作成してから、ファイルbase.html.twigを作成して開きます。

sudo mkdir /var/www/templates
sudo nano /var/www/templates/base.html.twig

このファイルはベーステンプレートになります。つまり、他のすべてのテンプレートはこのテンプレートから継承されるため、すべてのテンプレートに基本を追加する必要はありません。 このファイルに、次の内容を追加します。




    {% block title %}Blog{% endblock %}


{% block body %}

{% endblock body %}


このファイルには2つのblocksが含まれています。 ブロックをサブテンプレートでオーバーライドして、コンテンツを提供できます。 titleと呼ばれるブロックは、単一の記事ページのタイトルを提供するために使用されます。 ブロックbodyは、すべてのコンテンツを表示するために使用されます。

変更を保存してください。

次に、ファイル/var/www/templates/index.html.twigを作成して編集します。

sudo nano /var/www/templates/index.html.twig

次の内容を追加します。

{% extends 'base.html.twig' %}
{% block body %}
    

Blog index

{% for article in articles %}

{{ article.title }}

{{ article.contents }}

On {{ article.date }} by {{ article.author }}

{% endfor %} {% endblock %}

まず、テンプレートbase.html.twigを拡張することを指定します。 その後、親テンプレートで定義されたブロックのオーバーライドを開始できます。 このテンプレートでは、ブロックbodyのみをオーバーライドし、すべての記事を表示するループを作成します。

次に、http://your_server_ipにアクセスします。すべての投稿のインデックスが表示されます。

Browser view of the new index page

単一の投稿用の別のコントローラー

次に、単一の投稿を表示する別のコントローラーを追加します。 投稿は配列インデックスと一致します。 /var/www/html/index.phpを再度開きます。

sudo nano /var/www/html/index.php

これをSection Aに追加すると、個々の記事のページを表示できるようになります。

$app->get('/{id}', function (Silex\Application $app, $id)  { // Add a parameter for an ID in the route, and it will be supplied as argument in the function
    if (!array_key_exists($id, $app['articles'])) {
        $app->abort(404, 'The article could not be found');
    }
    $article = $app['articles'][$id];
    return $app['twig']->render(
        'single.html.twig',
        array(
            'article' => $article,
        )
    );
})
    ->assert('id', '\d+') // specify that the ID should be an integer
    ->bind('single'); // name the route so it can be referred to later in the section 'Generating routes'

変更を保存してください。 次に、ファイル/var/www/templates/single.html.twigを作成および編集します。

sudo nano /var/www/templates/single.html.twig

次の内容を追加します。

{% extends 'base.html.twig' %}
{% block title %}{{ article.title }}{% endblock %}
{% block body %}
    

{{ article.title }}

{{ article.contents }}

On {{ article.date }} by {{ article.author }}

{% endblock %}

このテンプレートでは、titleブロックを使用して記事のタイトルも表示します。 bodyブロックは前のbodyブロックとほとんど同じに見えるので、かなり自明であるはずです。

ここでhttp://your_server_ip/0またはhttp://your_server_ip/1にアクセスすると、次の記事が表示されます。

The browser view of a single article

ただし、この例のhttp://your_server_ip/2などの存在しないIDにアクセスすると、エラーページが表示されます。

The browser view of a non-existing article error

ルートを生成する

次に、ホームページから単一の記事ビューにリンクを追加し、記事からホームページに戻るリンクを追加します。 Silexには、Symfonyコンポーネントを使用してルートを生成する機能があります。 service providerとして提供されるため、最初にSection Aに追加する必要があります。 /var/www/html/index.phpを開きます:

sudo nano /var/www/html/index.php

以下をSection Aに追加します。

$app->register(new Silex\Provider\UrlGeneratorServiceProvider());

これにより、URLジェネレーターサービスを利用できるようになります。 単一のView Controllerを作成したときに、名前付きルートをすでに追加しています。 次の行を使用して行われました。

->bind('single'); // name the route so it can be referred to later in the section 'Generating routes'

ここで、ルートをホームページにバインドする必要もあります。 これを行うには、このブロックの最後、最後のセミコロンの直前に->bind('index')ルートを追加します。 変更はredでマークされます:

$app->get('/', function (Silex\Application $app)  { // Match the root route (/) and supply the application as argument
    return $app['twig']->render(
        'index.html.twig',
        array(
            'articles' => $app['articles'],
        )
    );
})->bind('index');

次に、実際にURLを生成する必要があります。 /var/www/templates/index.html.twigを開きます:

sudo nano /var/www/templates/index.html.twig

次に、以下に示すように、次の<h1>行を変更します。

{% extends 'base.html.twig' %}
{% block body %}
    

Blog index

{% for article in articles %} {% endfor %} {% endblock %}

これにより、記事のタイトルから個々の記事ページへのリンクが作成されます。 app.url_generatorは、登録したサービスを指します。 generate関数は、ルート名(この場合はsingle)と、ルートのパラメーター(この場合はID)の2つのパラメーターを取ります。 loop.index0は、ループ内の0インデックスのインデックスを参照します。 したがって、最初の項目がループされると、それは0になります。 2番目の項目がループする場合、それは1などです。

同じことが、単一ページテンプレートのインデックスページを参照するために実行できます。

sudo nano /var/www/templates/single.html.twig

次の<p>行を追加して、リンクを作成します。

{% extends 'base.html.twig' %}
{% block title %}{{ article.title }}{% endblock %}
{% block body %}
    

{{ article.title }}

{{ article.contents }}

On {{ article.date }} by {{ article.author }}

Back to homepage

{% endblock %}

これは一目瞭然です。

それでおしまい! http://your_server_ip/で再度Webサイトにアクセスしてください。 記事のタイトルをクリックしてその記事のページにアクセスし、記事の下部にあるリンクを使用してホームページに戻ることができるはずです。

完全なindex.phpファイル

参考までに、最終的な/var/www/html/index.phpファイルは次のようになります。

 'Lorem ipsum dolor sit amet',
        'contents' => 'Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Aenean mollis vestibulum ultricies. Sed sit amet sagittis nisl. Nulla leo metus, efficitur non risus ut, tempus convallis sem. Mauris pharetra sagittis ligula pharetra accumsan. Cras auctor porta enim, a eleifend enim volutpat vel. Nam volutpat maximus luctus. Phasellus interdum elementum nulla, nec mollis justo imperdiet ac. Duis arcu dolor, ultrices eu libero a, luctus sollicitudin diam. Phasellus finibus dictum turpis, nec tincidunt lacus ullamcorper et. Praesent laoreet odio lacus, nec lobortis est ultrices in. Etiam facilisis elementum lorem ut blandit. Nunc faucibus rutrum nulla quis convallis. Fusce molestie odio eu mauris molestie, a tempus lorem volutpat. Sed eu lacus eu velit tincidunt sodales nec et felis. Nullam velit ex, pharetra non lorem in, fringilla tristique dolor. Mauris vel erat nibh.',
        'author'   => 'Sammy',
        'date'     => '2014-12-18',
    ),
    array(
        'title'    => 'Duis ornare',
        'contents' => 'Duis ornare, odio sit amet euismod vulputate, purus dui fringilla neque, quis eleifend purus felis ut odio. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Pellentesque bibendum pretium ante, eu aliquet dolor feugiat et. Pellentesque laoreet est lectus, vitae vulputate libero sollicitudin consequat. Vivamus finibus interdum egestas. Nam sagittis vulputate lacus, non condimentum sapien lobortis a. Sed ligula ante, ultrices ut ullamcorper nec, facilisis ac mi. Nam in vehicula justo. In hac habitasse platea dictumst. Duis accumsan pellentesque turpis, nec eleifend ex suscipit commodo.',
        'author'   => 'Sammy',
        'date'     => '2014-11-08',
    ),
);

$app->get('/', function (Silex\Application $app)  { // Match the root route (/) and supply the application as argument
    return $app['twig']->render( // Render the page index.html.twig
        'index.html.twig',
        array(
            'articles' => $app['articles'], // Supply arguments to be used in the template
        )
    );
})->bind('index');

$app->register(new Silex\Provider\TwigServiceProvider(), array(
    'twig.path' => __DIR__.'/../templates', // The path to the templates, which is in our case points to /var/www/templates
));

$app->get('/{id}', function (Silex\Application $app, $id)  { // Add a parameter for an ID in the route, and it will be supplied as argument in the function
    if (!array_key_exists($id, $app['articles'])) {
        $app->abort(404, 'The article could not be found');
    }
    $article = $app['articles'][$id];
    return $app['twig']->render(
        'single.html.twig',
        array(
            'article' => $article,
        )
    );
})
    ->assert('id', '\d+') // specify that the ID should be an integer
    ->bind('single'); // name the route so it can be referred to later in the section 'Generating routes'

$app->register(new Silex\Provider\UrlGeneratorServiceProvider());




// This should be the last line
$app->run(); // Start the application, i.e. handle the request
?>

結論

Silexを使用して簡単なブログアプリケーションを作成しました。 データベースとの結合から始めて、さらに拡張することができます。 ただし、これはこのチュートリアルの範囲外です。 The official documentationは非常に役立つ可能性があり、Silexを引き続き使用する場合は、必読です。

Silexが小さすぎる場合は、チュートリアルがhereにあるSymfonyフレームワークの使用を検討する必要があります。

Related