Gradle Wrapperの使い方

このチュートリアルでは、プロジェクト用のGradleラッパーの作成方法と使用方法について説明します。

1. Gradle Wrapperを作成する

1.1ラッパー・タスクを宣言します。

build.gradle

task wrapper(type: Wrapper) {
    gradleVersion = '2.10'//we want gradle 2.10 to run this project
}

1.2 `gradle wrapper`を使ってラッパータスクを実行する

$ gradle wrapper

:wrapper

BUILD SUCCESSFUL

1.3以下のファイルが作成されます。これらのファイルとフォルダをバージョン管理システム(GitHubやBitbucketなど)に追加してください。

|-gradle
  |--- wrapper
      |--- gradle-wrapper.jar
      |--- gradle-wrapper.properties
|-gradlew
|-gradlew.bat

Gradleタスクを実行するunixシェルスクリプトである `gradlew`ファイルを見直してください。

2. Gradle Wrapperの使い方は?

2.1あなたのGradleプロジェクトとGradleラッパーファイルがGitHubに追加され、誰かがあなたのプロジェクトをクローンし、システムにGradleをインストールせずにプロジェクトを実行しようとしていると仮定します。

2.2彼らはプロジェクトをダウンロードし、 `gradlew`で実行することができます。

$ git clone https://github.com/mkyong/spring4-mvc-gradle-annotation-hello-world.git
$ cd spring4-mvc-gradle-annotation-hello-world

# wait, build? we don't have Gradle install yet? No problem, gradlew will handle it.
$ ./gradlew build

# first time, download the gradle 2.10..
# download project dependencies
# run the gradle build task
# ...wow, we run a Gradle task without installing Gradle!

# try run jettyRun task
$ ./gradlew jettyRun
16:16:21 INFO  Jetty 9.2.10.v20150310 started and listening on port 8080
16:16:21 INFO  spring4 runs at:
16:16:21 INFO    http://localhost:8080/spring4
Press any key to stop the server.

$ ./gradlew task

完了しました。