GoogleアプリケーションエンジンEclipseを使ったPythonのhello worldの例

このチュートリアルでは、 Eclipse を使用して Google App Engine (GAE) Python Webプロジェクト(hello worldの例)を作成し、ローカルで実行し、Google App Engineアカウントに展開する方法を説明します。

使用されるツール:

  1. Python 2.7

  2. Eclipse 3.7 PyDevプラグイン

  3. Google App Engine SDK for Python 1.6.4

__P.S Python 2.7とEclipse 3.7がインストールされていると仮定します。

1. PyDevプラグインをEclipse用にインストールする

EclipseプラグインとしてのPyDev をインストールするには、次のURLを使用してください。

http://pydev.org/updates

図1 - Eclipseのメニューで、 "Help - > Install New Software .."をクリックし、上記のURLを入力します。 " PyDev for Eclipse "オプションを選択し、手順に従って、完了したらEclipseを再起動してください。

pydev eclipse、title = "python-gae-pydev-eclipse"、width = 641、height = 654

2. PyDevを確認する

Eclipseが再起動したら、 PyDevのインタプリタ があなたの "python.exe"を指していることを確認してください。

Figure 2 - Eclipse - > Windows - >環境設定では、 " Interpreter - Python "が正しく設定されていることを確認してください。

python-gae-pydev-eclipse-config、width = 562、height = 480]

3. Google App Engine SDK Python

https://developers.google.com/appengine/downloads#Google App Engine SDK for__Python[Python向けGoogle App Engine SDK]をダウンロードしてインストールします。

4. EclipseのPython Hello World

次に、Pydevプラグインを使用してGAEプロジェクトを作成する方法を説明します。

Figure 4.1 - Eclipseメニュー、ファイル - >新規 - >その他…​、PyDevフォルダで、「 PyDev Google App Engine Project 」を選択します。

gae python hello worldの例題、title = "gae-eclipse-python-hello-world-1"、幅= 541、高さ= 530

Figure 4.2 - プロジェクト名を入力します。インタプリタがまだ設定されていない場合(ステップ2)、今すぐ実行できます。このオプションを選択する - "src 'フォルダを作成し、PYTHONPATH に追加する"。

gae python hello worldの例題、title = "gae-eclipse-python-hello-world-2"、幅= 538、高さ= 607

Figure 4.3 - 「参照」ボタンをクリックして、Google App Engineインストールディレクトリ(手順3)をポイントします。

gae python hello worldの例題、title = "gae-eclipse-python-hello-world-3"、幅= 534、高さ= 536

Figure 4.4 - GAEにアプリケーションIDの名前を入力し、何か入力します。後で変更することができます。そして、 " Hello Webapp World "テンプレートを選択してサンプルファイルを生成します。

gae python hello worldの例題、title = "gae-eclipse-python-hello-world-4"、幅= 534、高さ= 536

Figure 4.5 - 完了し、4つのファイルが生成されます。 ".pydevproject`と" .project "はいずれもEclipseプロジェクトファイルです。無視してください。

gae python hello worldの例題、title = "gae-eclipse-python-hello-world-5"、幅= 309、高さ= 136

生成されたPythonのファイルを確認する:

File:helloworld.py - ちょっとした世界を出力します。

from google.appengine.ext import webapp
from google.appengine.ext.webapp.util import run__wsgi__app

class MainPage(webapp.RequestHandler):

    def get(self):
        self.response.headers['Content-Type']= 'text/plain'
        self.response.out.write('Hello, webapp World!')

application = webapp.WSGIApplication([('/', MainPage)], debug=True)

def main():
    run__wsgi__app(application)

if ____name____ == "____main____":
    main()

File:app.yaml - GAEは、Pythonプロジェクトを実行してデプロイするためにこのファイルが必要です。詳細な構文と設定については、自明ですが、http://www.yaml.org/[yaml]とhttps://developersを参照してください。 .google.com/appengine/docs/python/config/appconfig[app.yamlリファレンス]をクリックします。

application: mkyong-python
version: 1
runtime: python
api__version: 1

handlers:
- url:/.**
  script: helloworld.py

5.ローカルで実行する

ローカルで実行するには、 `helloworld.py`を右クリックし、「Run As」 - >「Run Configuration」を選択し、新しい「 PyDev Google App Run 」を作成します。

Figure 5.1 - メインタブ→メインモジュールで、 " dev__appserver.py "のディレクトリパスを手動で入力してください。 "ブラウズ"ボタンが手助けできない場合は、手動で入力してください。

gea pythonがローカルで実行され、title = "gae-eclipse-python-hello-world-run- 1 "、width = 640、height = 456

Figure 5.2 - 引数タブ - >プログラム引数に " $ \ {project__loc}/src "を入れてください。

gea pythonはローカルで実行する、title = "gae-eclipse-python-hello-world-run- 2 "、width = 640、height = 456

図5.3 - 実行してください。デフォルトでは、http://localhost:8080 __にデプロイされます。

gea pythonはローカルで実行する、title = "gae-eclipse-python-hello-world-run- 3 "、width = 639、height = 199

図5.4 - 完了。

gea pythonはローカルで実行する、title = "gae-eclipse-python-hello-world-run- 4 "、width = 563、height = 275

5. Google App Engineにデプロイする

https://appengine.google.com/にアカウントを登録し、ウェブアプリケーションのアプリケーションIDを作成します。 app.yaml 」を再検討すると、このWebアプリケーションはアプリケーションID「 mkyong-python 」でGAEにデプロイされます。

ファイル:app.yaml

application: mkyong-python
version: 1
runtime: python
api__version: 1

handlers:
- url:/.**
  script: helloworld.py

GAEにデプロイするには、次の手順を参照してください。

Figure 5.1 - 別の新しい「PyDev Google App Run」を作成し、メインタブ→メインモジュールで、「 appcfg.py 」のディレクトリパスを手動で入力します。

GAEにpythonをデプロイすると、title = "gae-eclipse-python-hello-world-deploy- 1 "、width = 572、height = 480

Figure 5.2 - 引数タブ - >プログラム引数に " update $ \ {project__loc}/src "を入れてください。

GAEにpythonをデプロイすると、title = "gae-eclipse-python-hello-world-deploy- 2 "、width = 572、height = 480

Figure 5.3 - プロセスをデプロイする際、認証のためにGAEの電子メールとパスワードを入力する必要があります。

GAEにpythonをデプロイすると、title = "gae-eclipse-python-hello-world-deploy- 3 "、width = 652、height = 351

Figure 5.4 - 成功した場合、Webアプリケーションは http://mkyong-python.appspot.com/ にデプロイされます。

GAEにpythonをデプロイする、title = "gae-eclipse-python-hello-world-deploy- 4 "、width = 563、height = 275

完了しました。

参考文献

Eclipse用]。リンク://google-app-engine/google-app-engine-hello-world-example-using-eclipse/[GAE

Eclipseを使用したJavaのHello Worldの例]