EclipseでのTomcatの設定

1.概要

Web開発の重要な課題の1つは、Webサーバー上で実行しているときに効果的にデバッグできることです。構築、パッケージ化、および展開には多くの時間がかかるため、これを達成するのは難しいかもしれません。

幸いなことに、Eclipseを使えばIDE自体でサーバーを起動することができ、ビルドとパッケージ化の時間を節約できます。また、サーバーをデバッグモードで起動して問題を調査するのにも役立ちます。

このクイックチュートリアルでは、これを実現するためにEclipseでTomcatサーバーを設定する方法を説明します。

2. Eclipseでサーバを定義する

EclipseでTomcatを設定する前に、まずhttps://tomcat.apache.org[インストール]する必要があります。

それでは、Eclipseで File> New> Otherを使用して New Server__ウィザードを起動することから始めましょう。

サーバーイメージ1の定義、幅= 511、高さ= 493

[次へ]をクリックすると、Tomcatのバージョンを選択できるウィンドウに移動します。ここでは、__version 9.0を選択しました。

サーバーイメージ2の定義、幅= 511、高さ= 582

ウィザードは、デフォルトでサーバーの名前を localhost に、サーバー名を Tomcat v9.0 Server at localhostに設定します。

EclipseにTomcatサーバーを初めて追加するときに、ウィザードによってサーバーランタイム環境の設定が求められます。

サーバーイメージ3の定義、幅= 511、高さ= 582

ここでは、Tomcatのインストールディレクトリの場所を指定します。

また、TomcatサーバーのJREを指定します。

[次へ]をクリックすると、EclipseはサーバーにデプロイされるWebアプリケーションを追加することを許可します。しかし、これについては後のセクションで説明し、[終了]をクリックします。

これで __Project Explorer Server __viewsに新しいサーバーが表示されます。

3.サーバーの設定

プロジェクトエクスプローラ には、通常のtomcatサーバー設定ファイルがあります。 __server.xml、tomcat-users.xmlなど

また、localhostの __Tomcat v9.0 Serverをダブルクリックすると、 __weは提供されたUIを使用してサーバーを構成できます。

画像

この画面では、次のように設定できます。

  • サーバー名 - これはサーバービューに表示される名前です。

  • 設定パス - これは、__プロジェクト内のファイルの場所です。

エクスプローラ 常駐 ** サーバーの場所__ - これは私たちが場所を設定する場所です

サーバーのインストールまた、アプリケーションの配置場所を設定できます ここに ** モジュールの公開 - ここでWebモジュールの設定方法を設定します。

公開されています ** timeouts - これらはサーバを起動/停止するためのタイムアウトです

  • ports - ここで様々なサーバーポートを設定できます

  • MIMEマッピング - これらはさまざまなMIMEタイプマッピングです。

  • server launch configuration - ここでVMを設定できます

引数、クラスパスなど

  • server options –ここでセキュリティなどの機能を有効/無効にすることができます。

デフォルトなどでモジュールの自動リロード

4.サーバーにアプリケーションを追加する

これで、このサーバーにWebアプリケーションをデプロイできます。したがって、追加する前に、動的Webモジュールファセットがプロジェクトに対して有効になっていることを確認する必要があります。

それでは、 __Servers ビューでtomcatサーバーを右クリックし、 Add and Remove …​ menuアイテムを選択しましょう。次に表示される画面で、 spring-rest __webモジュールを選択します。

画像、幅= 511、高さ= 537

最後に、[完了]をクリックすると、 __サーバービューに spring-rest __が表示されます。

5.サーバーを実行する

今やるべきことは、tomcatサーバーを起動することだけです。サーバーの起動中に、サーバーが __Console __viewにログインします。

サーバーのタイムアウトが非常に短い場合は、サーバーが起動しない可能性があります。そのため、上記の設定画面でサーバーの起動タイムアウトを増やすことでこれを解決できます。

eclipseがアプリケーションをサーバーの `webapps` フォルダーに公開しないことに注意することが重要です。** このWebアプリケーションを一時フォルダーにデプロイします。そのため、Tomcatのインストールを変更しないで残してください。設定を変更しない場合、Eclipseはアプリケーションをワークスペースフォルダに公開します。

<workspace>/.metadata/.plugins/org.eclipse.wst.server.core/tmp0/wtpwebapps

今、Eclipseは私たちのソースコードを監視し続け、コードの変更を探します。次に、これらの変更をサーバーと同期させて、最新のコードがサーバーにデプロイされるようにします。

6.まとめ

このチュートリアルでは、WebアプリケーションをEclipse IDE自体にデプロイする方法を説明しました。

これにより、アプリケーションを明示的に構築、パッケージ化、およびデプロイする必要がなくなるため、貴重な開発時間を節約できます。