Fedoraコアにpostgresqlをインストールする方法

ここでは、fedoraコアにpostgresqlをインストールする方法を紹介します。私は一日を費やして解決策を見つけました。希望このヘルプ

1)まず、PostgreSQLのソースコードを入手し、インストールのためにコンパイルしてください。あるいは、fedora coreでyumコマンドを使用してください。

a)PostgeSQLのソースコードのコンパイルに関しては、ここをクリック//database/how-to-compile-postgresql-database-source-code-in-linux/

{空} b)Yumコマンドに関しては、rootに変更して次のコマンドを発行すると、インターネットに接続してpostgresqlのコアファイルをダウンロードします。

yum -y install postgresql postgresql-server php-pgsql

リンク://wp-content/uploads/2008/06/install-postgres-in-fedora-step1.JPG[ install-postgres-in-fedora-step1 ]

2)initdb -D/usr/local/pgsql/dataコマンドを使ってデータベースクラスタを作成してください。その前に/usr/local/pgsql/dataフォルダを作成し、 'postgres’ユーザにそれを所有させてください。 'postgres’はpostgresqlのデフォルトユーザーです。

mkdir/usr/local/pgsql/data
chown postgres/usr/local/pgsql/data
su - postgres
initdb -D/usr/local/pgsql/data

リンク://wp-content/uploads/2008/06/install-postgres-in-fedora-step2.JPG[ install-postgres-in-fedora-step2 ]

3)postgresqlサーバを起動します。

pg__ctl/usr/local/pgsql/data -l -logfile start

postgresサーバーを停止したい場合は、以下のコマンドを発行してください。

pg__ctl/usr/local/pgsql/data -l -logfile stop

4)データベースを作成する

createdb new__db

5)psqlによるアクセス

psql new__db

{空} 6)select version()を発行します。 PostgreSQLのバージョンが表示されている場合は、既にfedoraにpostgresqlが正常にインストールされていることを意味します。

リンク://wp-content/uploads/2008/06/install-postgres-in-fedora-step3.JPG[ install-postgres-in-fedora-step3 ]