5月のカンファレンス

熱心なhttp://blog.code-cop.org/2016/04/join-me-at-geecon.html[ GeeCON に参加してください。 5月の間に起きます。

私は5月にとても興奮しています。最初に、http://2016.geecon.org/[GeeCON]があります。11日から始まり、13日にまとめ、そしてhttp://springio.net[ SpringIO ]、19日、 20日

これらは両方ともたくさんのクールな講演がある素晴らしいイベントです。しかし、話し合いを超えて、それは私がさらにもっと念頭に置いている廊下の道です。

一般的に「コミュニティ」について読むことは、非常に多くの熱心な開発者がいる部屋にいることと比較するだけではありません。

  • だから、もしあなたが参加するつもりなら - そして絶対にあなたがそうすることをお勧めします - 私をつかみ、こんにちはと言ってください。**

さて、ここで私が最も興奮している 講演 - まず、http://2016.geecon.org/schedule/[from GeeCON]:

–クラウドネイティブJava

– MDD:メトリクス駆動開発

__ - マイクロサービス。天国への階段または地獄への高速道路?

- Spring CloudとZipkinを使用したマイクロサービストレース

–ラムダを超えて - 後遺症

– PrivateEye

– GroovyベースのDSLを使ってJenkinsパイプラインを作成する

–旅に出よう - 自動テストの実践における次のステップ

– Reactive Streamsを使ったマルチプレイヤーゲームの構築

–反応する前に、RxJavaで考える方法

__– 12のBDDアンチパターン - BDDを実行しない方法に関するトレンチからの話

- ミリ秒ごとにカウント

- プルリクエストを通じてより良い生活を送る

そしてSpringIOから:

__– Spring Framework 4.3から5.0へ

アプリケーションの設計:反応的な方法

Spring Bootで生産性を高める10の方法__

– JUnit 5 - JVMでのテストの未来の形成

- マイクロサービスのパフォーマンスについて

– Spring Bootアプリケーションのテスト

– Spring Dataの新機能は何ですか?

- 命令型から反応型へ

__ - Spring RESTドキュメントを使用したテスト駆動型ドキュメント

– Springデータを拡張する

__– Spring HATEOASとHDIVを使用したRESTfulサービスの保護

私が2016年にやることになる仕事に影響を与えることになるだろうたくさんのクールなもの。

そしてもちろん、私は自分のプレゼンテーションに興奮していますので、そのためにも私に参加してください。

ええ、5月は楽しいものになるでしょう。