アプレットが同じページの別のアプレットにメッセージを送信する方法

このチュートリアルでは、アプレットが同じページの別のアプレットとの間でメッセージの送受信/データの送受信を行う方法を学習します。

デモンストレーションのための2つのアプレットファイルがあります.

{空} 1。 AppletExample1 - ボタンが含まれています。クリックするとAppletExample2の名前が変更されます。 2. AppletExample2 - "TextArea"を含み、その名前を表示します。

通信は getAppletContext()。getApplet( "Applet Name") を介して行われ、アプレットを名前で返します。

__P.Sアプレット名はHTMLページで指定されていますが、アプレットのクラス名ではありません。

1. AppletExample1.java

package com.mkyong.applet;

import java.applet.Applet;
import java.awt.Button;
import java.awt.event.ActionEvent;
import java.awt.event.ActionListener;

public class AppletExample1 extends Applet implements ActionListener {

    Button button;

    public void init(){
        button = new Button("Change AppletExample2's name");
        button.setActionCommand("CHANGEME");
        button.addActionListener(this);
        add(button);
    }

    @Override
    public void actionPerformed(ActionEvent e) {
        if(e.getActionCommand().equals("CHANGEME")){
            AppletExample2 appExample2 = (AppletExample2)getAppletContext().getApplet("HtmlApplet2");
            appExample2.setName("Your name changed by Applet1");
        }
    }

}

2. AppletExample2.java

package com.mkyong.applet;

import java.applet.Applet;
import java.awt.FlowLayout;
import java.awt.TextArea;

public class AppletExample2 extends Applet{

    String name;
    TextArea textBox;

    public void init(){
        name = "no name";
        setLayout(new FlowLayout());
        textBox = new TextArea(5,40);
        add(textBox);
    }

    public void setName(String name){
         this.name = name;
         textBox.append(this.name);
    }
}

3. HTML

Testing 1234


AppletExample1



AppletExample2

"AppletExample2"は、 "HtmlApplet2"アプレットの名前 - getAppletContext()。getApplet( "HtmlApplet2"); で取得できます。