アプレットHello Worldの例

このチュートリアルでは、簡単な「hello world」アプレットの例を作成し、それをHTMLページに組み込みます。

1)Appletクラスを作成する

package com.mkyong.applet;

import java.applet.** ;
import java.awt.Graphics;

public class AppletExample extends Applet {

   public void init() {
    /** **
      **  init work
      ** /   }

   public void paint( Graphics g ) {
       g.drawString("Hello World - Applet",40,100);
   }
}

paint()メソッドは、アプレットがそれ自身を再描画するように要求されるたびに実行されます。

2)HTMLページを作成する

HTMLページを作成し、今作成したアプレットファイルをインクルードします。

あなたが宣言するパッケージに気をつけてください。


完全なHTMLの例

Testing

アプレットクラスを「アプレット」タグに入れ、幅と高さを指定します。

3)それを実行する

今作成したHTMLページをダブルクリックしてください。 HTMLページに「Hello World - Applet」を表示するアプレットが表示されます。